林遣都がチワワ説の理由は?ドラマで読んでた本も話題!と、注目が集まっています。林遣都さんといえばドラマ「おっさんずラブ」での牧遼太役で話題になりましたね。今回は、林さんがチワワに似ていると言われたエピソードやドラマ内で読んでいた本についても紹介します。

スポンサーリンク


林遣都プロフィール

本名   林 遣都(はやし けんと)
生年月日 1990年12月6日
出身   滋賀県大津市
所属事務所 スターダストプロモーション
特技    書道
趣味    野球

林遣都のデビューのきっかけは?

林遣都さんのデビューのきっかけは中学3年生の時に修学旅行で訪れた渋谷駅、しかもホームでスカウトされたそうです。その時、林さんはグループ行動中で、何が起こったのか意味をよく理解できず、とりあえずグループ行動をちゃんとやろうなどと思ったそうです。当時の林さんの画像はこちらです!

爽やかな美少年って感じですね。しかも、今の林さんのような男っぽさもありスカウトされるのも納得です。その後、学生向け雑誌「ラブベリー」でモデル活動を開始します。

当時は思春期まっただ中で、1人で東京と地元を往復する生活は林さんにとっては気乗りしないものだったそうです。修学旅行中に渋谷駅でスカウトされるなんて、ちょっとドッキリみたいなエピソードですね。そこでクールに対応するのも林さんらしい気がします。

林遣都が「バッテリー」でデビュー

2007年に映画「バッテリー」で林遣都さんは俳優デビューを果たします。この作品で、日本アカデミー賞の新人俳優賞など数々の新人賞を受賞しています。

林さんは小学校、中学校と野球部だったので、ユニフォーム姿がよく似合っていて凜々しいですね。小学校の時はキャプテンを務めていたこともあるそうです。

 

上は貴重なオーディション時の画像です。動画で見るとまだ幼さが残っていて、少年から青年への移行期であることがわかります。そして、ボールを投げるフォームは綺麗でさすが経験者ですね。

林さんは、この作品で演技を認められ、「ちーちゃんは悠久の向こう」、「DIVE!!」、「ラブファイト」など映画の主演が続き、ドラマなどにも活躍の場を広げていきます。

当時は周囲のように学生生活を送れず、遊べない生活で葛藤もあったそうですが、「DIVE!!」で共演した池松壮亮さんや、「バッテリー」での共演した太賀さんとは今でも仲が良いそうで、仕事場での良い出会いを経験するうちに仕事への意識が変化していったそうです。林さんはスカウトのエピソードを聞くと順風満帆だと思っていたのですが、芸能界と学業との両立で悩んでいたと知りびっくりしました。

たしかに、思春期の時期に自分のやるべきことを決めるのは大変ですよね。今の林さんの活躍の陰には、たくさんの決断やプライベートの犠牲があったことがわかりました。

林遣都のハイローの目やボンネット画像がヤバイ!

林遣都さんは、2015年から「HIGH&LOW」シリーズに出演し、達磨一家というチームを率いる日向役で話題になりました。達磨一家は劇中のSWORD地区の祭を取り仕切っており、赤がテーマカラーです。林さん演じる日向は、車の乗車スタイルが独特で、なんとボンネットに乗るようです。ファンには「ボンネット日向」、「ボンネットマハラジャ」などと呼ばれて親しまれています。画像で見てみましょう。

個人的には「バッテリー」や「おっさんずラブ」のイメージで林さんを見ていたので、ワイルドすぎる姿に驚きました。林さんは、この作品での役作りが凄まじく目がやばいと言われています。

ちょっとイカれているような感じの表情ですね。この顔で凄まれたら怖いですね。林さんは、「HIGH&LOW」の脚本家の平沼さんから「元々引き出しの多い林くんはさらに見せ方の妙を熟知して現場に来てくれる。」と言われており、表情など努力して作り込んだ結果があの表情や目つきなのですね。

正統派イケメンのような役から、かなりワイルドな役まで演じられる林さんは、これからも色々な役に挑戦できるポテンシャルの持ち主だと言えますね。

林遣都がチワワに「似てる」は田中圭の発言がきっかけ!

林遣都さんは、チワワに似ていると言われているのは、田中圭さんの発言がきっかけのようです。

確かに田中さん「遣都ってチワワに似てる。」って言っていますね。さらに、「この辺ほんとチワワ。」などとチワワ推ししていますね。役も林さん演じる牧に恋していく役だったので、田中さんは林さんを可愛いな・・と思っていたのでしょうね。

おっさんずラブは同性愛を扱った作品でしたが、主演の田中さんやキャストのみなさんが特別視せず、普遍的な恋愛感情を大切に演じたからこそ作品自体がヒットにつながったのでしょうね。

スポンサーリンク


林遣都はチワワに似てる?

林遣都さんは実際チワワに似ているか検証した画像があります。見てみましょう。

目の位置と鼻がツンとしている所が似ていると思います。実際、林さんも言われ慣れているようです。ファンも前項でふれた副音声を聴いてから、林さんがチワワに見えてしまう!などと林さんの可愛さに魅了されているようです。

林さんのドラマ内での役も田中さん演じる春田に振り回されたり、愛情が自分の方へ向くのを待つようなシーンがあったので、飼い主の愛情に従順な犬と共通点も多かったのかもしれませんね。

林遣都がおっさんずラブで「チワワの本」読んでる

林遣都さんは、チワワ説を田中圭さんに表明された後ついにドラマの6話では、チワワの本をドラマ内で読んでいる姿が目撃されています。

これは、絶対製作側の遊び心ですね。林さんイジられてます。写真がチワワなのはもちろん本のタイトルが「徳永、犬に名付けるってよ。」で、徳永とは林さんが以前演じたドラマ「火花」での役名なところも林さんへの愛情を感じますね。

細かいところに凝って、視聴者が小ネタにツッコみながら見られたというところもこの作品の楽しさの1つだったのではないかと思います。

チワワを広めた田中圭が林遣都に怒られた?

田中さんが広めたチワワ説ですが、林遣都さんはそれに少し怒っていたそうです。

https://twitter.com/tkis_po/status/1000398994994966528?s=20

田中さんがチワワ説を副音声で話してから、「林遣都」で検索すると「林遣都 チワワ」と検索候補が出てくると林さんに怒られたと話していますね。とはいえ、前項のようにチワワ説いじりをされても粛々と受け入れて、演じている林さん。愛あるいじりと受け止めて案外楽しんでいたのかもしれません。
林さんは、最終的には「もうチワワ関連の仕事こないかな。そこまでいっちゃえ。って思っている。」とインタビューでも話しておりチワワ説を完全に受け止めていたようです。これも田中さんやスタッフとの関係の良さからくるものだと思います。

スポンサーリンク


林遣都と田中圭はプライベートでも仲良し?

林遣都さんと田中圭さんはプライベートでも仲良しだそうです。

https://twitter.com/ossans_love/status/999957248104263681

役でも恋愛関係になるだけでなくプライベートでも仲が良いと聞くと、ドラマのファンからすると萌えポイントが高いですね。2人はこのドラマで初共演ですが、撮影が間近に迫ってきた頃に、林さんが田中さんの舞台を見に行ったそうです。その時に飲みに行き、最初は真面目な話をしていたのですが、そのうち打ち解けて仲良くなったそうです。

林さんは、田中さんのことを「色んな部分が自分の理想」と話しており、ドラマの現場が素敵だったのは座長である田中圭さんの力だと絶賛しています。また、林さんは田中さんに似ていないモノマネを自身満々に「めちゃめちゃ得意なんですよ。」とアピールしてくるのが可愛いと、モノマネが下手なのを暴露されていました。

2人のエピソードを聞いていると、やはり良い作品には現場の人間関係の良さが作用する部分が大きいのだな・・と思いました。

林遣都がチワワ説の理由は?ドラマで読んでた本まとめ

林遣都さんのチワワ説は、田中圭さんの副音声がきっかけでした。また、それがきっかけでチワワの本のシーンが登場したり、現場のスタッフやキャストが楽しみながらドラマを製作していることがわかりました。

林さんの「チワワの仕事こないかな。」発言はおもしろいですね。愛のあるイジリをもう巻き込んで、自分の売りにしていくという林さんの俳優としてのパワーを感じます。林さんは10月からのドラマ「リーガルV」に出演することが決まっています。今度は弁護士役なので、どんな林さんの演技が見ることができるか楽しみです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク