伊藤健太郎(俳優)の出演ドラマ!キスシーンも話題!と注目を集めています。今秋ドラマ「今日から俺は!!」に出演中の俳優の伊藤健太郎さん。今回は伊藤さんの今までの出演作品や番組の紹介、ブレイクのきっかけとなったドラマのキスシーンについてもお伝えします。

スポンサーリンク


伊藤健太郎プロフィール

本名   伊藤 健太郎(いとう けんたろう)
生年月日 1997年6月30日
出身   東京都
所属事務所 aoao
好きな食べ物 豚の生姜焼き
仲が良い俳優 北村匠海、太賀

伊藤健太郎芸能界デビューのきっかけは?

俳優の伊藤健太郎さんは14歳の時に知人の紹介でモデル事務所に所属しました。当時は自分が芸能界に入れるなどと伊藤さん自身は思っておらず、話だけ聞きに行ってみようという軽い気持ちだったそうです。

雑誌「MEN’S NON-NO」や「smart」などの有名雑誌でも活躍し、伊藤さんもモデルの仕事に打ち込んで行きました。そして、事務所から「オーディションを受けてみないか。」と言われ、蜷川幸雄監督の舞台のオーディションを軽い気持ちで受けたところ、周囲の同世代の役者はしっかり準備をして役を勝ち取るという意識で臨んでいる姿を見て圧倒されたそうです。

オーディションには落ちてしまいましたが、悔しさともっと役者をやってみたいという気持ちを強くし、その後ドラマや映画など作品数を増やしていき、現在も活躍の場を広げています。

伊藤さんは、モデルとして順調に活躍していたので、俳優のオーディションでつまずいたのが初めての挫折だったのかもしれません。そこから、もうモデル一本でいいや・・とならず負けん気を持って、役者の仕事に挑戦したのが伊藤さんの転機となったのですね。

伊藤健太郎の改名の理由は?

伊藤健太郎さんは2018年の21歳の誕生日に「健太郎」名義から、本名の「伊藤健太郎」に改名しています。

伊藤さんは「これから役者として一生やっていくと決めた時に、20歳までで一区切りという意味でも伊藤という本名を付けることにしました。」と取材で話していました。また、以前から改名を考えていた中でこの秋のドラマ「今日から俺は!!」で伊藤真司という名字が同じ役を演じることが決まったことにも運命的なものを感じ、改名の後押しになったようです。

伊藤さんは、「今日から俺は!!」でコメディの奇才こと福田雄一監督のもとコメディ初挑戦となるので、改名とともにターニングポイントとなる作品になる予感がしますね。まだ若いのに、自分でこの仕事を続けていくといく気持ちを固めている伊藤さんはプロ意識が高く、ますます注目を集めていくのではないかと思います。

スポンサーリンク


伊藤健太郎の本名の意味が深い?

伊藤健太郎さん(俳優)の「健太郎」という名前はお母さんが名付けたそうです。「健」は高倉健さんから、「太」は菅原文太さん、「郎」は石原裕次郎さんと昭和の名俳優から名前を取って名付けたそうです。

特に俳優や芸能人になってほしいと思って名付けたつもりはなかったそうですが、実際俳優になり、節目の時期に本名で活動することを決めたのを聞いてお母さんは感慨深かったでしょうね。

伊藤さんは黒髪が似合い、男らしいタイプの男性なので、由来となった名俳優の方々のようにこれから大作に出演し、年齢が重ねても活躍できるようなスターに成長していってほしいですね。

伊藤健太郎(2014年)「昼顔」で俳優デビュー

伊藤健太郎さんは、2014年ドラマ「昼顔」で俳優デビューを果たします。

「昼顔」では、斎藤工さん演じる北野の教え子で、木下啓太という高校生役を演じました。
伊藤さんは前述したようにオーディションに落ちた後、奮起したもののなかなか芝居のおもしろさがわからずにいたそうです。しかし、「昼顔」はなんと8回も選考があり、それに取り組む過程で、演技をするということが自分の中に引っかかり当時すでに決定していた渡米の予定を白紙に戻してドラマに挑んだそうです。

結果的にドラマは話題になり社会現象とまで言われました。伊藤さんの北野先生の恋愛観、夫婦観をゆさぶるような反抗的な生徒像は視聴者の注目を浴び、その後の他作品のキャスティングにつながっていったようです。「昼顔」に初出演ながら俳優としての爪痕を残し、その後の活躍につなげていった伊藤さんはチャンスを物にできる瞬発力の持ち主と言えそうですね。

伊藤健太郎「昼顔」のキスシーン

俳優の伊藤健太郎さんは「昼顔」のキスシーンでも話題になりました。なかなか情熱的なキスシーンですね。キスシーンの相手を務めたのは田中日奈子さんです。

 

2人はドラマ「仰げば尊し」でも共演していますが、昼顔では2人ともドラマ初出演同士だったそうです。田中さんは雑誌ニコラ出身のモデルさんなので、同じくモデル出身の伊藤さんとわかりあえる部分も多かったのかもしれません。

キスシーンの撮影当時は、現場がピリッとしていて伊藤さん自身もキスシーンが初めてだったから余裕がなかったそうです。とにかく現場の雰囲気が悪くならないように、どうしたらスムーズにこのシーンを終わらせられるかそれだけを考えて演じていたとインタビューで話していました。

実際のキスシーンを見ると、初めてのドラマとは思えないほど堂々としていて、追い詰められた環境でめいっぱい演技した体当たりの感じが等身大の高校生の切実さを表現していて良かったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク


伊藤健太郎は「昼顔」がファーストキスじゃない!?

俳優の伊藤健太郎さんは、「A-STADIO」に出演した際に、MCの鶴瓶さんから「昼顔」でのキスシーンについてツッこまれていました。
昼顔の撮影時、17歳だったことに鶴瓶さんは驚き、「そんならキスは、日常的にはしていないやろ?、まだ、何にも知らんときやろ。」とたたみかけられ、伊藤さんは「いや、反応がちょっと。」などとはぐらかしていました。

伊藤さんは、ドラマ「アシガール」での若君役で年配の女性ファンが多くなったそうなので、役柄のイメージを崩さないよう女性関係の話はうまくかわしていました。伊藤さんは学生時代からモデルをしていて、体育祭では応援団長を務めるなど、目立った存在だったので人気もあり、モテモテで彼女もいたのかもしれませんね。

伊藤健太郎「トラジットガールズ」(2015年)

2015年にドラマ「トラジットガールズ」に伊藤健太郎さんは出演しています。このドラマは「テラスハウス」の制作陣が手がけたことと、連続ドラマ史上初の「ガールズラブ」を取り上げたドラマとして大変話題になりました。

伊藤さんは伊藤沙莉さん演じる小百合の幼なじみの直を演じました。直は小百合に思いを寄せる役で、小百合は義理の姉のゆいに惹かれていくのでなかなか難しい役どころだったと思います。しかし、劇中の伊藤さんはこういう男の子同級生にいたかもな・・と思わせるリアルな高校生像を演じています。また、小百合と戯れるシーンなどは、ファンはこんな幼なじみ欲しい!と大興奮だったようです。

伊藤健太郎(2016年)「テラスハウス」出演?

伊藤健太郎さんは「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」のスタジオメンバーでした。

https://twitter.com/NonTyamu_/status/778213675601539072

https://twitter.com/VvGrbv/status/869223698770780161

伊藤さんの役柄ではない一面を見ることができて嬉しいという反響があった反面、あまりしゃべらないことを気にする意見もありました。しかし、きちんとメンバーの人間関係を把握し、互いに夢を追うメンバー同士が言い合う場面に意見したり、恋愛で牽制し合う女性メンバーの発言に憤るなど自分の意見をしっかり言っていたようです。

伊藤さんの素の姿を垣間見られる貴重な番組でした。最近では月1のオールナイトニッポンでラジオをやっているので、そちらで伊藤さんのプライベートが感じられるかもしれません。

伊藤健太郎(2016年)PV「SNOW SMILE」出演

伊藤健太郎さんは2016年に清水翔太さんのPV「SNOW SMILE」に出演しています。

 

小松奈々さんと共演しており、ミュージカル風のPVがとてもかわいいですよね。2人ともモデル出身なのでスタイルも良くお似合いのカップルのように見えます。

ダンスを踊ったり、動作や場面展開が多い作品なので撮影が大変だったのかもしれませんが、伊藤さんは細かい表情の変化を演じるのがとても上手だなと思いました。

スポンサーリンク


伊藤健太郎(2017年)「アシガール」

俳優の伊藤健太郎さんは、2017年にドラマ「アシガール」に出演しています。走ることが得意な女子高生唯が弟の作ったタイムマシンで戦国時代にタイムスリップし足軽隊に入るという話です。伊藤さんは唯が一目惚れする戦国大名の若君、忠清を演じています。

「アシガール」といえば、」このキスシーン、というかキス未遂シーンが話題になりましたね。唯の方がこっそり寝ている若君にキスをしようとしたら、起きてしまい逆にプロポーズされ、今度は若君の方から・・というドキドキの展開です。

若君は領主として民衆に優しく、唯に対しても一途で絵に描いたような好青年だったので幅広い層のファンを増やしたそうです。

伊藤健太郎(2017年)「デメキン」で映画初主演

伊藤健太郎さんは2017年に映画「デメキン」で俳優として初主演を務めました。この作品はお笑い芸人「バッドボーイズ」の佐田正樹さんの自伝小説を映画化したものです。

かなり激しい喧嘩のシーンもありますね。佐藤プロデューサーは、佐田さんから感じる無邪気さや豪快さ、骨太なイメージを演じられる主役を探していたところ、伊藤さんの演技を見て魅力を感じ、「骨太で男らしさもあり、なおかつイケメン。」とピンときたそうです。

現場では相棒の厚成役の山田裕貴さんがムードメーカーになってくれたり、演技の面でも引っ張ってくれたそうです。普通の若者だった伊藤さんが「デメキン」という作品を通じてかっこいい不良に見えるようになっていったというその変化のかっこよさを感じることができる作品です。主役という重責を担うことで、伊藤さんとしても思い出深い作品になったのかもしれません。

伊藤健太郎「コーヒーが冷めないうちに」(2018年)

伊藤健太郎さんは2018年「コーヒーが冷めないうちに」に出演しています。有村架純さん演じる時田数が従兄と切り盛りする喫茶店は、望んだとおりの時間に戻れる席があり、その噂を聞きつけた色々な事情を抱えた客が訪れるというストーリーです。伊藤さんは数に次第に惹かれていく常連客の大学生を演じています。

伊藤さんは有村さんに21歳なのにとても落ち着いていて、びっくりされたそうです。しかも、落ち着いた雰囲気ながら等身大な部分があり周囲からいじられたりして監督やスタッフからも愛されていたそうです。また、共演者の松重豊さんの演技や脚本のエピソードに考えさせられたり、とても勉強になる作品だったようです。

伊藤健太郎「今日から俺は!」(2018年)

伊藤健太郎さんは、この秋のドラマ「今日から俺は!!」で伊藤真司という硬派なヤンキーの役を演じています。

伊藤さんの髪型もかなり個性的ですね。伊藤さんは硬派で男らしい、でも彼女の京子にはデレデレ・・という役なのでそのギャップでまたファンが増えるかもしれませんね。

https://twitter.com/love_9602zombie/status/1052194553531228161

伊藤さんは改名するきっかけとなった作品ですし、このドラマは福田雄一監督なので、スペシャルゲストも小栗旬さんや山田孝之さん、堤真一さんなどなど・・と豪華ですし、敵役もゲストとして城田優さんや中村倫也さんなど今まで福田組を彩ってきた匆々たる面々と演技することになりました。

話題性も抜群ですし、これからはあの「今日から俺は!!」の賀来さん、伊藤さんと呼ばれたり、役名で親しまれる機会も増えるヒット作になるのではないかと思います。

スポンサーリンク


伊藤健太郎(俳優)の出演ドラマや映画は?キスシーンまとめ

今回は俳優の伊藤健太郎さんの代表的なドラマや映画を振り返ってみました。また「昼顔」でのキスシーンも衝撃的でした。

伊藤さんのチャンスを確実にする能力を感じたり、その時々で振れ幅が大きい役を演じて、多彩な役柄を演じる技量を高めてきていることがわかりました。本名に改名し、新しいドラマもヒットしそうな伊藤さん。これからますます成長し、学生だけではなく大人の恋愛や仕事についての作品にも挑戦してほしいです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク