賀来賢人は青山学院大学を中退!友達ができなかった理由は!?と話題です。現在放送中のドラマ「今日から俺は!!」で主演の三橋役を演じている賀来賢人さん。今回は賀来さんが青山学院大学を中退していることや友達ができなかったという噂を検証していきたいと思います。

スポンサーリンク


賀来賢人プロフィール

本名   賀来 賢人(かく けんと)
生年月日 1989年7月3日
出身   東京都
所属事務所 アミューズ
特技    バスケットボール、サッカー
仲が良い俳優 柄本時生

賀来賢人の小学校~中学時代

賀来賢人さんは東京都出身、小学校から私立の名門で、梨園関係者や財界、芸能人のご子息が通うことで有名な「暁星小学校」から中学へと内部進学で進んでいます。難関校としても知られる学校なので賀来さんはかなりエリートなのですね。私立の付属校に小学校から通っているだけあって写真もお金持ちの家の子という感じがします。

小学校から、中学とずっと男子校できているので女っ気ゼロだったようです。ドラマ「今日から俺は!!」でも好きな理子に対して、ツンケンした態度を取るなど女子と上手く接することができない三橋は妙にリアルだな・・と思っていたのですが、賀来さんの青春時代とかぶる部分があり、演じやすかったのかもしれません。

賀来賢人が中学校時代に初デートで大失態?

賀来賢人さんは男子校で出会いのチャンスはなかなかなかったようですが、中学時代に初デートをします。部活のバスケ部の試合時に他校の女子生徒から手紙をもらったそうです。青春っぽいエピソードですね。

その子と友達経由でメールアドレスを交換して、写メールで写真を送ってもらったりしたそうです。そして、いざ池袋で待ち合わせをして「あの子かな?」と思う子が賀来さんに向かって歩いてきた時点で怖じ気づいてその場から逃げてしまったそうです。

どういう風に女の子と接していいかわからないあまり「俺には無理だ。」と思ったそうですが、これは大失態ですね。相手の子はさぞかしショックだったのではないでしょうか。でも緊張するあまり、キャパオーバーしちゃう感じは微笑ましいですし、賀来さんは男前なので、そういうことで困った経験がないのでは・・と思っていたので親近感が湧きました。

スポンサーリンク


賀来賢人の高校時代はチャラかった?

賀来賢人さんは、高校も内部進学で暁星高等学校に進みます。高校でも女っ気がない生活は続いていたようですが、ちょっとチャラい一面もあったようです。

髪も長くなり、見るからにはじけている感じがします。男子校とはいえ、お年頃で女の子と付き合ったり、話したい気持ちは賀来さんもあったようで、そんな時は他校の女子校の文化祭に出掛けていたと、バラエティ番組で話していました。

そして、ただ文化祭を楽しむだけでなく自分の名前と携帯番号を書いた紙をバラまいていたそうです。なかなかチャラいですね。しかし、電話がかかってくるのはそんなに多くはなかったそうです。賀来さんは異性を恋愛対象としてしか見られないようで、「女友達ってなんですか?」という衝撃の発言も番組内でしていました。

賀来さんは中学時代のエピソードといい、高校ではじけていたものの女性とどう接して良いのかわからない、恋愛に不器用なタイプのようですね。現在の配偶者の榮倉奈々さんは賀来さんのその不器用さを可愛らしく思い、榮倉さんの方がリードしてくれて恋愛に発展し、結婚したのかもしれませんね。

賀来賢人の出身大学は「青山学院大学」

賀来賢人さんは暁星高等学校を卒業後、青山学院大学の経営学部に進学します。偏差値60もあり、賀来さんは2007年に映画デビューを果たしているので、ちょうど大学進学前後の時期とかぶり多忙な中、受験を乗り越えてすごいな・・と思います。

賀来賢人は大学時代は「友達ができなかった」

賀来賢人さんは、大学でついに共学に行くことになりさぞかしモテて楽しいキャンパスライフを送っていたと思いきや・・大学では友達ができなかったそうです。

賀来さんは最初の学部ごとの合宿での自己紹介で、男子校ノリバリバリのウケを狙った挨拶をしたそうです。しかし、賀来さんの勢いに周囲は引いてしまい、自己紹介は失敗に終わった上、浮いた存在になってしまったそうです。そして、友達が全くできなかったそうです。

とはいえ、誰か賀来さんをフォローしたり、話しかけてくれても良さそうですし、可哀想ですよね。賀来さんは今まで学校でたくさん友達がいた状態に慣れていたので、大学で孤立してしまったことに戸惑い、授業が終わるとすぐ教室を出たり、電話するフリをして忙しそうにしたりしていたそうです。

当時はとても辛かったでしょうが、今はその体験について笑いをまじえて話せる賀来さんはとても強く、学生時代から俳優の仕事で鍛錬を重ねて実力を付け、今の自分に自信があるからこそ話せるのだろうな・・と思いました。

スポンサーリンク


賀来賢人の大学中退の理由は?

賀来賢人さんは大学を中退しています。ちょうど大学進学中にドラマに1年で8本出演していたりしたので、学業と仕事の両立が厳しくなったのではないでしょうか。

また、この時期は前項の友達ができなかったという悩みだけでなく、仕事についても悩みを抱えていたようです。「学生時代は夢も悩みもなくただバカやって毎日生きてきたのに、外の世界に出たら何もできなくて。そこから人見知りになりました。」とインタビューで話しており、かなり自信喪失していたそうです。

賀来さんは大学進学するくらい頭も良く、スポーツも万能だったそうです。付属校育ちで大きくなってから受験などで失敗することがなかった賀来さんにとって芸能界での挫折は大きかったのだと思います。

賀来賢人デビューのきっかけは賀来千香子

賀来賢人さんの芸能界デビューのきっかけは叔母である賀来千香子さんだそうです。

賀来賢人さんは当時、高校のバスケットボール部を引退し、やることがないな・・と思っていたそうです。そこに今のアミューズとは違う事務所からスカウトされました。それを両親に相談すると以前、賀来千香子さんの家族写真を見て今の事務所アミューズが賢人さんと連絡を取りたいと賀来千香子さん経由で名刺を受け取っているという話になったそうです。

そして、興味本位からアミューズに所属し、芸能界デビューしたそうです。賀来千香子さんも短大の時に雑誌のモデルとしてデビューし、所属事務所のテアトル・ド・ポッシュは佐藤浩市さんや三浦友和さんなどが所属するしっかりした事務所所属です。そのため、芸能界に精通する賀来千香子さんが賀来賢人さんの事務所選びもアドバイスして、現事務所に決めたのかもしれませんね。

スポンサーリンク


賀来賢人と賀来千香子を関係図で解説

賀来賢人さんと賀来千香子さんの関係は、このような図でみるとわかりやすいと思います。

賀来千香子さんのお兄さんの息子が賀来賢人さんという関係です。賀来賢人さんの祖父は旧富士銀行の取締役なのですね。生粋のお坊ちゃんであることがわかりますね。叔母の賀来千香子さんもお嬢様で両親も厳しく、1日8回も芸能事務所からスカウトされたそうですが、なかなかゆるしてもらえなかったそうです。

また、賀来賢人さんのお父さんも大企業「クレディセゾン」に勤めたあと、ちびまる子ちゃんの作者さくらももこさんのプロダクションで働いているそうです。さくらももこさんと賀来千香子さんは親友で、さくらさんの生前はよく食事したりしていたそうです。

賀来賢人さんはまさに「華麗なる一族」というような家柄で、なるべくして芸能人になったという感じがしますね。

賀来賢人と賀来千香子が共演

賀来賢人さんは2011年にドラマ「アスコーマーチ!~県立明日香工業高校行進曲~」で賀来千香子さんと共演しています。

賀来賢人さんは女装役ということもあり、賀来千香子さんとならぶと鼻筋や口元すごく似ていますね。女装する役だったので、共演の感想はただただ恥ずかしかったそうです。お2人はとても仲が良く、普段は仕事の話はせず、子どもや家族の話をしているそうです。

賀来賢人さんは、デビュー当時京都の太秦映画村に通っており爪が長いだけで怒られるなど毎日厳しい指導があったそうです。あるとき、あるスタッフから叔母である賀来千香子さんに「すごくお世話になったよ。」という話が出て、その話が広がってからスタッフの賀来賢人さんへの対応が優しくなったそうです。

賀来賢人さんは賀来千香子さんが結婚して実家を離れる5歳くらいまで一緒に暮らしていたこともあるので、第2の親のような感じで慕っているのでしょうね。

<h賀来賢人は青山学院大学を中退!友達ができなかった理由まとめ

賀来賢人さんの青山学院大学を中退について調べてみましたが、賀来さんは高校まで付属校の有名校に通っており、大学で友達ができなかった理由は自己紹介での失敗によるものでした。また、大学中退は、学業と芸能活動の両立が大変になったのが理由のようでした。

賀来さんは賀来千香子さんの甥であり、なにも挫折することなく芸能人として活躍してきたのだと思っていましたが、芸能界でも下積みも長くお金がなくて水道を止められたり、稽古場から電車代を節約するために歩いて帰ったこともあるそうです。

下積み時代に試行錯誤し、イケメン役だけでなくコメディもできる役者に成長したことが、今の賀来賢人さんの活躍につながっているのでしょう。放送中のドラマ「今日から俺は!!」でもキャストのメンバーで主題歌をバンドで歌ったり、コメディありアクションありと賀来さんの魅力を存分に味わえると思います!!

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク