米倉涼子は在日韓国人!?韓国語ペラペラの理由は?と話題になっています。視聴率女王と評される女優の米倉涼子さんは海外で作品に出演するなど活動の幅が広いです。そんな彼女は、韓国語がペラペラであり、在日韓国人ではないかとも噂されているようなので、真相に迫ります。

スポンサーリンク


米倉涼子プロフィール

氏名 米倉 涼子(よねくら りょうこ)
生年月日 1975年8月1日(43歳)
出生地 神奈川県
身長 168cm
血液型 B型
所属事務所 オスカープロモーション

女優の米倉涼子さんは、高校在学中に友達に勧められたことがきっかけで第6回全日本国民的美少女コンテストに参加し、審査員特別賞を受賞しました。翌年の1992年にはモデルとしてデビューし、ファッション雑誌「CanCan」などで活動しました。1999年には女優に転向し、ドラマ・映画で数多くの主演を演じました。アメリカニューヨークのブロードウェイで主演を務めた経験もある方です。

米倉涼子は在日韓国人?

米倉涼子さんは高身長でとてもクールな方であるというイメージがありますが、実は在日韓国人であると噂されていることを知り驚きました。

見た目や話し方から、米倉さんが在日韓国人である印象は全く受けませんが、この噂は本当なのでしょうか。米倉さんが在日韓国人であるかどうか検証していきます。

スポンサーリンク


米倉涼子が韓国人と言われる理由は?

米倉涼子さんが韓国人であると噂されている理由に、元SMAPの草彅剛さんとテレビ番組で共演したことが挙げられます。

草彅剛さんは、韓国語が流暢で韓国では「チョナンカン」名義で活動し、人気を博しました。米倉さんと草彅さんはテレビ番組にて、韓国語で会話されており、2人があまりに流暢な韓国語を話していたため、米倉さんの在日韓国人説に拍車がかかりました。草彅さんは純日本人ですが骨格は韓国人に似ている気がします。

また、米倉さんは韓国出身のモデル、ヨンアさんとも大変仲がよく、二人が会話するときはいつも韓国語を使うそうです。ヨンアさんは現在シンガポール在住で、米倉さんはよくヨンアさんに会いにシンガポールへ行くそうです。ヨンアさんに「米倉涼子は姉のような存在」 と言われるほど、米倉さんの韓国語は完璧ということでしょう。

米倉涼子が韓国語ペラペラの理由は?

米倉涼子さんが韓国語を完璧に話せるのはなぜでしょうか。勉強の賜物なのか、それとも噂通り在日韓国人だったのでしょうか。米倉さんが韓国語ペラペラの理由を明らかにしていきます。

韓国語ペラペラの理由①日韓共同ドラマ「ソナギ」出演

米倉涼子さんは2002年に日韓共同制作のドラマ「ソナギ~雨上がりの殺意」に出演しました。2002年といえば日韓ワールドカップが開催された年ですね。日韓共同制作となった「ソナギ」で米倉さんは、ソウルで兄を
殺害され犯人を探す妹を演じています。

 

ドラマは主に韓国で撮影され、主要キャストにも多くの韓国人がいたため、米倉さんのセリフの大半は韓国語だったようです。主演を演じた米倉さんは、ドラマの撮影を通じて韓国語をマスターしたのでしょうか。

韓国語ペラペラの理由②韓国親善大使就任

米倉涼子さんの韓国語がペラペラな理由に、韓国のために文化振興活動を行っていることが挙げられます。

米倉さんは2003年に韓国文化観光親善大使に任命され、韓国の魅力を日本で広報する活動をしていたようです。親善大使就任にあたり、当時の韓国大統領も米倉さんを表敬訪問していました。

米倉涼子さんの韓国語が流暢な理由は、ドラマに主演するだけでなく親善大使を務めるなど、韓国と関係のある仕事が多かったことだとわかりました。米倉さんが在日韓国人であるとの噂もありますが、観光親善大使は、日本国内で日本人によって韓国の魅力を発信してもらうためのものなので、米倉さんが在日韓国人である可能性は極めて低いでしょう。

米倉涼子さんの両親は純日本人なので、米倉涼子さんも純日本人ですが、米倉さんは、韓国語があまりに上手だったため、在日韓国人であるとの噂が広まっていたことがわかりました。見た目は全然韓国人っぽくないのに、在日韓国人であるとの噂が広まってしまったことに驚きました。

スポンサーリンク


米倉涼子は英語もペラペラ!?

米倉涼子さんは、韓国語だけでなく、英語もペラペラなようです。

 

米倉さんは、2003年にアカデミー作品賞を受賞した映画「CHICAGO」のブロードウェイ版で主役のロキシー役を務めました。流暢な英語を披露している様子が動画で確認できますね。

米倉涼子が英語ペラペラな理由は?

米倉涼子さんの母親は英会話教室を営んでいたため、米倉さんも幼少期から英語に親しみを覚えていたようです。米倉さんが英語を本格的に勉強し始めたのは、ブロードウェイ版「CHICAGO」に出演する2年前の2010年頃のようです。

米倉さんは、アメリカ国内での英語レッスンを受け、約2年でミュージカルの主演を務めるまでの英語力を身につけました。

「CHICAGO」の関係者によると、渡米前の米倉さんの英語は簡単な日常会話レベルだったそうです。米倉さんが短期間で英語をマスターできたのは、アメリカでレッスンを受けたことはもちろん、相当ハードにトレーニングをしたからでしょう。

米倉涼子はスペイン語もペラペラ?

米倉涼子さんは、韓国語・英語だけでなくスペイン語も流暢に話せるようです。母国語の日本語と合わせると4ヶ国語話せるなんて凄すぎます。バイリンガル、トリリンガルの次なのでフォリリンガル?と思いましたが、4ヶ国語以上話せる場合の特定な言葉はなく、マルチリンガル(多言語話者)と呼ぶようです。

https://twitter.com/teruteru790/status/1038037714476523530

米倉さんはテレビ番組「ぴったんこカン・カン」で、飲食店の店員さんにスペイン語で話しかけている様子が話題となりました。情熱言語と言われるラテン言語のスペイン語も話せるなんてかっこいいですね。

スポンサーリンク


米倉涼子のスペイン語ペラペラは安住アナのおかげ?

米倉涼子がスペイン語を話せる理由は安住アナウンサーがMCを務める「ぴったんこカン・カン」のおかげのようです。安住アナは同番組で米倉さんと何度も共演しています。二人がスペインについて話していたことがきっかけで、番組のロケでスペインを訪問することが決定しました。

https://twitter.com/yr_love_0801/status/979699248257163264

米倉さんは情熱溢れる雰囲気をお持ちなので、スペイン人の基質と似ている気がします。それにしても、米倉さんの一言でスペイン旅が本当に決まってしまうなんて米倉さんの影響力は凄いですね。

「ぴったんこカン・カン」で安住アナと米倉さんはスペイン語学学校を訪れました。その後、米倉さんは4ヶ月間スペイン語を猛勉強し、実際にスペインを訪れた際には通訳なしでホームステイ先の家族と会話をしていたそうです。4ヶ月でスペイン語の日常会話をマスターした米倉さんは、語学の達人と言っていいでしょう。

米倉涼子と安住紳一郎アナの関係は?

番組で何度も共演している米倉涼子さんと安住紳一郎アナは、とても仲が良く、カメラが回っていないところでも会話が絶えないそうです。

番組のロケでスペイン旅に行ったこともあり、「恋仲」なのではという噂や、「結婚すればいいのに」と言われることもあるそうです。二人とも交際関係は否定していて、お互いにとって家族のような存在だそうです。活発でポジティブな米倉さんとネガティブな安住アナは相性ピッタリだと思います。

米倉涼子は在日韓国人!?韓国語ペラペラの理由まとめ

今回は、女優の米倉涼子さんが在日韓国人である噂について検証しました。米倉さんの在日韓国人説の発端は、米倉さんが流暢な韓国語を話すことや、韓国文化観光親善大使を務めていたことでしたが、韓国語は2002年に放送された日韓共同制作ドラマ「ソナギ」に主演する際に勉強したのであり、在日韓国人ではないことが明らかになっています。

米倉さんは韓国語以外にもスペイン語・英語がペラペラであり、その全ては言語レッスンで習得していて、勉強熱心であることもわかりました。ドラマでは韓国語を使いこなし、ミュージカルでは美しい英語を披露し、国外での活動を広げる米倉さんの今後の活躍にも注目していきます。

スポンサーリンク


◆トピアンサー<リンクユニット記事下>

スポンサーリンク