ドラマ「ルーズヴェルトゲーム」で注目を浴びた俳優の工藤阿須加さん。

今年は、情報番組「ZIP!」のパーソナリティにも抜擢され、露出が増えてきていますね。

工藤阿須加さんといえば、父親が元プロ野球選手の工藤公康さんということでも有名です。

そして実は兄弟もスポーツ界で活躍しているんですよ!

また、ダウン症の家族がいるという噂もあるのですが本当なのでしょうか。

工藤阿須加さんの兄弟構成や、ダウン症に関する噂についてまとめてみましたのでさっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

工藤阿須加の父はプロ野球選手・監督の工藤公康

俳優の工藤阿須加さんは、2012年から俳優として活動しています。

工藤さんがブレイクするきっかけとなった作品といえば、2014年に放送された

ルーズヴェルトゲーム

です。

「ルーズヴェルトゲーム」は、社会人野球が題材のドラマで、工藤さんは実業団チームのピッチャー役を演じています。

工藤阿須加さんが、野球ドラマで注目を浴びた理由の一つに、お父さんの存在があります。

工藤さんの父は、現在ソフトバンクホークスで監督を務めている、工藤公康さんです。

工藤さんは現役時代、埼玉西武ライオンズやダイエーホークス(現ソフトバンク)で活躍した投手で、名球会入りを果たすほどスゴイ選手でした。

2015年からは監督として活躍し、4シーズンで3度もチームを日本一に導いています。

そんな野球界で有名な人物の息子とあって、工藤阿須加さんも野球をやっていただろう、と思っていたのですが、実は野球未経験者でした。

ドラマでのピッチングフォームが美しかったのは、きっと幼少期に父親が登板する試合を見ていたからでしょう。

ちなみに、工藤家では、父親の試合を見るときは、正座鑑賞を義務付けられていました。

工藤さんは、

「試合が長いと脚が痛くなる」

と、複雑な気持ちで鑑賞していたことを語っています。

父親が活躍すればするほど出場時間が長くなるので、正座している本人にとっては、素直に喜べなかったかもしれませんね。

母は栄養士

工藤阿須加さんの母親は、栄養士の仕事をしていた方です。

工藤さんの母親は、栄養士として献身的に夫の野球人生を支えていました。

現在の工藤監督からは想像できませんが、選手時代には毎日のように飲み歩いて、二日酔いのまま試合に出場することも少なくなかったのです。

そんな工藤監督は、1989年に飲酒が原因で肝機能障害を発症し死の危険に直面してしまいます。

野球選手を引退しようとしていた時期に、工藤監督と結婚し、夫婦二人三脚で健康管理に取り組んだ結果、工藤監督は48歳になるまで現役を続けることができました。

工藤監督の活躍は、奥さんの支えがあってこと成し遂げられたものだったのですね。

スポンサーリンク

工藤阿須加の兄弟構成は?

プロ野球選手の父をもつ工藤阿須加さんには、なんと4人もの兄弟がいます。

工藤さんを合わせると5人兄弟であり、工藤阿須加さんは長男として生を受けました。

工藤さんの兄弟構成は、工藤阿須加さん、弟1人妹3人です。

とても仲良しな5人兄弟ですね。

写真の左から、工藤阿須加さん、長女の遥加さん、次女の阿弥香さん、三女の阿偉さん、次男の拓哉さんです。

俳優活動を父が後押し!

父親がプロ野球を代表する選手であった工藤阿須加さんも、運動能力がとても高く、幼いころはプロテニス選手を目指していました。

しかし、高校の時の怪我の影響で、テニス選手の夢を諦めた工藤さんは、心のどこかで、俳優になることへの想いが強くなっていたのですが、覚悟を決めきれずにいました。

そんなとき、父親の工藤監督に、

これから社会へでていくことになる。一人の男として自分の人生を決めなさい

と言われたことをきっかけに、俳優になる決心をしました。

このとき、工藤阿須加さんは19歳でした。

きっと、工藤阿須加さんが俳優になりたかったことを、父親は気づいていたのでしょう。

工藤監督は、息子が野球選手になることも期待していたかもしれませんが、子どもが自らの意志で仕事を、人生を決められるように教育していたのですね。

父親の言葉で俳優になる覚悟を決めた、工藤阿須加さんはデビューから2年後「ルーズヴェルトゲーム」で野球選手役を演じています。

ドラマとはいえ、野球のユニフォームに袖を通す息子と父親の姿は、感慨深いです。

デビュー当時は、「工藤監督の息子」として紹介されることが多かった工藤阿須加さんですが、今では実力が認められ、父親が有名人であることを知らなかった人も多いような印象を受けます。

妹「遥加」はプロゴルファー

工藤阿須加さんの妹は、スポーツ選手として活躍しています。

その妹というのは、長女の工藤遥加さんのことです。

彼女は現在、

プロゴルファー

として活躍しています。

工藤阿須加さんとは1歳差の遥加さんは、12歳のときにゴルフを始めました。

当時、試合で家にいないことが多かった、父親と会話する機会を増やすためにやり始めたのがゴルフだったのです。

工藤監督もゴルフの実力者です。

野球選手でゴルフが上手な人は多いですよね。

その影響もあってか、遥加さんは12歳という決して早くない時期に始めたゴルフでプロになっています。

遥加さんは、ゴルフ漬けの生活を送るべく、強豪校の東北高校に進学しますが、より多く実践を積むために、通信制の日出高校に転校しました。

遥加さんは、身長171cmの恵まれた体格で、プロの中でも1,2を争う飛ばし屋です。

遥加さんは、2011年(当時19歳)でプロテストを一発合格し、同年の新人戦を制しプロ一年目からタイトルを獲得しました。

獲得賞金ランキングでは、2014年に自己最高の53位となり、獲得賞金は1600万円以上だと言われています。

53位でもそんなの稼いでいるのには驚きました。

しかし最近は成績が下降気味で、2017年は79位、2018年は138位です。

遥加さんは現在26歳で、まだまだ現役として活躍できる歳なので、来年はランキング上位に名を連ねることを期待しています。

末っ子「拓也」は兄弟唯一の野球経験者

工藤阿須加さんの弟で、末っ子の拓也さんは、兄弟で唯一の野球経験者です。

工藤拓也さんは、阿須加さんの8歳年下で、現在は18歳です。

拓也さんは早生まれのため、既に高校を卒業していますが、昨年まで東京ウェルネス高校の野球部に所属していました。

拓也さんの写真から、父親と同じ左投げであることがわかります。

拓也さんは、小学6年生の頃に野球をはじめ、中学では強豪軟式野球チームに在籍していました。

中学卒業後は、スポーツ推薦で強豪校へ進学しましたが、中学時代の怪我によるブランクや、成長に伴う体重の増加で、あまり活躍できず、1年生の頃に退部しました。

その後、東京ウェルネス高校へ転校し、野球を続けましたが、転校後1年間は公式戦に出られない決まりがあるため、甲子園予選に選手として出場することは叶いませんでした。

きっと、父親が偉大なプロ野球であったことで、かなりのプレッシャーがあったのでしょう。

スポンサーリンク

工藤阿須加の兄妹がダウン症の噂の真相は?

工藤阿須加さんの兄弟がダウン症という噂があります。

ダウン症とは、染色体異常によって引き起こされるものです。

ダウン症といっても程度は個人差があります。

軽度のダウン症患者であれば、見た目や言動から判断しにくいこともありますが、ほとんどのダウン症患者は、その特徴外見に現れます。

工藤阿須加さんの兄弟の写真には、ダウン症患者らしき人は見当たらなかったように、この噂は全くのデマです。

有名人の親族がダウン症であるといった類のガセ情報が芸能界には多く、工藤さん以外にも家族がダウン症であると噂されている芸能人は少なくありません。

根拠もない、全くのガセ情報を流している人の気がしれません。

まとめ

今回は、俳優の工藤阿須加さんの家族についてまとめました。

工藤阿須加さんの父親は、現在ソフトバンクホークで監督を務める工藤公康さんです。

工藤阿須加さんは5人兄弟の長男で、
弟が1人と妹が3人
います。

妹で長女の遥加さんは、現在プロゴルファーとして活躍しています。

弟で次男の拓也さんは、家族のなかで唯一の野球経験者でした。

5人兄弟のなかにダウン症の方がいるといった噂がありましたが、ガセ情報でした。

2019年に連続テレビ出演が決定している工藤さんの今後の活躍にも注目していきます。

スポンサーリンク