新木優子さんの出身大学は、恵泉女学園大は嘘?フェリス女学院が有力! と話題になっています。現在、女優としてご活躍の新木優子さん。才女のイメージのある彼女の経歴や出身大学には、関心が集まります。恵泉女学園大での目撃談やフェリス女学院卒業説など、情報が錯綜しているため真相についてこちらでお送りしていきます。

スポンサーリンク


新木優子プロフィール

氏名      新木優子(あらきゆうこ)
生年月日   1993年12月15日
出生地     東京都
職業      ファッションモデル・女優
身長      165cm
血液型    A型
所属事務所 スターダストプロモーション

新木優子の芸能界デビューのきっかけは?

新木優子さんは、小学5年生の時、原宿の竹下通りでお買い物中にスカウトされて、現在の事務所に入っています。当時から、他の小学生とは違う、目を惹くオーラがあったのでしょうね。しかし、新木優子さんは現在の清楚なイメージとは異なり、子供の頃は、かなり活発で天真爛漫な女の子だったそうです。

そんな彼女が女優デビューを果たしたのは、2008年5月に渋谷ユーロスペース限定で上映された映画「錨を投げろ」でした。新木優子さんは、子役ではなく、既に中学3年生になっていたようです。主演ではありましたが、東京藝術大学大学院映像研究科・映画専攻生の修了作品という映画であったため、あまり話題性はなったようです。

初めてのテレビドラマへの出演となった「リアル・クローズ」(2009年11月放送)では、残念なことに「キャスト」として名前も残ってはいませんでした。スカウトされてからの数年間は、レッスンやオーディションを受けては落ちるという下積み時代を送っていたのかもしれませんね。

やはり、あの「ゼクシィ」のCMが、新木優子さんの存在を世に知らしめたと言っても過言ではないでしょう。新木優子さんのウエディング姿、老若男女を問わず、胸がキュンとなったのではないでしょうか?そして、「ゼクシィ」のCMガールに選ばれることが、若手女優・モデルたちの“出世への道”ということを、改めて証明した新木優子さんでした!

新木優子の中学生時代!「太陽のにほひ」CM出演!

新木優子さんは、中学生の頃に、森山直太朗さんの「太陽のにほひ」のプロモーションビデオに出演しています。膝を抱えて、目を閉じている横顔は、もはや“少女”ではなく“女性”といった趣きを感じます。既に、“新木優子”は仕上がっていますね!

ちなみに、このPV出演を機に、GReeeeNやケツメイシなど、数々のミュージシャンのPV出演を果たしています。

「太陽のにほひ」は、アサヒビールの「アサヒスタイルフリー」のCMソングであり、シンガーの森山直太朗さんもCMキャラクターでした。当時、中学生の新木優子さんがお酒のCMキャラクターになることは出来ませんので、女性は、吹石一恵さんでした。

この時、未成年でなかったら、もしかしたら、新木優子さんがCMキャラクターとして大ブレークしていたかもしれませんね!新木優子さんと飲むビール、美味しそうです!

スポンサーリンク


新木優子のドコモCMが可愛い!

新木優子さんの可愛さを印象付けたのは、2011年、NTTdocomo「応援学割」のCMでしょう。初々しい制服姿で染谷将太さんと高校生役で出演されていました。この時、高校3年生ですから、リアルJKでした!

 

新木優子さんみたいな可愛い同級生が居たら、ひっぱたかれるのを覚悟で告白したくなりますね!

新木優子の高校や偏差値は?

新木優子さん、現実での高校生活はどうだったのでしょうか?小・中学校時代を神奈川県で育った新木優子さんは、地元の神奈川県立霧が丘高校へ進学されました。偏差値49(2018年度)ですので、中の上くらいでしょうか。校則は、若干“ゆるめ”とのことで、学生からは高評価です! この学校は、男女共学校なので、docomoのCMみたいなこともあったかもしれませんね。

高校時代は、奇しくも芸能活動は、それ程の忙しさではなかったようですが、高校生活を満喫できていたのでしょうか? 中学生の頃は、吹奏楽部でトランペットを担当していたという新木優子さんですが、高校ではハンドボール部のマネージャーをしていました。表舞台で活躍する仕事をしながら、運動部のマネージャーという裏方も経験していたのですね。

『誰かを一生懸命に応援すること』や『笑顔にすること』の大切さを学んだそうです。現在では、多くの人達に応援される立場の新木優子さんですが、支える側の気持ちを知っているからこそ、常に前向きな姿勢で仕事に取り組む姿を見せてくれるのかもしれません。

新木優子の大学は恵泉女学園は本当?

新木優子さんは、高校生としては充実した毎日を送っていたようですが、所属事務所のレッスンと大学受験に向けての勉強もこなしていたのですから、相当の頑張り屋さんですね。自分をとことん追い込む努力家か…と思いきや、実はそうでもないようです。

ノルマを決めずに、『その時にやりたいこと、やれることをやる』、『休みたいと思ったら、迷わず遊ぶ』という“本能のまま”に取り組むスタンスだそうです。怠け者というわけではなく、“一つのことをやり出したら、納得いくまでやりきるタイプ”だそうで、“納得いくまで遊んだら、納得いくまで勉強”といったように、切り替え上手なのですね。小学5年生で決断した芸能活動を、長年、地道に続けて来れたのは、こうした“本能のまま”に取り組んできたからなのでしょう。

大学へ進学された新木優子さんですが、2016年3月に無事にご卒業されています。新木優子さんが通っていた大学が、「恵泉女学園大学」という噂がありました。『Wikipedia』に、「恵泉女学園大学」という情報が掲載されたことが原因だったようです。この情報は、誤りであったようで、現在は、削除されています。

「恵泉女学園」は、中学・高等学校もある私立のキリスト系の大学です。清楚な印象の新木優子さんには、お似合いの大学イメージではありますね。

新木優子の大学はフェリス女学院大学が有力!

新木優子さんが、「ゼクシィ」8代目CMガールに選ばれた時の「NEWS ポストセブン」の記事に、「現在、フェリス女学院大学に通いながら、芸能の仕事と両立している」という情報が掲載されていました。新木優子さんの出身大学が、「フェリス女学院大学」という説がかなり、有力です!
「フェリス女学院大学」と言えば、女優であり、『non-no』のレギュラーモデルであった、桐谷美玲さんが卒業されています。

新木優子さんは、大学在籍中に、雑誌『non-no』の専属モデルに起用されています。身長は、165cmと、モデルとしては少し小さいように思えますが、それをカバーするだけの実力がありますね。女優としても活動している新木優子さんは、表現力は豊かですし、綺麗だけじゃない、チャーミングな笑顔も魅力的です。
新木優子さんは、誌面以外でも、「東京ガールズコレクション」「ガールズアワード」のステージで、モデルとしての地位をしっかりと確立していきました。

新木優子さんの映画やドラマへの出演が、徐々に増えてきたのも、この頃でした。2016-2017年に放映、放送された作品は、大学時代に撮影されていたはずです。かなり、多忙な大学生活を送られていた新木優子さんですが、“本能のまま”に乗り越えてこられたのでしょうね。

スポンサーリンク


新木優子は韓国人ハーフ?

新木優子さん、その美しさから「ハーフでは?」という噂もあるようです。そう言われてみると、何となく日本人離れしたお顔立ちに見てきますね。

しかし、特に彫りが深いとか目の色が茶色いわけではないので、ハーフだとしても、アジア系でしょうか? 新木優子さんの行動から推測されたのが、「韓国人ハーフ」なのでは…という噂です。

新木優子さんは、韓国旅行に度々、行かれているようです。ツイッターなどにアップされた韓国での写真を拝見すると、確かに、韓流的美人に見えてきます!

でも、このことだけで、「韓国人ハーフ」と言えるでしょうか?
韓国は最新のおしゃれな洋服やグッズをリーズナブルに買い物できるため、ファッションや流行に敏感な女子には、人気の旅行先です。スイーツやグルメも充実していて、短期滞在では満喫出来ず、リピート率も高いそうです。新木優子さんが、何度も訪れていても不思議ではありませんね!

 

https://twitter.com/M08Choco/status/818084338843590656

新木優子さんは、東京都で生まれ、神奈川県で育っています。当然、ご両親も神奈川県の方でしょう。では、何故、新木優子さんが「韓国人ハーフ」と言われているのでしょう…。

実は、新木優子さんの「韓国人ハーフ」説は、小学生の頃のあだ名に理由がありそうです。
「ゆんぴょ」
「こりん」
これが、新木優子さんのあだ名だったそうです。どちらも、「ゆうこりん」から変形して呼ばれるようになったとのことですが、ちょっと、韓国人のお名前の響きに似ていますね。小・中学校の同級生は現在でもこのあだ名で呼ぶそうです。このことから、韓国の名前を持っていると思われたのではないでしょうか?ちなみに、「優子」はご本名です!

スポンサーリンク


新木優子の性格は男勝りで負けず嫌い?

新木優子さん、今でこそ、華々しい活躍をされていますが、スカウトされてからの数年間は、仕事に恵まれずにいた時期もありました。この頃、一緒にレッスンを受けていたのが、同じ事務所に所属する、「ももクロ」メンバーだったそうです。

「ももクロ」も、まだメジャーデビュー前で、ダンスが苦手な新木優子さんのために、個人的にレッスンをしてくれたり、支えてくれた仲間であったのです。新木優子さんは、路上ライブをしていた頃からの「ももクロ」ファンでもあるそうです。

2010年に「ももクロ」がメジャーデビューをすると、一気にトップアイドルの座に駆け上がりました。デビューの翌年には、日本武道館でのコンサートを成功させ、NHK『紅白歌合戦』にも出場しました。

一方、新木優子さんは、仕事のない日々を送っており、完全に出遅れた感を感じていたそうです。事務所も、「ももクロ」モードに活気づいていたらしく、多感なお年頃だった新木優子さんにとっては、「ももクロ」が売れることで、寂しさと劣等感を抱いていたとしても、不思議ではありません。

「ももクロ」に嫉妬していた…と言いつつも、その気持ちを自分自身の糧にしてきた新木優子さんの負けず嫌いで男勝りな性格がわかりますね! ちなみに、現在の新木優子さんの活躍ぶりに対して、「ももクロ」のメンバーは、「ゼクシィやりたい ヒールを履いて気取りたい」と、逆に羨ましく思っているそうです。

ところで、あの「ももクロ」のダンスが踊れる程のレッスンを、新木優子さんも受けていたということですよね。ダンスは苦手とはいえ、アクションシーンなどでは、身体能力の高さを見せてくれていますので、ダンスも期待大ですね!

新木優子の大学は恵泉女学園大は嘘?フェリス女学院が有力!まとめ

新木優子さんの可愛らしい笑顔のウラには、苦労や挫折があり、それを乗り越えてきた芯の強さがあることがわかりました。新木優子さんには、実しやかな噂も多く、そこがまた神秘的な彼女の魅力でもあります。
なお、出身大学について、2018年現在の「フェリス女学院大学」の『Wikipedia』、『人物一覧』に、桐谷美玲さんと並び、新木優子さんのお名前があります。このことからも、「フェリス女学院」説の信ぴょう性が高いですね。「恵泉女学園大」での目撃情報もありますが、新木優子さんと見間違うほどの美女が在籍していたのかもしれません!
新木優子さんの座右の銘は、「過去は運命 未来は可能性」だそうです。この言葉の通り、女優、モデルとしての新木優子さんは、未来の可能性へ向けて、歩み続けています!今後の新木優子さんの活躍に期待しかありません!

スポンサーリンク


スポンサーリンク