倉科カナが25年ぶりに父親と再会!5人兄弟や年齢差も話題!と話題になっています。

2018年10月に公開された映画「あいあい傘」で主演を務めた女優の倉科カナさんが父親と25年ぶりに再会したことが注目されています。

彼女の母親や兄弟に関する情報も合わせてお送りします。

スポンサーリンク


倉科カナプロフィール

名前 倉科 カナ(くらしな かな)

生年月日 1987年12月23日(30歳)

出身地 熊本県

身長 158cm

血液型 O型

職業 女優

活動期間 2006年~

事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ

倉科カナが「25年ぶりに父親と再会」

人気女優の倉科カナさんが、25年ぶりに父親と再会したことを告白しました。

2018年10月26日に公開された映画「あいあい傘」で倉科カナさんが主演を務めました。

この映画は、生き別れた父娘の物語で、主人公の娘役を倉科さんが演じています。

朝の情報番組「めざましテレビ」に出演した倉科さんは、映画の役同様に父親とは長く会っていなかったことを明かしました。

その期間はなんと25年です。倉科さんは現在30歳なので、5歳の時から父親と会っていなかったことになります。

25年という長い期間、父親に会っていなかったというのは衝撃の事実ですね。

 

 

倉科さんが主演を務めた映画の父娘も25年ぶりに再会したという設定なので、倉科さんと同じ状況の役どころですね。

スポンサーリンク


倉科カナの両親が離婚した理由は?

5歳の時に父親と別れた倉科カナさんですが、その理由は両親の離婚だったそうです。

父親と母親が離婚し、その後は母親と生活をしていたそうです。

離婚の原因は明らかにされていませんが、倉科カナさんが父親に25年も会っていなかったことを考えると、とても深刻な問題があったのではないかと勘ぐってしまいます。

両親の離婚がきっかけで父親と生き別れた倉科さんが 父親と再会したのは最近のことだったそうです。

家族の勧めで父親に会いに行った倉科さんは、緊張のせいか父親の顔を直視できず、顔も覚えていないそうです。

血の繋がった父親と言えども、幼少期に別れ25年も会っていなければ気まずいのも当たり前ですね。

倉科カナは映画「あいあい傘」の境遇と同じ!?

倉科カナさんが主演を務めた映画「あいあい傘」の主人公も倉科さんと同じ境遇なのは驚きですね。

数々の舞台や映画で指揮をとってきた宅間孝行さんが監督を務めた本作は、2007年に上演された舞台を映画化したものです。

映画「あいあい傘」は、25年前に生き別れた父親を探しに、故郷の神社を訪れるという内容の感動作品で、奇しくも倉科さんが父親と会っていなかった期間と一致します。

きっと、映画と同じ境遇であった倉科さんだからこそ、キャスティングされたのでしょう。倉科さんはこれ以上ない適任者のように思えます。

現実では、父親に再会しても顔を覚えていないようなので、映画のような感動の再会とはいかなかったようです。

スポンサーリンク


倉科カナの実家はブリーダー?

倉科カナさんは5歳で両親が離婚しているので、それ以降は母子と共に幼少期を過ごしました。

そんな倉科さんの実家は金持ちであったと度々噂されているようです。

地元熊本県の高級住宅街に実家があると言われている倉科さんの両親の仕事は、犬のブリーダーだそうです。

ブリーダーがどれだけ稼げる職業なのかは想像がつきませんが、倉科さんの実家では10匹以上の犬を飼っていたそうです。

倉科さんと犬のツーショット写真を見ると、犬に対する愛情がとてもよく伝わります。

両親の離婚後は母親と暮らしていたので、母親が犬のブリーダーだった可能性が高いです。

倉科カナは5人兄弟!年齢差も凄い!

倉科カナさんの実家には犬が多く、とても賑やかな環境で育ったことが想像できますが、兄弟もとても多かったそうです。

倉科さんは5兄弟の長女なので、下に4人もの兄弟がいます。

5人兄弟の内訳は、倉科さんと妹3人弟1人です。5人のうち男は1人だけの兄弟だったのですね。

倉科さんがしっかりした性格なのは、大家族の長女として妹と弟の面倒を見てきたからに違いありません。

倉科さんと兄弟たちの年齢差も幅があり、次女が1歳差、三女は3歳差、四女は6歳差、そして長男とは

18歳差

もあります。

倉科さんは5歳の時に両親が離婚しているので、四女長男異父兄弟なのでしょう。

倉科さんは母親が18歳の時の子なので、18歳差の弟のことは息子のような感覚で接していたのかもしれません。

スポンサーリンク


倉科カナの妹(三女)も女優

倉科カナさんには3人の妹がいて、3歳差の三女女優として活動しています。

倉科カナさんの妹は橘希(たちばな のぞみ)名義で活動しています。

本名かどうかは不明です。倉科さんとは3歳差なので現在は27歳です。

顔立ちは倉科カナさんと似ていて、とくに目元がそっくりですね。

橘希さんは、幅広くタレント活動をしていて、女優業だけでなく巨乳グラドルとしても活躍し「ミスサイパン2014」に選出されています。

農業高校の畜産科出身で特技は搾乳だそうです。

特技が搾乳とは、とてもインパクトがあります。

橘希美さんのテレビドラマデビュー作は、人気漫画の実写ドラマ「デスノート」です。

同作ではアイドルユニット「イチゴBERRY」のメンバー北野マコ役を演じました。

写真の右に写っているのが橘希さんです。

さすがアイドルもやっているだけあって、スタイルはとても良いですね。

その後はテレビドラマや舞台で活動し、CMにも出演した経験をお持ちです。

倉科カナの母親は?

倉科カナさんの母親はどんな方だったのでしょうか。

犬のブリーダーをしていると言われている倉科さんの母親は、18歳の頃に倉科さんを生んでいるので、現在48,9歳です。

まだまだとても若いお母さんですね。

母親は犬のブリーダーをしているので、実家には常に10匹以上の犬がいたようなので、母親は動物好きだったことも間違いないでしょう。

倉科さんはとても母親と仲がよく、女優になり上京してからはよく電話で会話していたそうです。

多い時には1日に5回も電話していたそうなので、二人はとても仲が良いのは、倉科さんと母親の歳が近いことも影響している気がします。

また、倉科さんの母親はとてもおしゃれ好きな方で倉科カナさんに無理やりピアス穴を空けたといったエピソードもあります。

倉科カナの芸能界デビューのきっかけは?

芸能生活13年目の倉科カナさんのデビューのきっかけは何だったのでしょうか。

倉科カナさんがデビューした2006年の前年2005年に、倉科さんは「SMAティーンズオーディション2015」でグランプリを獲得しました。

SMAは倉科さんが所属する事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ」の略で、彼女がグランプリを受賞したのは高校3年生の頃でした。

興味本位で応募したオーディションでグランプリを獲得したのはとてもスゴイことですね。

「SMAティーンズオーディション」でグランプリを獲得した倉科さんですが、当時はまだ地元熊本県の高校に通っていたので、事務所に入所はせず、2006年に高校を卒業した後に上京し、芸能活動を始めました。

倉科さんが事務所との契約を交わしたのは、18歳年下の弟が生まれたときのことだったそうです。

芸能界デビュー後は、2006年に「ミスマガジン」のグランプリを獲得し、主にグラビアアイドルとして活動していました。

女優業でブレイクしたのは2009年のNHK連続テレビ小説「ウェルかめ」に出演したのがきっかけでした。

倉科カナが25年ぶりに父親と再会!5人兄弟や年齢差まとめ

女優の倉科カナさんの家族についてまとめました。

倉科さんは今年の10月に公開された映画「あいあい傘」で父と25年間生き別れしている娘役を主演しました。

映画の出演がきっかけで、倉科さんは実父と25年間合わなかったことを明かし、話題となりました。

倉科さんが父親と別れたのは倉科さんが5歳の時で、その理由は両親の離婚でした。

父親とは25年ぶりに再会を果たした倉科さんですが、顔は覚えていないそうで、感動的な再会とはなりませんでした。

両親の離婚後は母親に引き取られた倉科さんには、3人の妹と1人の弟がいて、一番下の弟とは18歳も歳の差があることがわかりました。

「あいあい傘」で自らの境遇とほぼ同じ役を演じた倉科さんに今後も注目していきます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク