小芝風花さんといえば、朝ドラのヒロイン候補として注目の女優さんですが、元フィギュアスケート選手という異例の経歴を持っています。そのフィギュアスケートでの小芝風花さんの実力は、どのようなものだったのでしょうか? ペアとして優勝経験もあるようです。ペアのお相手も気になりますね。小芝風花さんの活躍について探ってみたいと思います。

スポンサーリンク


小芝風花プロフィール

・1997年4月16日 生まれ
・大阪市堺市 出身
・身長156cm
・特技は、フィギュアスケート
・オスカープロモーション 所属

小芝風花の芸能界入りは「浅田真央」がきっかけ?

小芝風花さんが芸能界入りしたのは、中学2年生の時にイオン&オスカープロモーション「ガールズオーディション2011」に応募して、グランプリを受賞したことがきっかけです。小学生からフィギュアスケートを続けていた小芝風花さんは、芸能界への憧れがあったのでしょうか? 憧れていたのは、芸能界ではなくフィギュアスケート界で輝かしい活躍をしていた浅田真央さんだったようです。

当時、浅田真央さんはフィギュアスケート選手として活躍するだけでなく、企業のイメージキャラクターとして、CMに多く起用されていました。フィギュアスケートをしながら、ふんわりとした笑顔のCMは可愛かったです。小芝風花さんも、そんな浅田真央さんの姿を見て「私も浅田真央さんのようにCMに出てみたい」と思ったそうです。そんな思いを知ったお姉さんが、「ガールズオーディション」に応募したのだそうです。

浅田真央さんに憧れてフィギュアスケートを始める女の子は多かったようですが、浅田真央さんに憧れて女優になったのは、小芝風花さんだけかもしれませんね。しかし、約35000人の応募者の中から、夢を叶えることが出来たのは、小芝風花さんが浅田真央さんと同じように魅力ある女の子だったからでしょう!

小芝風花がフィギュアスケート8位入賞

小芝風花さんは、小学3年生から中学2年生までの約5年間、友達と遊ぶ時間も惜しむほどフィギュアスケートを頑張っていました。フィギュアスケートは、練習場所が限られるため小芝風花さんも堺市から練習場である『大阪府立臨海スポーツセンター』のある高石市まで、ほぼ毎日、お母さんに車で送り迎えしてもらって通っていたそうです。

小芝風花さんは、フィギュアスケート選手の登竜門といわれる『野辺山合宿』に参加していたということで、フィギュアスケートに、本格的に取り組んでいたことがわかります。『野辺山合宿』は、新人発掘の場ともいわれており、女子では、荒川静香さん、浅田真央さん、安藤美姫さんも過去の参加者でした。

小芝風花さんのフィギュアスケートの実力は、想像以上のものでした。2010年に開催された「第37回西日本中小学生フィギュアスケート競技会」に中学1年生で出場した小芝風花さんは、「6級ジュニア選手権女子」で8位入賞という成績を残していました!

スポンサーリンク


小芝風花がアイスダンスでペアで優勝!ペアの相手は?

小芝風花さんのフィギュアスケートへの本気度がわかるのが、2011年10月に行なわれた「第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会」での活躍です。渡邊純也選手とのペアで優勝をしています! 『MOLIENDO CAFE』(コーヒー・ルンバ)の曲に合わせて、14歳とは思えないほど、大人の雰囲気を漂わせたダンスを披露した小芝風花さんには、表現力の高さから「アイスダンサー向き」という声も上がったようです。

この時、ペアを組んだ渡邊純也選手は、小芝風花さんと同じ歳で、神戸PFSCの選手でした。小芝風花さんは、臨海FSC所属でしたので、異なるクラブからのペア結成だったのですね。渡邊純也選手は、現在は関西学院大学生で、フィギュアスケートで活躍している選手です。

2017年の西日本選手権では8位と奮闘しましたが、オリンピック出場を懸けての全日本選手権では宇野昌磨選手、田中刑事選手らに苦杯を喫する結果となりました。宇野昌磨選手とも同じ歳ですので、まだまだ今後の活躍に期待したいですね。イケメンゆえに、根強いファンも多いようですよ!

小芝風花がフィギュアスケートを辞めた理由は?

小芝風花さんは、こんなに頑張っていたフィギュアスケートを中学2年生の時に辞めています。何故なのでしょうか? アイスダンスのペアで優勝した翌月の2011年11月に、イオン&オスカープロモーション「ガールズオーディション2011」でグランプリ受賞をして、武井咲さんの妹分というキャッチフレーズでデビューすることになりました。

フィギュアスケートでも、その実力を評価されていた小芝風花さんですが、芸能界に入ることに迷いはなかったようです。ただ、ほぼ毎日の練習を欠かせないフィギュアスケートを中途半端に続けることは出来ないため、「フィギュアスケートを辞める」という決断をしたそうです。

スポンサーリンク


小芝風花が映画「魔女の宅急便」キキ役を熱演!

小芝風花さんが、良くも悪くも話題となったのは、2014年に公開された映画「魔女の宅急便」のキキ役として抜擢された時でした。初主演でありながら、人気アニメの実写版というハードルの高い大役だったので、ネットでは『もっと、有名な女優にしてほしかった』、『小芝風花さんではイメージが違う』という残念な意見も挙がりました。

しかし、小芝風花さんはフィギュアスケートで身につけた身体能力とメンタルの強さを活かし、華麗にのびのびと気が強くて可愛いキキを演じました。その演技を認められて、「魔女の宅急便」で『第57回ブルーリボン賞新人賞』を受賞しました。逆風さえも味方にしてしまう、まさに魔女の力ですね!

小芝風花が「スケート靴の約束」スケートの実力披露

小芝風花さんがフィギュアスケート人生で得たものは、成績だけではなく、表現力や度胸など、現在の女優としての仕事に活かされていると思います。その中でも、フィギュアスケート経験が活かされたのが、2013年に本田望結さんと共演した「スケート靴の約束」というスペシャルドラマでした。

本田望結さんが演じる少女の姉でフィギュアスケート選手役を演じました。後に視力を失いフィギュアスケートをあきらめ、妹役の本田望結さんがその夢を引き継いでゆくのですが、当然、フィギュアスケートのシーンは多く、滑れることがキャストの絶対条件であったと思います。

小芝風花さんは、この時フィギュアスケート辞めて、2年程のブランクがあったので、役が決まってから練習に通ったそうです。練習を始めた時は、あまりに思うように滑れなくなっていた自分に、「特技:フィギュアスケートと言っていたけど、趣味:フィギュアスケートに変えなくては…」とショックを受けていたようです。

本番までには、しっかり、元フィギュアスケート選手としての実力を発揮する演技を見せてくれた小芝風花さんでした。共演の本田望結さんは、子役から女優を続けつつ、フィギュアスケートも現役で頑張っていますから、羨ましく思ったりしなかったのでしょうか?

のちに、本田4兄妹のフィギュアスケート生活に密着する番組のナレーションを務めた小芝風花さんは、『華やかに見える競技の裏で、どれほどの練習を積み、努力をし、どれほどの涙を流してきたのかも含めて。皆さまに精いっぱい伝えられたら』とナレーターを出来ることの喜びと意気込みを語っていました。意外に小芝風花さんの中では、フィギュアスケートに未練はないのかもしれませんね。

小芝風花の実家はお金持ち?

小芝風花さんは、末っ子のような可愛らしさとおっとりした印象がありますが、実はお姉さんと妹さんが居る3姉妹の次女なのです。お姉さんは、既に結婚していて娘さんも一人いるそうです。妹さんは、小芝風花さんがキャラ弁を作ってあげるほど歳が離れているようです。

小芝風花さんは、現在、お母さんと妹さんとの3人暮らしであることをインスタグラムで明かしていますが、父親に関する情報は一切ありません。思い出ひとつ、「お父さん」というワードすら出てきませんので、小芝家は母子家庭であると思われます。

一般的に、フィギュアスケートはお金持ちであるか、支援者がいないと続けるのは難しいと言われる程、お金のかかるスポーツですよね。小芝風花さんの場合、練習にはお母さんが車で送り迎えをしてくれていたとのことなので、お母さんが働き詰めに働いて…ということも無さそうですね。

金銭的にも時間的にも、余裕があるご家庭であることは間違いないと思いますが、お母さんが会社経営者とか成績優秀な営業ウーマンとも考えられますね。ちなみに、小芝家には愛犬の小太郎君(キャバリア)がいますが、諸事情で大阪の祖父母宅に預けられているそうです。もしかしたら、祖父母がお金持ちで支援してくれていたのかもしれませんね。

小芝風花の彼氏は?

最近の小芝風花さんは、デビュー当時に比べ、かなりキレイになっているようです。純粋な少女から大人の女性としての魅力が急激にアップしてきました。そろそろ、熱愛報道なんてことがあっても不思議ではないですね。でも、小芝風花さんに、彼氏の噂はありません。

中学時代もフィギュアスケートに励んでいたので、彼氏を作る余裕はなかったでしょう。芸能界に入ってからは、どうでしょうか? 小芝風花さんは、オスカープロモーションの女優さんなので、恋愛には厳しい規則があるはずです。「25歳まで恋愛は禁止」です! ですが、小芝風花さんが“姉”と慕う「武井咲さん」は、23歳で熱愛報道~結婚しましたね。

実際、オスカープロモーションの「25歳まで恋愛禁止」という規則自体、存在しないそうです。社長がタレントには、「一定期間は、芸能の仕事に集中して頑張れ」「仕事で認められたら、恋愛も世間に認めてもらえるようになる」という教訓として語る時に目安として「25歳」という年齢を言っただけだそうです。しかも、規則ではなく“教訓”とのことです。

小芝風花さんは、好きな音楽が昭和だったり、時代劇に出演したことから、幅広い年齢層の男性から指示をされています。色気の増した小芝風花さんを狙う男性陣はますます増えてくると思います。小芝風花さんの理想の人は、『穏やかで家族を大切にする人』とのことですから、間違っても“ゲスな報道”だけはないことを願っています!

スポンサーリンク


小芝風花の本名は?

『小芝風花』という名前には、“ふんわりした優しさ”と“かわいらしさ”を感じるので、小芝風花さんの見た目とピッタリな芸名だなと思う方もいるのではないでしょうか? 小芝風花さんの本名を調べてみたら、『小芝風花』が本名でした。

ちなみに、郵便局の「名字の由来」調べでは、『小芝』は全国で1200人いるそうで、千葉県が最も多い320人、東京都150人、神奈川県80人。その他、点々と各地に散らばっているのだそうです。小芝風花さんの出身地の大阪に特に多いという名字ではありませんでした。

『風花』は、お母さんが付けた名前だそうです。松山千春さんの『大空と大地の中で』の歌詞から、お母さんが感じた「世間の冷たい風に吹かれても、小さくていいから、しっかりと根を張って生きてほしい」という願いが込められているそうです。
『大空と大地の中で』は、小芝風花さんは自分の応援ソングとして落ち込んだ時に聞いたり、カラオケで歌ったりもするそうです。小芝風花さんの熱唱、ぜひ、聞いてみたいですね!

小芝風花のフィギュアスケートがスゴイ!ペアで優勝まとめ

小芝風花さんのフィギュアスケートでの実績は、予想以上に凄かったですね。ペアで優勝までしていた実力の持ち主が、スケートリンクから芸能界へとステージを変えて、これから更に飛躍してゆく予感がします! 小芝風花さんは、2015年下半期のNHK連続テレビ小説『あさが来た』で、ヒロインの長女「千代」役を演じ、その演技力を高く評価されました。2018年11月からは再放送が始まり、改めて小芝風花さんの可愛さと演技に注目が集まっています。
その勢いのまま、2019年1月からNHK連続ドラマ『トクサツガガガ』では主演を務めます!歌唱シーンもあるかもしれません。そして、次は、やはり朝ドラのヒロインではないでしょうか? 安定感のあるノーミスの演技を見せてくれると期待しています! 今後も勢いが止まらない小芝風花さんを応援し続けたいと思います!

スポンサーリンク


スポンサーリンク