ナチュラルな演技とルックスで人気上昇中の福地桃子さん。

朝ドラ「なつぞら」での演技が素晴らしいと大好評でした。

そんな福地桃子さんですが、哀川翔さんと苗字が違うため本名なのか?芸名なのか?と話題になっています。

また、「母親はどんな人?」「兄弟はいるの?」など、家族構成の疑問にもお答えしちゃいます。

他にも話題満載!

朝ドラ「なつぞら」に出演するまでのエピソード。

福地桃子さんの「女優という仕事に対する思い」など、彼女の心の中にまで迫っちゃいますよ!

スポンサーリンク

福地桃子は哀川翔の次女!

2016年、女優として芸の事務所レプロエンタテイメントに所属した福地桃子さん。

デビュー当初は素性を明かさず女優業を地道に歩んでこられました。

それが、2017年5月10日に放送されたフジテレビ系バラエティー番組「良かれと思って!」に出演した際に、

哀川翔の次女

であることが明らかに!

こちらがその時の写真です。

仲が良さそうでとても微笑ましい二人ですよね。

こちらはの写真は「さんま御殿」に出演した際の福地桃子さん。

芸能人を親に持つ、いわゆる「二世」が集まる回に出演したときの写真です。

父、哀川翔さんのテレビでは見せない姿や、その他家族ならではのエピソードを披露。

二世らしくない飾らない口調が「かわいい!」と大好評でした。

哀川翔の次女・福地桃子の本名は?

福地桃子さんという名前は、

本名

であることがわかりました。

ということは、哀川翔さんは?

と思われた方もいるのではないでしょうか。

そうなんです!

実は、父親の哀川翔さんの方が本名ではなく芸名だったのです。

ちなみに、意味は「哀しみは川に流して翔べ!」だそうです。

福地桃子さんが本名で芸能活動しているのには意味があります。

それは、

「哀川翔の次女として見られたくないから」

という思いからくるもの。

哀川翔の次女としてではなく、「福地桃子」として女優になりたいという気持ちからきたものなのだそうです。

スポンサーリンク

福地桃子の母親は?哀川翔と3度目の結婚?

父親が哀川翔さん。

では、母親は誰なのでしょうか。

福地桃子さんの母親は、元女優の

青地公美

(あおちくみ)さんという方です。

こちらが福地桃子さんのご両親の写真。

母親の公美さん、とてもお美しい方だと思いませんか。

それもそのはず!

実は、1979年にミス・ユニバース北海道代表に選ばれたこともあるんですよ。

さて、そんな公美さん、実は哀川さんとの結婚で

3度目の結婚

になるといいます。

それでもこんなに美しいんですよね。

哀川翔さんが惚れるも当たり前という美しさです。

哀川翔さんと公美さんの馴れ初めは、元力士「武蔵丸」の昇進パーティだったといいます。

そこで、哀川翔さんが公美さんに一目ぼれ!

哀川翔さんから猛アタックされたのだそうです。

福地桃子は哀川翔の実子なの?家族構成を解説!

こちらの写真をご覧ください。

福地家(哀川家)の子供たちをまとめたものになります。

母親の青木公美さんは再婚のため、哀川翔さんと結婚するときに3人の連れ子がいました。

その連れ子のお子さんたちは黒字

哀川翔さんとの青木公美さんとの間に生まれたお子さんは赤字で記してあります。

福地桃子さんは一番下の赤字の「次女」と書かれている部分。

このことから、福地桃子さんは

哀川翔さんの実子

であることがわかります。

5人兄弟の末っ子

なんですね。

家の中が賑やかそうでいいですよね。。

スポンサーリンク

長女「みなみ」は歌手

こちらの写真は、哀川翔さんと長女MINAMIさんがトーク番組「徹子の部屋」に出演した際のものです。

仲が良さそうですよね。

MINAMIさんは青地公美さんと前夫、多賀英典さんとの子供。

哀川翔さんと青地公美さんが出会ったときはMINAMIさんと他2人の子供がいました。

MINAMIさんは現在、

歌手

として活動しています。

こちらの写真の左がMINAMIさん。

哀川翔さんと写っている上の写真とはまた違ったイメージで可愛いですよね。

高校時代の同級生hirocoさんとアコースティックデュオ「cossami」を結成しています。

次男「英助」は「SCANDAL」マネージャー

哀川翔さんの次男である英助さんは、以前、ガールズバンド

SCANDALのマネージャー

をしていました。

父親は哀川翔さんではなく、MINAMIさんと同じ音楽プロデューサーである多賀英典さん。

次男の英助さんと多賀英典さんは、もともと一緒に仕事をしていた仲で、そのつながりもありSCANDALのマネージャーになりました。

マネージャーを辞めた後は、映画の勉強のため留学します。

そのまま芸能界で活躍するのかと思いきや、一般人へ。

現在は、通訳の仕事をされています。

三男「展成」が「みなおか」に出演!?

哀川翔さんの三男展成さん。

福地桃子さんとは、唯一血のつながりのある兄妹です。

明星大学デザイン学部デザイン学科に在籍しています。

一般人であるため、残念ながらあまり情報はありません。

ただ、19歳の時にフジテレビ系バラエティー番組

とんねるずのみなさんのおかげでした

に出演。

このとき、父親の哀川翔さんと一緒に出演していました。

そのときの写真がこちら。

父親のような派手さはなく、落ち着いた雰囲気の好青年です。

福地桃子さんにとって「優しいお兄さん」なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

福地桃子は哀川翔と親子共演してた!

バラエティー番組では親子共演を果たしていた福地桃子んと哀川翔さん親子。

その後、テレビ東京系ドラマ

借王<シャッキング>

にて、親子共演を果たします。

こちらがそのときの写真。

親子の役なんですよ。

本物の親子が演じる親子という役。

ちょっと面白いですよね。

でも、自然な親子感が出ていて、いい雰囲気です。

当時、演技に関しては全くの素人であったという福地桃子さん。

それでも、「この2人であればリアルな親子の感じが出せるのではないか」ということから、キャスティングされたんだそうです。

その狙いは大当たり!

この親子共演がきっかけとなり、福地桃子さんは女優への興味を持つようになったといいます。

福地桃子の実力は?「チアダン」オーディションで抜擢!

女優として邁進する福地桃子さん。

2018年に放送されたドラマ「チア☆ダン」のオーディションを受けます。

結果は見事合格

めでたく、土屋太鳳さん演じる主人公藤谷わかばが所属していたチアリーダー部の№2、「芦田さくら」役を射止めます。

こちらがチアダンの写真です。

初々しくてとても可愛いですよね。

「野球部の応援がしたくてチアリーダー部に入ったおしゃれ好きな子」

という役柄でした。

土屋太鳳さんが主人公ですから、注目されるドラマです!

役柄としても自然な雰囲気を出さなければ酷評されることもあったのではないでしょうか。

プレッシャーもあったと思います。

そんな中、仕草・表情ともに「ナチュラルで可愛かった!」と大好評!

「女優・福地桃子」の実力を証明したドラマとなりました。

その後は、映画「あまのがわ」で映画初出演・初主演を務めるなど、順調に女優としてのキャリアを積んでいっています。

朝ドラ「なつぞら」は4度目の正直!

福地桃子さんといえば朝ドラ「なつぞら」。

広瀬すずさんの「親友・柴田夕見子役」を演じて大好評でした。

俳優であれば誰もが憧れであろう「朝ドラ」。

2世だからとんとん拍子に話が進んだのかな?

と思っちゃう人もいるかもしれませんが、違うんですよ!

実は、朝ドラのオーディション

4度目

の挑戦でものにした「朝ドラ出演」なのです。

最初の挑戦は「べっぴんさん」。

それから、「わろてんか」「半分、青い。」と挑戦。

しかし、どれもオーディションで落ちてしまい…。

4度目の正直で、めでたく「なつぞら」のヒロインの親友役「柴田夕見子」役をゲット!

このオーディション、福地桃子さん含む広瀬すずさんなど同世代の配役は、男女約2500人の中から公正な書類審査・面接で決定したといいます。

やはり、朝ドラは狭き門なのですね。

福地桃子さんが演じた夕見子の登場シーンが少なくなると、ネットで「夕見子ロス」が起こるほどの人気ぶりだったんですよ。

スポンサーリンク

福地桃子は父・哀川翔とバラエティー共演NGの理由は?

芸能界入りした当初はバラエティー番組等で、父、哀川翔さんと共演していた福地桃子さん。

番組内では、とても仲が良さそうに様々なエピソードを語ってくれていました。

母親の青木公美さんが登場する場面もあったんですよ。

それが、現在では「バラエティー番組では父と共演しない」という方針転換したそうです。

なぜなのでしょう。

その理由は、

「哀川翔の娘としてではなく、福地桃子というイチ女優としてみてほしい」

という思いからきているといいます。

この気持ち、プロとしての意気込みが感じられますよね。

そんな娘の成長に哀川翔さんは父親としてどう思っているのでしょうか。

嬉しいやら寂しいやら…そんな複雑な感情かもしれませんね。

でも、できたらいつかまた共演してその仲の良い姿をみせてほしいです。

まとめ

福地桃子という名前は「本名」でした。

母親は「青木公美さん」。

そして、福地桃子さんは「5人兄弟」の末っ子でした。

お兄さんお姉さんとも、芸能界で活躍している方もあれば、一般人として活躍されている方などさまざまでしたね。

ここまでの立ち位置を築くまで紆余曲折あったと思いますが、まだまだ伸びしろいっぱいの福地桃子さん。

これからまたたくさんのドラマに出て、私たち視聴者を喜ばせてほしいです。

スポンサーリンク