菅田将暉の本名は菅生大将!韓国人説はガセでが原因?と話題になっています。

来年1月からドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」で初の教師役に挑む菅田将暉さん。

今回は菅田さんの本名菅生大将という噂や気になる韓国人説父親についてもお伝えしていきます。

スポンサーリンク


菅田将暉の本名は菅生大将で読み方は?

菅田将暉さんの本名は菅生大将といい、読み方は

すごうたいしょう

と言うそうです。大変珍しい名前ですね。

大阪府東部の地名に由来したものだそうです。

菅田さんは朝ドラで親子を演じた杏さんからは、

たいちゃん

と呼ばれているそうで、大将というのが本名ならそう呼ばれるのも納得ですね。

杏さんとは、夫の東出昌大さんも含め大の仲良しで、東出さんと良く飲みに行ったりするそうです。

また、本名から現在の芸名に変更したのは2009年で、初代マネージャーさんが決めてブログで発表したそうです。

マネージャーさんが名前の候補を見ていた時に、

「菅田将暉」

の字が光ってみえたことで命名されたとのことです。

今の菅田さんの大活躍を見れば、新しい芸名が功を奏したと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


オーディションで本名公開

菅田将暉さんは、

第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト

でファイナリストに選出されています。

グランプリにはなれなかったものの、現在の事務所「トップコート」から声がかかりデビューに至ります。

当時はもちろん本名でエントリーしています。

まだ15歳なのであどけない感じですね。

菅田さんは、ドラマ「ごくせん」を見てジュノンに応募しました。

「ごくせん」に出演していた速水もこみちさんと映画「となりの怪物くん」で共演した時は、「格好良い!足が長い!ごくせん見てました!」と興奮していました。

 

ファイナリストに残ったときの画像ですね。

15歳なのに身長も173cmもあり、立ち姿も様になっています。

菅田さんのようにジュノンのグランプリになれなかったものの、活躍している芸能人が意外に多く、三浦翔平さんや、ディーン・フジオカさんや伊藤英明さんなど錚々たるメンバーですね。

本名を浜村敦が暴露?


菅田将暉さんが「おおさかシネマフェスティバル2015」で助演男優賞として表彰されたため、映画祭に参加しました。

その時、タレントで映画評論家でもある浜村敦さんが、菅田さんにインタビューしました。

そこで、

菅生っていうんですよね。

と菅田さんに尋ねたり、客席に向かって

大将っていうんですよ。

などと本名についてふれることがあったそうです。

菅田さんはなんで知っているの?!というような驚いた顔をしていたそうですが、問いかけに対して

そうなんです。

と本名が菅生大将というのを認めていました。

菅田さんは、受賞後、賞状と花束を手にした写真をブログにアップして、「本当にありがとうございます。」とコメントしていました。

菅田さんは地元が大阪なので、故郷に錦を飾れて嬉しかったのではないかと思います。

本名から韓国人説はガセ?

菅田将暉さんは、前述したように今の芸名になったのが2009年からのようです。

その後、事務所の公式プロフィールもウィキペディアですら本名が非公表になっています。

そのため、本名が日本名ではなく韓国人だから、本名を公開していないのではないか?と噂になったようです。

しかし、菅田さんは大阪出身の日本人で 韓国人ではありません

本名を公開しても「菅生」という名字は難しく、色々な憶測を呼ぶから芸名にしたということも考えられそうですね。

スポンサーリンク


本名非公開の理由①読めないから?

菅田将暉さんが本名非公開の理由の1つは、

「菅生」

という名字が難しく読めないからという理由が挙げられます。

今の芸名の「菅田」というのも「かんだ」と書いて「すだ」なので「すがた」などと間違えられることも多いそうですが、確かに「菅生」よりは読みやすいですね。

 

また「大将」という名前もよりも「将暉」という名前の芸名の方が色々な役柄に染まることができ、しかもちょっと個性的な感じで、今の菅田さんにあっている感じがします。

本名もかなりインパクトがあるだけに、菅田さんのプライバシーを守ったり、芸名が定着するように本名を非公開にしたのかもしれませんね。

本名非公開の理由②親が有名人だから?

菅田将暉さんの本名非公開の理由は父親有名人だからなのでは・・と言われています。

菅田さんのお父さんは

菅生新(すごう あらた)さん」

経営コンサルタントをしており、関西ではテレビやラジオのパーソナリティとしても知られています。

経営コンサルタントとしてベンチャー企業などをサポートしたり、全国各地で講演活動をするなど名の通った方なのだそうです。

ご自身の名前を冠した「菅生新のサクセスファイター」、「菅生新のビジネスハンター」という」番組があるくらいなので、関西ではかなり有名人なようですね。

菅田さんを事務所が売り出していくにあたって、本名を公開しているとあの「菅生新の息子」というイメージが付いてしまい、役柄などが狭まったりすることを危惧して、非公開にしていたのかもしれませんね。

また、菅田さんのご両親はご夫婦で菅田さんについてのインタビューを受けたり、わりと表に出るのが好きなタイプのようなので、菅田さんがきちんと売れて1人立ちできるまでは、共演などを牽制し、俳優としてのイメージを守ることを事務所が優先したことも非公開の理由の1つかもしれません。

2017年には、菅田将暉さんが、フジテレビの番組にお父さんを呼び、お父さんの憧れの人、吉田拓郎さんに親孝行として会わせてくれたそうです。

菅田さんが俳優として人気を得て、親孝行してくれてお父さんは大感激だったそうです。菅田さんとしても事務所としても良い形での共演が実現したのではないでしょうか。

菅田将暉の父親は元俳優

菅田将暉さんのお父さんは元俳優さんだったそうです。

上の写真も目元が菅田さんに似ていて男前ですね。同志社大学在学中から、アルバイト俳優として京都・太秦の撮影所に通い、「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」に出演していました。

大学卒業後は、大手製薬会社勤務ののち、独立して経営コンサルタントとして活躍し今に至っているそうです。

菅田さんが音楽や洋服など多方面に興味があり、多才なのはお父さんゆずりなのかもしれませんね。

お父さんは自分がかつてやったことがある俳優という仕事で輝いている息子が誇らしいでしょうね。

父が暴露本を出版!内容が気になる

2017年12月に菅田将暉さんの父菅生新さんが

スゴー家の人々~自叙伝的 子育て奮闘記~

を出版します。

菅生家の

「できる、できる、私はできる」

という家訓や子育て方法や、次男を自宅出産したエピソードなどとても興味深い本です。

また、菅田さんがジュノンのコンテストでグランプリを取れず落ち込んでいるのを励まし、お父さんの人脈でエイベックスやホリプロに面接に行ったことも書かれています。

そして、知人社長に紹介されたのが現事務所のトップコートで所属見込み生として、預かってもらえるようになり、演技の勉強をしながら、大学に入るという段取りで事務所と話がついたのだそうです。

しかし、すぐ「仮面ライダー」のプロデューサーの目に留まり、デビューした流れについても本で触れられています。

お父さんとしては、早稲田大学に入って欲しいと思っていたので、内心はかなり複雑だったそうです。

また、当時は東京に通う新幹線代や、デビューを控えているので住む場所も有名ではないのにセキュリティのしっかりした家賃の高いところを借りなければならず経済的に大変だったことなども明かしています。

本の内容を知ると、菅田さんのデビューのためにお父さんがかなり努力したのがわかりますね。

事務所としては、菅田さんの個性的で飄々とした俳優としてのイメージが大切なのでこのような本の出版については、大手を振って歓迎というわけではなさそうですが、菅田さんのファンとしてはデビューの裏話などが知れて、嬉しかったのだと思います。

スポンサーリンク


菅田将暉の高校時代のあだ名は「王子」

菅田さんは高校時代のあだ名は「王子」と呼ばれ、かなりモテモテだったそうです。

たしかに写真もドラマの撮影の1コマのようですね。

小、中学生の時からかなりモテていたそうで、1番下の弟さんの保育園のお迎えに菅田さんが行くと、保育士さんが「キャー!今の誰?」となっていたと、お母さんがインタビューで明かしていました。

休み時間には同級生だけでなく、上級生の女子たちも菅田さんを見にわざわざクラスまで見に来るほどだったそうです。

しかし、菅田さんはアメフトや勉強に打ち込み、そんなモテモテの状態も

「何もしてないのに評価されている気分で。割と卑屈なので、急にトロフィーをいっぱい渡された気分になっちゃって。」

とインタビューで話していました。

菅田さんは高校時代に彼女もおり、部活に勉強にとすごく充実した学生生活を送っていたようですね。

モテモテ状態でも、自分という軸をぶらすことなく、やるべきことに取り組む姿勢だったからこそ、芸能界でも、人気や評価に左右されず俳優として大成したのだと思います。

菅田将暉の本名は菅生大将!韓国人説はガセで親が原因まとめ

菅田将暉さんの本名について調べましたが、本名は菅生大将(すごうたいしょう)さんでした。

また噂されていた韓国人説は完全にガセでしたね。

菅田さんの父親は経営コンサルタントなどで幅広く活躍していてかなりキャラも濃い方でした。

しかし、菅田さんのデビューに対して応援し、自分の人脈を駆使するなど家族思いで、菅田さんがあたたかい家庭で育ったことがわかりました。

菅田さんはミュージシャンとしても活躍し、プレミアムライブもチケットは即日完売、ミュージックステーションのスーパーライブに出演が決定しています。

来年の連続ドラマも決まり、これからも歌手やラジオ、もちろん俳優としてなどたくさんの菅田さんの魅力を堪能する機会が増えそうですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク