岡田健史の本名は?高校時代のイケメン画像がヤバイ!と話題になっています。今秋のドラマ「中学聖日記」に出演が決まり注目を集めている岡田健史さん。今回はそんな岡田さんの本名や高校時代の画像、部活やめちゃくちゃモテたというエピソードなどに迫っていこうと思います。

スポンサーリンク


岡田健史プロフィール

芸名   岡田 健史(おかだ けんし)
生年月日 1999年5月12日
出身   福岡県
所属事務所 スイートパワー
特技   野球
趣味   筋トレ

岡田健史のデビューのきっかけは?

 

岡田さんは中学1年の冬、現事務所にスカウトされました。しかし、当時は野球一筋で気にも留めなかったそうです。しかし、高校に進学し、野球部引退後に演劇部の助っ人を頼まれ、演劇の県大会に出場します。そこで特攻隊員の役を演じたことで、演技の魅力に気がつき野球から演技の方に気持ちが動いたそうです。

両親からは俳優の道に進むことを反対されたものの、「俺の人生だ!」と説得し事務所の5年超しのアプローチに応える形になりました。事務所側も5年も待ち続けるなんて凄く光るものを岡田さんに感じていたのでしょうね。

岡田健史の本名は?

岡田健史さんという名前を聞くと本名かな?と思いますが、実は芸名です。本名は、「水上恒司」だそうです。学生時代から野球部のキャッチャーで格好良い子がいると話題になっていたそうです。

たしかに、180cmの長身でスポーツマン、そしてかっこよかったら、スカウトされるのも当然という感じがします。本名で活動するのも潔い感じがしますが、実生活では色々と面倒なことも多いでしょうし、仕事と実生活のメリハリが付けられて良い部分も多いのでしょうね。

スポンサーリンク


岡田健史の所属事務所「スイートパワー」は全員芸名?

岡田健史さんの所属事務所「スイートパワー」は本名を使用することはなく全員芸名なのではないかと言われています。
例えば、同じ事務所の桐谷美玲さんも芸名で、本名は「松岡さや紗」というそうですが、公式プロフィールでは、本名は公開されず秘密ということになっています。

また、黒木メイサさんも同様に「島袋さつき(結婚後 赤西さつき)」というのが本名です。2人共本名も素敵な名前ですが、芸名は本人のルックスなどと合っていて、事務所の命名のうまさを感じます。高杉真宙さんは本名だという噂もありますが、やはり名前に対しては公式な情報は秘密になっており、事務所の方針として基本的には芸名を勧めているのではないかと言われています。

芸能人はやはり名前が本人の看板になるので重要ですね。最近はキラキラネームなどで一般人の方がびっくりするような名前であることも多いですが、岡田健史さんという芸名も先輩の桐谷さんや黒木さん同様に覚えやすく、岡田さんの力強く、男らしい雰囲気に合っていて素敵な芸名だと思います。

岡田健史の家族は芸能界入りを反対してた?

デビューの項でもふれましたが、岡田健史さんはスカウトから実際に事務所に所属するまで5年かかっています。岡田さんは地元の福岡県を離れ、長崎の野球強豪校に進学しており、野球にかなり打ち込んでいたそうです。

ご両親もこのまま大学に進学、もしくは地元で就職などと考えていたのではないでしょうか?高校3年の時に転機があったとはいえ、スカウトを受けても今までずっと興味を持たなかったのに急に芸能界に入ると言い始めて両親もびっくりしたのでしょうね。

演劇部の県大会でも岡田さんが名指しで評価されたことや、事務所が桐谷美玲さんなどをかかえるしっかりした事務所なこと、また岡田さんが自分のことは自分で決めたいという強い決意でご両親も納得したのかもしれません。今回のドラマで有村架純さんの相手役に選ばれたと知り、ご両親もさぞかし喜んでいるのではないでしょうか。

岡田健史出身高校はどこ?

岡田健史さんの出身高校は、長崎県諫早市にある「創成舘高校」です。2018年も春夏と甲子園出場を果たし、野球部用の男子寮や、離島出身者や部活動に打ち込む生徒のための女子寮を完備している学校です。岡田さんも福岡県から通っていたとのことなので、寮出身なのかもしれませんね。

岡田さんは、地元の福岡から離れてまで野球に打ち込み、そこからまた新しい「俳優」の夢を追って上京しドラマの2番手役をゲットしています。ドラマの役柄も「まだ恋を知らない」という純粋な役なので、良い意味で洗練されすぎてない岡田さんの無骨な感じが役柄にマッチしそうで期待大ですね。

岡田健史は高校時代の野球部画像!

岡田健史さんは、高校時代は野球部で捕手を務めていました。180cmでイケメンとなれば、周りはかなり注目していたようで、その頃の画像が残っていました。

投球している横顔が凜々しいですし、全体の写真は小顔でスタイルがいいですね。

正面から見ると美形なのが良くわかります。ユニフォームを着ているからか市原隼人さんに似ているように思います。現在はドラマのために、髪型も長くなりかなり印象が違いますが、ゆくゆくはスポーツ選手の役などワイルドな岡田さんも見てみたいな・・と思ってしまいます。

スポンサーリンク


岡田健史の出身・創成館高校の校長も有名人

岡田健史さんの出身、創成舘高校は校長先生も有名人だそうです。創成舘高校は、10年ほど前は荒れていて偏差値も低かったそうですが、校長先生の自ら歌って踊って盛り上げる姿勢で、いまや人気校へと生まれ変わったと言われています。

生徒がバッグで演奏しているところが素敵ですね。先生もノリがよくオーディエンスの生徒からも歓声が飛んでいます。

こちらは甲子園の応援に校長自ら出向いて応援しています。こういう個性的で生徒の自主性に理解のある校長先生がいる学校で育った岡田健史さん。校長先生が語る「遊ぶときは遊ぶ、やるときはやる。」というモットーは岡田さんら生徒に受け継がれ、俳優という夢に挑戦するのを後押ししてくれたのかもしれませんね。

岡田健史は野球部引退後に演劇部で全国大会出場してた

岡田健史さんは野球部を引退後、演劇部に助っ人として参加して、なんと全国大会に出場したそうです。

 

まだあどけない表情ですね。劇の内容は長崎の高校ということもあり、原爆という題材を扱っており内容もシリアスなもののようです。岡田さんは、舞台で演じたことについて、「感じたことがないほど気持ち良かった。」と話しており、今回のドラマ以降、舞台でのお芝居も増えていくのかもしれません。

岡田健史のモテエピソード

岡田さんはその高身長とルックスの良さで、大変モテたそうです。高校は共学なので、モテない方がおかしいくらいですね。卒業式は制服のボタンがすべてなくなり、5人から同時に告白されることもあったそうです。もしかしたら、高校時代は彼女がいたのかもしれませんね。

岡田健史の身長や体重は?役作りで10キロ減量!

岡田健史さんは、身長180cm、56kgとかなり細身ですね。元々野球部出身で、筋トレが趣味とのことなのでかなりガッチリした体格でしたが、デビューにあたってモデル体型を目指してダイエットし、10kg絞ったそうです。

中学生を演じることもあり、線が細く見えるように減量したのでしょう。髪も運動部時代より伸びているので印象がかなり違いますね。ちょっと永山絢斗さんにも通じる、見た目の繊細さと、内面の意志の強さとのアンバランスさが今の岡田さんの魅力になっているように思います。

スポンサーリンク


岡田健史の出演ドラマ「中学聖日記」役柄と見所は?

岡田健史さんは、今秋のドラマ「中学聖日記」で有村架純さんの相手役を務めます。

中学3年生で内向的で繊細な性格の「黒岩晶」という役を演じます。有村さん演じる担任の末永聖との純愛ラブストーリーだそうですが、末永には婚約者がいたり、その婚約者をねらう相手や、黒岩にも想いを寄せるクラスメイトがいたりと恋は波乱を極めそうです。

岡田さんが初恋に戸惑い、しかしストレートに感情をぶつけていくまっすぐな演技が見所ですね。また、黒岩は母子家庭なのですが、道ならぬ恋にはまっていくことで良好だった親子関係に亀裂が入るそうで、母親と恋愛で引き裂かれていく複雑な感情を岡田さんがどう表現するのかが注目されそうです。

岡田健史の本名は?高校時代のイケメン画像まとめ

岡田健史さんの本名について調べましたが、岡田さんは芸名で実際の本名は「水上恒司」でした。また高校時代は野球に演劇にと打ち込み大活躍でした。野球部時代はたくましい印象で、今とまた違うワイルド系イケメンでした。

今秋のドラマでは学生時代から一転、繊細な役柄を演じるので友達や両親はびっくりするかもしれません。若手俳優の売れる条件である「高身長」をクリアしており、これから様々な表情や活躍を見せてくれそうな岡田さん。ドラマのヒットと、これからの活躍をお祈りしています!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク