瀬戸康史の高校時代が凄い!中退の理由は?と話題になっています。10月に8年ぶりのアーティストブックが出版される瀬戸康史さん。今回は高校時代から偏差値や何もかも凄かったという瀬戸さんのエピソードを検証し、なぜ高校を中退したのかという理由についてもお届けします。

スポンサーリンク


瀬戸康史プロフィール

本名   瀬戸 康史(せと こうじ)
生年月日 1988年5月18日
出身   福岡県福岡市
所属事務所 ワタナベエンターテインメント
愛称      瀬戸丸
趣味   絵本を読む、自転車

瀬戸康史の芸能界入りのきっかけは?

瀬戸康史さんの芸能界入りのきっかけは、高校1年生の時に「第2回D-BOYSオーディション」で準グランプリに選ばれたことです。瀬戸さんはもともと獣医になりたかったそうですが、お母さんが元々芸能界への憧れがあったこともあり応募書類を送ったことでデビューにつながったと言われています。

オーディションは、1次審査を通過し、2次審査は面談だったそうですが、瀬戸さんは遠いからという理由で行かなかったのに合格したそうです。瀬戸さんは参加しなかったのに合格ということで、もうやるしかないと思い最終審査に挑んだそうです。かなりお母さんの説得や、事務所の熱意を瀬戸さんが感じたのかもしれませんね。

しかし、2次審査のエピソードを聞くと、オーディションの時点からかなり瀬戸さんに事務所は注目していたことがわかります。やはり、瀬戸さんのように売れる人は原石の段階から光っていたのでしょうね。

瀬戸康史の出身高校や偏差値は?

瀬戸康史さんの出身高校は福岡県立嘉穂高校です。普通科と理数科があり、普通科には武道コースなどもあることから、偏差値は54~67とコースごとにかなり差があります。しかし、瀬戸さんは理数系が得意で、獣医さんを目指していたことから偏差値が67の理数系だったと考えられます。かなり頭が良いですね。

瀬戸さんは芸能界デビューしていなければ、そのまま獣医さんになってドラマ「透明なゆりかご」の産婦人科医役のように白衣が似合うイケメン獣医として違う形で有名になっていたかもしれないなどと妄想してしまいますね。

スポンサーリンク


瀬戸康史の高校時代はサッカー部!

瀬戸康史さんは、高校時代はサッカー部に所属していました。瀬戸さんは小学生の時からサッカーを始めて、小学校時代は勉強かサッカーしかしていなかったと自らブログに書いていました。

高校時代のポジションはボランチで、試合に熱心になるあまり相手チームと喧嘩になってしまうほどだったそうです。瀬戸さんは甘いルックスから考えられないくらい実は熱い男なのですね。

瀬戸康史の高校中退の理由は?

瀬戸康史さんは、2年生の時に高校中退しています。

瀬戸さんはオーディション合格後、D―BOYSに加入し、翌年にはミュージカル「テニスの王子様」で菊丸英二という役をもらっています。これがちょうど高校2年生の時なので、舞台の練習や、その他のレッスンが始まり、多忙になってきたため福岡から通うことが難しくなり、高校中退しています。

D-BOYS時代は、事務所で電話番をしたりしてスタッフに可愛がられていたという瀬戸さん。
先輩の城田優さんや和田正人さんとブロマイドの売り上げやブログのアクセス数を競うなど切磋琢磨して、俳優として成長していったそうです。

瀬戸さんは、高校中退を決めて、芸能界で成功するという強い決意で上京したのですね。固い意志と、下積み時代があってこそ今の瀬戸さんの幅広い活躍があるのでしょう。

スポンサーリンク


瀬戸康史の性格は?

瀬戸康史さんは、芸能界デビューして上京するまでは、明るく社交的な性格だったそうです。しかし、上京して知り合いもおらず、土地勘もなくすべてが不慣れという状況でどんどん自分の殻に閉じこもってしまったそうです。

なかなか人に心を開けないまま6年ほど経過したそうです。デビュー後から今まで仕事が順調な瀬戸さんもそんな時代があったのですね。その時代を支えてくれたのが、「おはスタ」で共演した山里亮太さんと山寺宏一さんだと瀬戸さんがインタビューで語っています。山里さんとは、「人見知り」という共通点で仲良くなったそうです。

その後、2012年のドラマ「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」の打ち上げでスタッフさんと打ち解け、瀬戸さんの人見知りも徐々に改善していったそうです。「おはスタ」は瀬戸さんが上京後に初めてD-BOYS以外と共演したバラエティ番組だったので、山里さんや山寺さんに支えられて、芸能界というものを学んだ場所なのでしょう。

今では、ドラマなどで主役やヒロインの相手役を務め、場を引っ張っていくような男気を感じる瀬戸さんなので、「人見知り」という性格には意外だな・・と思いました。しかし、内面的にも成長しなくてはいけないという若い頃の葛藤は今の瀬戸さんの演技に深みを与えているのかもしれません。

瀬戸康史は霊感が強い!?

瀬戸康史さんは霊感が強く、実家の家族も瀬戸さん同様に普通に霊を見ることができるそうです。みんなが見ることができるので、特別恐がることもなく良い霊と悪い霊を見分けたりしていたと瀬戸さんもバラエティ番組で話していました。

映画「貞子 3D」に出演した際は、悪い霊を連れ帰りしばらく窓の外にいたそうです。なんだかぞっとする話ですが、瀬戸さんにとっては日常のようです。瀬戸さんはホラー映画も好きなのだそうですが、実際霊を見ることができる人がホラー映画を見ると楽しさがまた違うのでしょうか・・個人的にはホラーが苦手なので理解しがたいなと思ってしまいます。

瀬戸さんの霊感の強さを知って、出演しているホラー映画を見返すとまた違った見方ができ楽しいかもしれません。

瀬戸康史は語学が堪能!

瀬戸康史さんはその端正なルックスと演技力だけでなく語学も堪能です。証拠の動画を見てみましょう。

映画「合葬」のモントリオール映画祭の上映会での挨拶です。かなり流暢なフランス語ですね。日本人がフランス語を練習してもついつい英語のイントネーションに寄せたものになりがちですが、その辺りも瀬戸さんは上手に話しています。

あまりにも上手なので、通訳から「フランス語を勉強していたのですか?(大学などで専攻したのですかという意味)」と尋ねられたようです。瀬戸さんは以前ドラマでも英語を話す役をやり、短期間で猛勉強したそうです。フランス語も上映会に合わせてかなり努力したのでしょう。

短期間でこれだけ話せるとは、瀬戸さんはかなり努力家で飲み込みが早いタイプなのでしょう。国内での瀬戸さんの活躍も嬉しいですが、語学力を活かしてこれから国際的にも活躍の場を広げて欲しいですね。

瀬戸康史の海月姫の女装が可愛い!

瀬戸康史さんは2018年ドラマ「海月姫」でファッションが大好きな鯉淵蔵之介役を演じています。瀬戸さんはこの役をやるにあたり、1日1食にして6kgも減量し、初めて脱毛もして女子力を磨いたそうです。その成果を見てみましょう。

かなり可愛いですね。ドレス姿など二の腕が女子顔負けレベルで細いですね。瀬戸さんはドラマスタッフから、「女性モデルみたいにスタイルが良い!」と絶賛されており、海月姫では色々なファッションを着こなしていました。

ドラマでは、女装姿の美しさはもちろん、その美しさと瀬戸さんの低く男らしい声やドラマ内でシャワーをあびるシーンの男っぽさのギャップでファンを魅了していました。瀬戸さんの今年の誕生日会では、城田優さん、志尊淳さんとの写真をSNSでアップし、それぞれ作品で女装したことがあることから「女装三銃士」などとファンの間で話題になりました。

これからも中性的な役などにもトライして演技の幅を広げて、ファンを楽しませて欲しいですね。

瀬戸康史の高校時代が凄い!中退の理由は?

瀬戸康史さんの高校時代について検証してみましたが、偏差値が高いだけでなく文武両道で、サッカーにも打ち込んでいたことがわかりました。また、高校中退も忙しさだけでなく、芸能界で頑張っていくという強い気持ちで決断したことでした。

また、上京後に人見知りがひどくなったというエピソードもあり、順風満帆に見える瀬戸さんの芸能活動も、内面では様々な葛藤や苦悩があったことがわかりました。

10月からは朝ドラ「まんぷく」への出演が決まっている瀬戸さん。人の懐に入るのがうまい神部という役を演じるそうで、瀬戸さん自身も「現場のみなさんの懐に入れるように(共演者の)桐谷健太さんのように頑張ります。」と話していました。瀬戸さんの人なつっこい姿を早くドラマで見たいですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク