平成のアランドロンとも呼ばれているイケメン俳優の吉沢亮さん。

そんな吉沢さんは、中学時代かなりモテたと噂されています。

現在の端正な顔立ちから何となく想像できますが、気になる中学時代の写真をこちらで公開しちゃいます!

そして当然高校時代もモテモテと思いきや・・・中学から一転。

高校では非リア充生活に・・・。

一体何があったのでしょうか。

今回は、学生時代の情報に加えて幼少時代の写真や吉沢亮さんも嫉妬するほど人気があったライバル「田口純平」さんについてもお送りしていきます。

それではさっそくお送りしていきます。

スポンサーリンク

吉沢亮プロフィール

吉沢 亮
(よしざわ りょう)
生年月日 1994年2年1日
出身地  東京都
身 長  171cm
趣 味  ギター練習
資 格  剣道2段
特 技  剣道

吉沢亮が国宝級イケメン1位

俳優としての技術の高さと共にその半端ないイケメンぶりで有名な吉沢亮さん。

以前、雑誌「ViVi」の人気企画「国宝級イケメンランキング」にて栄えある

国宝級イケメン1位

に選ばれました。

過去最多となる2.3万人の投票にて2018年下半期の1位に選ばれています。

過去「中川大志さん」「菅田将暉さん」「新田真剣佑さん」など名だたるイケメン俳優が第1位を獲得しているというこのランキング。

当然、1位獲得後は記者等々からコメントを求められます。

普通、このようなランキングで1位となると、選んでもらえたことに感謝はしつつも、どこか謙遜するものですよね。

しかし、吉沢亮さんの場合は

「だって僕、顔しかイケてないですから(笑)」

と余裕の一言。

自ら自分のイケメンぶりを認めた、というエピソードを持ちます。

とはいっても、決して天狗状態になっているわけではありません。

そのコメントに続けて、

「中身はイケメンじゃないですし、スタイルも別によくない。優柔不断で声が小さくて、お酒ばかり飲んでて…実際の僕はダメ男な部分しかないです」

とも語っていました。

国宝級イケメンと認めながらも謙遜するその姿にネットではお祭り騒ぎ。

「吉沢亮なら許す」

など様々な称賛の声があがったのです。

このようにして、

国宝級イケメン「吉沢亮」

は誕生。

今日に至るまで、そのイケメンさで世の女性たちのみならず男性をも魅了しています。

スポンサーリンク

幼少期の写真が可愛い!!初恋は小学校1年生

吉沢亮さんの幼少期って気になりますよね。

あれだけのイケメンだから当然・・・。

こちらは、吉沢亮さんが当時7歳の写真。

抱っこっしているのは末っ子の弟です。

やっぱり・・

「超絶かわいい!」

そんな可愛い幼少期を持つ吉沢亮さんの

「初恋は小学校1年生」。

当時の写真はこちらになります。

女子「チョコレートあげるから、私の家に来てください」
吉沢「僕のこと好きなんですか」
女子「うん」

とのやりとりの上、そこから彼女の虜となってしまったそうです。

小学校は剣道に熱中!

そんな吉沢亮さん。

小学校時代は

剣道少年

でした。

剣道は小学校1年生から中学3年まで続けていた という熱中ぶり。

功を奏し、最終的には

剣道2段

という資格も得ます。

級ではなく段持ち…2段とはすごいですよね!

国宝級イケメンの剣道をする姿、写真でだけでなく、いつかどこかで披露してもらいたいです。

きっと、かっこいいのでしょうね。

中学時代にモテ期到来!超絶イケメン写真

幼少期よりイケてる吉沢亮さん。

そんな吉沢亮さんの

モテ期は中学時代

にやってきます。

中学時代の吉沢さんの写真ですが、いかにもモテそうじゃないですか!

めちゃめちゃモテる雰囲気が漂っていますよね!

とにかく、中学時代はモテモテの日々を過ごしていたそうで、結果的には

「同学年の3分の2の女子から告白」

されてしまったという羨ましいエピソードを持っています。

こんな状態ですから、当然モテていると自覚!

体育祭では応援団長

合唱コンクールなどでもクラスのリーダー的存在

中学時代は、いわゆるモテ要素をたくさん持っていたのか、とにかく目立つ存在だったそうです。

卒業式では、そのモテぶりも最高潮に。


第2ボタンのみならず学ランも全て持っていかれてしまったほどの人気ぶり
だったのです。

女の子なんて黙っていても寄ってくるハーレム状態であった吉沢亮さん。

実は、そんなモテモテの中学時代に片思いをしていたといいます。

そのお相手は「親友の彼女」。

結果的には「叶わず」の片思いではありましたが、小学校3年生から高校2年生までずっと片思いしていました。

吉沢亮さんが恋焦がれる女性とはどのような女性だったのでしょうか。

気になりますよね。

また、そんな魅力あふれる女性の彼氏であり、吉沢亮さんの親友であるという男性とは、どのような男性なのでしょうか。

スポンサーリンク

吉沢亮も負けた?ライバル「田口純平」とは?

吉沢亮さんの親友であり恋のライバルという男性。

それは、

メンズフィジークの田口純平選手」。

メンズフィジークとはボディビルダーなどが出場するコンテストのこと。

ボディビルダーはパツパツのパンツを履いていますが、メンズフィジークはサーフパンツを履いてのポージングとなります。

だから、写真の田口純平選手をみても分かるように、彼は筋肉モリモリのすばらしい体をしているのです。

この田口純平選手と吉沢亮さんは、

小学校時代からの同級生。

2人とも女の子に人気のある男の子でした。

彼らの小学校の卒業文集には、「モテ男・Coolな人ランキング」というものがあります。

1位田口純平選手、次いで2位吉沢亮さん。

当時、このランキングのみならず、

「何をやっても田口純平選手に勝てなかった」

という吉沢亮さん。

「嫉妬心もあった」

と語っています。

片思いの彼女に関しては、一度田口純平選手と別れたといいます。

その隙をついて告白しようと思った吉沢亮さん。

いざ告白しようとしたら、いつの間にか「もとさや」に戻っていたそうです。

田口純平選手、手強いですね。

吉沢亮の高校時代は?イケメンだけどもてなかった!

中学卒業後、吉沢亮さんは

府中高校(偏差値53)

に進学します。

モテモテの中学生時代だったわけですから、高校時代も相当モテたはず!

と思ったのですが、実は

「全然モテなかった」

といいます。

こちらは高校時代の吉沢亮さんの写真になります。

もちろん、イケメンはイケメン。

しかし、どうやら高校進学と同時に状況は一転。

もともと人見知りだったという吉沢亮さん。


進学先の高校には中学時代の友人がいなかった
といいます。

何事も始めが肝心とは言いますが、そんな高校生活の初めにちょっとつまずいてしまったことから暗い高校生活が始まります。

それでも友達はいました。

ただ、残念なことに

仲の良い友達は自分とは違うクラス。

同じクラスには、特に仲が良いという友達はいませんでした

部活は帰宅部

そのためか、

「学校に登校してから下校するまで何も喋らなかった」

なんて日も多かったといいます。

リア充から非リア充に、そんな

「ちょっと暗い高校生活」

を送ったそうです。

スポンサーリンク

デビュー当時の写真公開!

吉沢亮さんは15歳のときにアミューズのオーディションを受けます。

母親が応募した「アミューズ全国オーディション2009」で、見事にRight on賞を受賞。

それをきっかけに芸能界デビューを果たします。

ちなみに、このときのグランプリは野村周平さん。

今では国宝級のイケメンとして有名な吉沢亮さんではありますが、デビュー当時から注目されていたわけではありません。

デビュー当時は野村周平さんの陰に。

また、あるときは福士蒼汰さんの陰に。

いつでもどこでも、誰かの陰に隠れてしまい「注目される」という存在にはなれなかったのです。

そんな状況を変えたのが、2017年の映画「銀魂」の沖田総悟役に抜擢されたことでした。

原作を忠実に再現したその美しいビジュアルに原作ファンも大絶賛!

それ以来、数々の役をこなし知名度を上げていき今に至るのです。

芸能活動に専念で転校

15歳で芸能界デビューした吉沢亮さん。

最初から飛びぬけた存在というわけではなかったものの、着々と芸能活動を行っていきます。

そして、高校3年生。

芸能活動が忙しくなってきたため、芸能活動に専念するためにと転校 を決意します。

転校先は、芸能コースのある

日出高校

写真は卒業時のものになりますが、今とは違う雰囲気が印象的な1枚となっています。

シャープさとクールさと兼ね備えたような、ちょいワル風がまた魅力的。

やはり、国宝級イケメン。

どんな雰囲気を醸し出してもキマっています!

まとめ

吉沢亮さんの
中学時代の写真、イケメン
でしたよね。

当時のモテエピソードも大袈裟ではないと分かるような写真でした。

それとは、打って変わって暗めの非リア充男子となった高校時代

いろいろ大丈夫だったのかな?

と思わず心配してしまうようなエピソードもありました。

国宝級イケメンであるからには、きっと輝かしい人生を送っていたに違いない!と思ってしまいますが、実は暗めのエピソードも持っている。

そんなギャップにまた魅了されてしまいそうになります。

様々な面を持つというのは、きっとこの先の俳優人生に多大な影響を与えてくれるのではないでしょうか。

良い意味で「裏切る」、そんな演技も見せてほしいですね。

吉沢亮さんの今後の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク