千葉雄大の大学時代!学生時代の卒アルや中退の理由は!と話題になっています。千葉雄大さんはドラマ「高嶺の花」で野心的な華道家を演じ、和服姿も様になっています。今回は、大学時代のエピソードや学生時代の卒業アルバム、大学中退の理由を調べていきたいと思います。

スポンサーリンク


千葉雄大プロフィール

本名   千葉 雄大(ちば ゆうだい)
生年月日 1989年3月9日
出身   宮城県多賀城市
所属事務所 ジャパン ミュージック エンターテインメント
仲が良い芸能人 ヒャダイン
特技    絵を描くこと

千葉雄大デビューのきっかけは?

千葉雄大さんは、大学時代にヘアスタイル&メンズファッション雑誌「CHOKi CHOKi」の専属モデルを務めていました。

今の千葉さんより若く、もっと可愛らしい印象ですね。中性的な見た目を生かし、正統派のヘアスタイルやファッションからモードっぽいものまで似合い、大人気の専属モデルでした。その活躍が現在の所属事務所の目に留まり、デビューしたそうです。

千葉さんの所属事務所は先輩に谷原章介さんや忍成修吾さんなどモデル出身の方がいるので、千葉さんも安心して所属を決めたのかもしれません。しかし、改めてモデル時代の千葉さんを見ると、女子顔負けの可愛さなので事務所の目に留まるのも当然だな・・と納得してしまいますね。

千葉雄大の中学時代の卒アル画像がヤバイ?

千葉雄大さんが宮崎県多賀城市出身で、出身中学は「多賀城市立高崎中学校」だと言われています。卒アルの写真が流出しているので見てみましょう。

今とは違って、大人しいタイプなのかな?という感じですね。鼻の印象は変りません。口元は少し前歯が気になるので、デビュー後簡単な矯正を行った可能性はありますね。目元についても整形疑惑があるようですが、表情の作り方もありますし、20歳になるまでは体格や顔の肉付きなどの変化が大きい時期ですので、一概に整形しているとは言えないのではないでしょうか。

スポンサーリンク


千葉雄大の高校や偏差値は?

千葉雄大さんの父親は勉強に関してスパルタだったそうで、そのおかげか千葉さんの出身高校は進学校だったそうです。その高校は「仙台第三高校」です。偏差値69~63とかなり頭が良い学校です。現在はスーパーサイエンススクールに指定されており、理系に特化した学校として文科省から認められています。

千葉さんはテレビの企画でヒャダインさんと母校を訪れ、千葉さんが通っていた当時は男子校だった母校が共学になっていたことに驚いていました。現在の千葉さんの多彩な役柄の演じ分けや、バラエティ番組でのそつの無い対応などは元来のカンの良さだけでなく、高校時代に培った頭の回転の良さにも起因しているのではないかと思います。

千葉雄大の高校時代は非リア充!?

千葉雄大さんのルックスならさぞかし学生時代はモテたのでは・・と思いますが、高校時代の千葉さんは非リア充だったそうです。

千葉さんは、中学時代にやっていたソフトテニスを高校では続けず、帰宅部だったそうです。ライブハウスに通い音楽を聴いており、その当時から邦楽ロックなどを好んで聴いていたそうです。その時の経験を生かして、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」ではゲストMCを務めました。

高校時代はなかなか進路が決まらず、成績がガタ落ちした時もあるそうです。そこから挽回して学年順位を100番くらい上げ、髪型も坊主にして気合いを入れていたというエピソードもあると知り、今の千葉さんから坊主姿など想像つかなすぎてびっくりしました。

千葉さんは「ぶりっ子キャラ」が話題になるなど、正統派イケメンだけでなく一筋縄ではいかない魅力を自分で創造していっている姿をみると、高校時代自分の方向性をとことん悩むことができたから、自分の生かし方を知っているのだろうな・・と思います。

千葉雄大の大学や偏差値は?

千葉雄大さんは高校卒業後、「玉川大学 リベラルアーツ学部」に進学しています。偏差値は50~53と言われています。元々、映画の勉強ができる大学志望だったそうですが、そちらは不合格だったので、幅広い分野を自由に学べる玉川大学に決めたそうです。

「大学ではプログラミングなども学ぶことができてとても楽しかった。」などとインタビューで話しており、最初の頃こそ、少しホームシックになったものの、友達とバンドを結成したり、スターバックスでバイトしたりと大学時代はかなり充実していたようです。

千葉さんは進学先を学ぶ内容で決めており、その当時から自分のやりたいことに対して意欲が高かったことがわかります。非リア充だった高校時代から絵に描いたように大学デビューしている姿は微笑ましいですね。

千葉雄大の大学時代の彼女は?

千葉雄大さんは大学時代に初めて彼女ができたそうです。千葉さんは「ヒルナンデス」で彼女に告白するエピソードを披露しています。告白する日は、「この街灯の下で告白する。」などと細かくシチュエーションを決めて臨んだそうですが、そこでは告白できず駅のベンチでやっと告白したそうです。

こんなに美男子で小動物っぽい千葉さんが告白出来ずにモジモジしていたら、彼女もキュンとしたでしょうね。千葉さんは高畑充希さんや川口春奈さんと熱愛?などという噂もありますが、青春時代の恋愛は今と違って事務所などを通さなくてよく印象深いものなのでしょう。

千葉雄大の大学中退の理由は?

千葉さんは大学在学中に事務所にスカウトされ、芸能界デビューしています。千葉さんは「天装戦隊ゴセイジャー」のオーディションを受け見事主役に合格します。

 

そのことで大学卒業も希望していましたが、芸能活動の予定がバンバン舞い込み仕事が忙しくなることが確定したため、中退したそうです。大学時代の恩師にも「やりたいことが決まったのなら、辞めて新しい道で頑張った方が良い。」と背中を押してもらったことも中退を決めるきっかけになったと言われています。

なかなか中退を決めるのは大変だったと思いますが、主役というチャンスをしっかりつかみ、仕事に邁進するタイミングをはずさず決断したことが今日の千葉さんの成功につながっているのですね。

スポンサーリンク


千葉雄大は性格悪そう?人見知りで根暗?

千葉雄大さんは高校時代の項でも紹介しましたが、その当時は根暗で口数も少なかったそうです。小さい頃から人見知りで、今でも初めての人が多いバラエティ番組などが苦手で顔がこわばってしまうそうです。

またドラマで頬を膨らませるぶりっこの表情を見せたり、腹黒いなどと言われていることから「性格が悪い。」「あざとい。」などと噂になったようですが、千葉さんが番宣などで番組に出演しているのを見ていても、必死にその場を盛り上げるように、顔を作ったり、自分が脇役としてドラマに出演している時はメインの俳優さんを立てている姿が印象的です。

千葉さんは、求められることに的確に返すことのできる役者然としたタイプだといえるのではないでしょうか。ただ、プライベートの話などを披露するとかなり地味なので根暗や人見知りというのはそのまま真実ではないかと思います。

千葉雄大は性格がいいエピソード紹介

千葉雄大さんは2011年の東日本大震災で、実家が被災しました。そのことから、ブログでも何ができるか、どういう形の支援が最適か常に考えてきたようです。

千葉さんは2012年に「世界一受けたい授業」という番組で、自分の母校に100万円分の図書を寄付できる問題に見事正解し、母校の小学校に寄付しました。その時の問題は「鉄粉をまぜたスライムはどうなるか?」で、「ばらばらになる。」と千葉さんだけが正解したと言われています。

自分の故郷に少しでも何かしたいという千葉さんの思いが形になって本当に良かったですね。今でも寄付した絵本は「千葉文庫」と呼ばれ、子ども達に大切にされているそうです。

千葉さんは自身の所属事務所の募金活動なども参加し、それだけでなく芸能人らしいミラクルを起こして故郷に恩返しするなんて粋ですね。

千葉雄大の大学や偏差値は?学生時代の卒アルや中退理由まとめ

千葉さんの大学や高校時代を調べてみると、思春期には人並みに悩みながらきちんと軌道修正し、自分の進むべき道を判断していました。中学時代の卒アルの写真は子どもらしくて、今の千葉さんをとはまたちょっと印象が違いました。小さい頃の方が人見知りだったのかもしれません。

大学中退については、芸能活動が忙しくなったことで決意したということだったので、千葉さんの決断力があり、芸能界でしっかり成功するという強い意志を感じました。

10月からドラマ「プリティが多すぎる」で主演が決まり、ますます活躍中の千葉さん。30代が間近に迫り、今までの路線だけでなく大人の働く男のお仕事ドラマであり、たくさんの可愛いにも溢れているという今の千葉さんにぴったりの役のようです。これからも千葉さんの魅せる様々な作品に注目していきたいです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク