TwitterやインスタグラムなどのSNSを利用する若者が頻繁に使っている

リムる」という言葉。

若者発信の俗語なのですが、どんな意味かご存知でしょうか。

SNSでは、辞書にない言葉が次々と創り出されるため、変化についていくのもやっとですよね。

「リムる」も例外ではなく、SNSの普及によって作られた俗語といえます。

こちらでは「リムる」の意味について元ネタも絡めてわかりやすく解説していきます。

また、実際「リムる」の使い方について、調査したところ典型的なパターンがありました!
今後SNSと上手に付き合っていくためにも、こちらも併せてご覧ください。

スポンサーリンク

「リムる」の意味とは?

ツイッターやインスタで若者が頻繁に使っている

リムる

という言葉の意味について解説していきます。

「リムる」意味

解除する
外す

すなわちSNSでは
フォロー中の相手のフォローを「解除する」「外す」という意味でつかわれます。

「リムる」の意味については理解できたかと思いますが、「リムる」の語源とは一体なんなのでしょうか?
続いては元ネタについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

「リムる」の元ネタを解説

SNSのフォローを「外す」「解除する」という意味でつかわれている「リムる」

元ネタ

英語の「remove(リムーブ)」でした。

英語の意味・・・「(障害・危険を)排除する、(不要なものを)取り除く

「リムる」は響きとしては、けっこう軽い感じであまり重い印象は受けないですが、英語の直訳だとかなり重くなるといった印象です。

「remove(リムーブ)」意味

(自分にとって、利益にならない人を)取り除く
(自分にとって障害となったり、危害を加えてきそうな人を)排除する。

つまりは、

「自分にとってメリットにならない人は、フォローから外そう」

というような打算的な発言のようにも聞こえますよね。

ちょっと捉え方を変えるとこんなにも「重く」且つ「冷酷」な言葉になってしまう「リムる」を、SNSのユーザーはどのようにつかっているのでしょうか。

「リムる」の使い方を紹介!

実際に「リムる」の発言が多用されているツイッターのユーザーがどのように「リムる」をつかっているのか、調査したところ概ねパターン化していることが分かりました。

「リムる」パターン・・・

フォロバなかったらリムる
フォロバしたらリムる

このようなパターンが多く見られました。

どうやら
リムる」と「フォロバ

密接な関係
にあるようです。

それでは「リムる」の使い方について「フォロバ」の意味も含めて解説していきます。

「フォロバ」の意味とは

フォロバ」とは「フォローバック」の略になります。
つまりはフォローしてもらった相手にフォローを返すことになります。

<具体例>

① AがBをフォロー
② BがAからのフォローを確認
③ BがAをフォロー

③ の行動が「フォロバ

では「フォロバ」を理解したところで、使い方のパターンについて見ていきましょう。

「フォロバなかったらリムる」ってどういうこと?

ツイッターではこの「フォロバなかったらリムる」というような投稿をよく見かけます。

意味としては、

フォローを返してくれなかったら、私はあなたのフォローを解除します。

となります。

SNS初心者の方は、なんでフォロバしないとリムるの?という疑問を抱く方もいると思います。

実はこの発言には、フォローした相手の目的価値観などが関係していました。

それでは、さらに掘り下げて解説していきます。

スポンサーリンク

フォローの目的がカウント稼ぎ

フォロバなかったらリムる

というような発言をする人は

とにかく自分のフォロワーを増やしたいという目的で、最初から相手の「フォロバ」を目的としてフォローする人が挙げられます。

では、「フォロバなかったらリムる」というような発言をしている人はこのような傾向の人が多いように感じます。

「とにかくフォロワーを増やして多くの人に注目してもらいたい」
「フォロワーを増やして、社会的な影響力を強めたい」
「商品を販売したいため、リストを増やしたい」

客観的に判断すると、「自分の都合を優先」している人、すなわち「自己中心的な人」が多いように感じます。

しかし、全ての人がこれに当てはまるわけではありません。

別のパターンについても紹介していきます。

「フォロバ」ないのはマナー違反

世の中には、同じ価値観を持った人ばかりではなく、むしろ価値観は人それぞれだと感じることも多いのではないでしょうか。

フォロバなかったらリムる」という発言も価値観の違いが関係しているようです。

「私があなたをフォローしたんだから、フォロバするのが礼儀でしょ!」

「私だけがフォローして、あなたが私をフォローしないような希薄な人間関係は必要ない」

フォロバしないのはマナー違反と考えている人もSNSユーザーには多く、フォロバは当たり前と考えている人もいるようです。

SNSでは明確なルールがないため、個人の価値観や暗黙の了解のようなものも存在するのでフォローしてもらった相手がどのような人なのかという点も注意が必要ですね。

基本的にはフォロバしとけばトラブルは起こらないという気もしますよね。

ですが「フォロバしたらリムる」というユーザーもいるようですが理由は一体何なのでしょうか?

「フォロバしたらリムる」の目的は?

なぜ自分がフォローした相手が自分をフォロー(フォロバ)してくれたにも関わらず
「フォロバしたらリムる」

というような行動にでるのか?

このようなアクションをする人は、

フォロバなかったらリムる」発言をする人とも被りますが、

無差別に多くの人をフォローして「フォロバ」で「フォロー稼ぎ

フォロワーが多い=自分の利益につながる

と考えている人が多いですね。

折角お互いにフォローし合っている関係になったのに相手がフォロバしたらフォローを解除するというのは、この上ないマナー違反だと感じるのは私だけでしょうか。

スポンサーリンク

「リムる」と「ブロック」の違いとは?

これまで「リムる」について意味やパターンについて解説してきましたが、SNSであまり関わりたくない相手に対してつかわれる「リムる」と「ブロック」の違いについて、ご存知でしょうか?

SNS初心者の中にははっきりと区別がついていない方もいるかと思いますのでこちらについては図解いたします。

今回は「ツイッター」の場合について紹介していきます。
※SNSの媒体によって異なります。

目的を要約するとこのようになります。

リムる」の場合は一方的に相手のツイートを見たくない

ブロック」は相手との関係を完全に切りたい

まとめ

スポンサーリンク