ドラマ、CMなどで活躍している実力派俳優の柳楽優弥さん。

豊田エリーさんとの馴れ初めが素敵すぎると話題になっています!

また、結婚までの交際エピソードがドラマみたいだという噂も。

そんな柳楽優弥さんは過去にスランプで激太りしていたという意外な事実も判明しました。

いかにしてスランプを乗り越えたのか、調査していきます。

結婚にいたるまでの馴れ初めや、柳楽さんの現在までの経歴などをまとめてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

柳楽優弥のプロフィール

(やぎら ゆうや)
生年月日:1990年3月26日
出身地:東京都東大和市
身長:174㎝
所属事務所:スターダストプロモーション
血液型:A型
特技:サッカー・武道・乗馬

妻は豊田エリー

俳優・柳楽優弥さんのは、女優でモデルの豊田エリーさんです。

エリーさんは母親が日本人で父親イギリス人のハーフで、本名は

ウォードえりか

といいます。

結婚してからは、「柳楽えりか」となりました。

柳楽優弥さんと豊田エリーさんは、2009年12月2日にそれぞれのブログで婚約を発表されました。

その内容は揃って同じ文面となっており、お互いの関係と婚約について以下のように明かしています。

「出逢いから月日を重ねる毎に、互いの人生に欠かせない存在になり、二人で決断しました。」

締めくくりには、今後の抱負を綴りました。

「これからは二人とも仕事に一層力を入れて精進して参ります。まだ未熟な私達ですが、温かく見守って頂ければ幸いです。」

ちなみに婚姻届提出日は2010年1月14日で、豊田エリーさんの誕生日でもあります。

結婚当時柳楽優弥さんは19歳、豊田エリーさんは21歳と、お二人ともかなり若いうちでの結婚となりました。

そのため、周囲から反対もあったのだとか。

しかしエリーさんは会見で以下のように語っています。

「彼といることが幸せなので、他人の意見は気にせず、若いうちからいっしょにいられて嬉しい。」

2019年現在、豊田エリーさんのインスタグラムでは微笑ましい家族写真を見ることができます。

結婚9年目を迎える夫婦の仲の良さは健在であることが伺えます!

スポンサーリンク

豊田エリーのプロフィール

豊田エリー
(とよた えりー)
生年月日:1989年1月14日
出身地:東京都
身長:162㎝
所属事務所:スターダストプロモーション
血液型:A型
特技:ピアノ・英会話

柳楽優弥と豊田エリーの馴れ初めは?

柳楽優弥さんと豊田エリーさんの出会い

高校生

のときでした。

実はお二人とも、芸能人を数多く輩出してきたことで有名な

堀越学園高校

出身です。

豊田エリーさんの方が柳楽優弥さんより1年先輩にあたり、

同じ高校の先輩・後輩

という間柄だったのです。

お二人の馴れ初めは、放課後の公園。

当時15歳の柳楽さんが友人と談笑していた16歳のエリーさんを見かけて、

一目惚れ

したのが最初だったといいます。

その場で柳楽さんは同級生に頼んで声掛けをし、エリーさんの連絡先をゲットしています。

共通の友人からの協力もあり、そのまますぐに交際に発展しました。

一目惚れが突き動かす行動力、凄いですね。

学生時代の禁断の恋

実はお二人が在籍していた堀越学園高校には、

恋愛厳禁

校則がありました。

芸能人のタマゴである美男美女が多いがゆえ、将来スキャンダルを出さないための計らいなのでしょうか。

ジャニーズや坂道グループメンバーも通うことがあるため、現役アイドルへの配慮というのも考えられます。

そのため、学校側に交際がバレてしまえば強制的に別れさせられて

謹慎処分

を受けることになります。

この厳しい状況下で、柳楽さんとエリーさんは交際を隠すためルールを細かく決めたのだといいます。

その徹底した隠し方を、番組で以下のように明かしています。

「校内ですれ違っても絶対にしゃべりかけず、アイコンタクトのみ。学校の行き帰りでは、ほかの生徒がいそうな場所では別々に歩く。」

「伝えたいことがあると手紙でやりとり。けれども『この手紙を読んだら捨ててください』と、学校では絶対に物的証拠を残さないようにしました。」

また、エリーさんが手作りお弁当を渡すときには

「すれ違いざまにこっそり手渡す」、

という、「スパイ」さながらの隠密行動をとっていたといいます。

お二人の徹底ぶりにも驚きますが、そうまでして隠さなければならないほど厳しかった「恋愛厳禁」の校則も凄いですね。

その甲斐もあり、お二人は交際を隠し抜いて無事に堀越学園を卒業されています。

スポンサーリンク

プロポーズを断られた理由とは?

柳楽優弥さんは豊田エリーさんにプロポーズを一度断られています

当時、男性が結婚できる年齢は18歳からということを知らなかった柳楽さんは、

17歳


高校生のときにプロポーズ
を決行。

そのときのエリーさんの返事は、

「18歳にならないと結婚できないんだよ!」

というものでした。

年齢が若すぎるために、プロポーズを断られたのです。

高校時代4年間の交際を経たのち、お二人は一度別れています。

その半年後に電話で

「久しぶり、結婚しよう。」

と、柳楽さんからエリーさんに2度目のプロポーズがなされました。

柳楽さんは当時19歳で、エリーさんは20歳の年齢でした。

そもそも何故別れることになったのかというと、

お互いを好きすぎて別れた

という何とも一途すぎる理由からでした。

そのため、2度目の返事は即答でOKだったといいます。

プロポーズのタイミングは、交際時にエリーさんが言った

「20歳の時にプロポーズされたい」

という言葉を柳楽さんが覚えていたからとのこと。

一目惚れしたときから本当に彼女しか目に入っていない感じが熱々すぎますね。

お互いに一途なカップルで、羨ましい限りです。

挙式はどこで?

黒の紋付き袴と、白無垢に綿帽子の二人のお姿。

凛としていて綺麗で、とても素敵な写真ですね。

2010年1月14日に入籍した柳楽さんとエリーさんは、翌日の1月15日に挙式をあげられています。

場所は東京・代々木の

明治神宮

にて執り行われました。

柳楽さんの、

「日本でやるなら明治神宮じゃない?」

という提案から決まったといいます。

挙式後に行われた会見で柳楽さんは

「幸せにしなきゃいけないと思いますし、お互いが幸せになりたい。」

と、夫婦としての在り方を語りました。

エリーさんは、

「婚姻届を出すのは事務的な感じだったんですけど、指輪を交換したときが『あ、結婚したんだ』って一番実感した瞬間でした。」

と、改めて結婚した喜びを噛みしめたと語っています。

また、柳楽さんはエリーさんとの結婚について、

「見た目は可愛らしいけど、かっこいいハートを持っている。付き合って1年目くらいから結婚しようねってずっと言っていた。結婚したいという想いが強いので、願望からひとつ叶った。」

と交際当初から結婚にこだわっていたことを明かしています。

子供はいるの?

こちらはエリーさんのインスタグラムにて2015年7月にあげられた写真になります。

エリーさんの父方の故郷であるイギリス・ロンドンのビッグベンを背景に親子が仲良く手をつないで歩いています。

この親子が何を隠そう、柳楽優弥さんと当時4歳の娘さんです。

インスタ映えもさることながら、素敵な父娘写真ですね。

結婚後の2010年の5月14日、エリーさんは妊娠4か月目であることを発表されました。

そして2010年10月13日に

第1子の女児

が産まれます。

イギリス人の父親を持つハーフのエリーさんと、日本人の柳楽さんとの間に生まれたお子さんなので、

クォーター

になります。

柳楽さんは出産に立ち会ったときの様子を自身のブログで

「立ち合いでは、涙が止まらなかった。感動って言葉の意味を痛感した。」

と綴っています。

エリーさんのインスタグラムでは、成長した娘さんの可愛らしい後ろ姿が度々あげられています。

その貴重な一部をご紹介していきます。

スポンサーリンク

インスタの可愛すぎる母娘画像

こちらは2017年11月、当時7歳になった娘さんの七五三のお写真です。

可愛らしく着飾った娘さんを見つめるエリーさんのまなざしが、愛情あふれていて微笑ましいですね。

2017年のハロウィーンにあげられた写真です。

母娘そろってピノキオの格好をしてはしゃいでいる感じがめちゃくちゃ可愛らしいです。

文章にあるように、お家でひっそりとやられた様子もとても好感が持てますね。

柳楽優弥の主演ドラマで夫婦共演

柳楽優弥さんは2014年のドラマ「アオイホノオ」で主人公・焔モユル役として主演をつとめました。

このコメディー作品への初挑戦が、俳優として一皮むける大きなきっかけとなりました。

これまで繊細で内気な役どころが多かった柳楽さんにとって、イメージを打ち破る絶好の機会となったといいます。

実際、柳楽さんはインタビューで、

「アオイホノオをきっかけにいろいろなことが変わった。自分の中で一歩踏み出せたような気がします。」

と語っており、柳楽さんの役者人生においての転換点となった作品といえます。

実は妻であるエリーさんも「アオイホノオ」にアマノカズミという役で出演していました。

これが夫婦で連続ドラマ初共演だったといいます。

役者人生にとっての重要な作品に夫婦で共演という、柳楽夫妻にとって色んな意味でも記念となる作品になったのではないでしょうか。

柳楽優弥がスランプで激太りの過去

こちらの写真は2010年頃柳楽優弥さんです。

現在と比べてかなり太っていて印象も違います。

実は柳楽優弥さんは2004年の当時14歳のとき、デビュー作「誰も知らない」で

「第57回カンヌ国際映画祭・最優秀主演男優賞」

を史上最年少で受賞した経歴を持ちます。

デビューからいきなり脚光を浴びた柳楽さんは、

カンヌを受賞した子役

として重いプレッシャーと精神的なストレスに悩まされていました。

「食べること」でストレスを解消していたという柳楽さんは、その結果、写真のように激太りしてしまったのだといいます。

減量のキッカケは古・中村勘三郎の言葉

現在はご覧の通りキリッとしたスリムな体型に戻っている柳楽さんですが、減量したきっかけは2012年に亡くなった中村勘三郎さんの言葉でした。

元々接点もないお二人は、一度だけ会う機会があり、そこで言われた言葉だったといいます。

勘三郎さんは初対面の柳楽さんに、

「君は見栄えが悪いから、俳優辞めなさい。」

と言い放ったのです。

この言葉を柳楽さんは「本当にありがたい」と受けとめ、それからダイエットを決意しました。

ボクシングなどのスポーツに励み、

2,3か月で20キロの減量

を成功させました。

その後の出演作でも

25キロもの減量

を敢行しています。

身体からつくるストイックな役作りは、勘三郎さんの言葉の影響があったのです。

スポンサーリンク

苦悩のバイト時代

カンヌで鮮烈なデビューを果たした柳楽さんは、10代後半から不安とプレッシャー、人間不信に陥り行き詰っていました。

表舞台から遠ざかっていた20歳の頃、柳楽さんは社会勉強のために約1年間

バイト生活

を始めたといいます。

柳楽さんは車のディーラーの洗車と、飲食店でのホールスタッフのアルバイトを経験しました。

その間、人間として、役者としての自分を改めて見つめ直した柳楽さんは「演技」の魅力を再確認したといいます。

そして俳優修業としてゼロから演劇を学び、堅実に経験を積んでいきました。

その後、再び実力派俳優として返り咲いた柳楽優弥さん。

現在の活躍にいたるまでには、家族の存在がとても大きな支えになったと当時を振り返って語っています。

薬物中毒で緊急搬送!?

柳楽優弥さんは先述した精神的ストレスから、2008年頃には体調も崩していました。

そして、同年8月に家族と口論になった際、

精神安定剤

を大量に服薬し

急性薬物中毒

で緊急搬送される騒動を起こしました。

「自殺未遂か」と当時ワイドショーなどで憶測を呼びました。

その後、柳楽優弥さんは自身のブログで以下のように説明しています。

「家族と言い争いをしている最中に、カッとなり通っている医師から処方されていた安定剤の薬を多めに飲んでしまい、具合が悪くなったため自分で救急車を呼んでもらうようお願いした。」

自殺未遂などではなく、衝動的なものであったことを明かしています。

芸能界の理想の夫婦

こちらは2016年1月14日にエリーさんがアップしたインスタグラムの投稿です。

柳楽さんのサプライズで、エリーさんの誕生日と夫婦の結婚記念日をお祝いしてもらったときの写真になります。

涙が出るほどに感激したというエリーさん。

結婚1周年記念のときには

365本の薔薇

をサプライズでプレゼントされたのだそう。

ちなみに365の本数の意味は

「毎日、君を想う」

になります。

ラブラブっぷりが止まりませんね。

柳楽さんにとって一番辛い時期も隣で支え続けた妻のエリーさんは、なくてはならない存在なのでしょう。

お互いに想いあっている仲睦まじいお二人の姿は、本当に理想の夫婦像そのものですね。

まとめ

柳楽優弥さんと豊田エリーさんの結婚までの馴れ初めと、スランプの過去についてお伝えしてきました!

お二人は同じ高校の先輩・後輩で、馴れ初めのきっかけは柳楽さんの「一目惚れ」でした。

柳楽さんはエリーさんに17歳の時からプロポーズをしていて、交際当初から結婚を意識していたことが明かされましたね。

念願の挙式は明治神宮で行われ、後に生まれた娘さんもそこで七五三をお祝いしています。

また、柳楽さんは「カンヌを獲った子役」としてプレッシャーに悩み、薬物中毒騒動や、激太りのスランプを家族に支えながら乗り越えていた過去があったことが判明しました。

これからも仲睦まじく、家族で末永く幸せでいて欲しいですね。

スポンサーリンク