井浦新は韓国人で徳島そごうとは?改名の理由は?と話題になっています。
最近話題の俳優・井浦新さんですが、実は韓国人との噂がありますが本当でしょうか?また徳島そごうも検索されていますが一体どういうことでしょうか?また改名した理由についてもお送り致しますので最後までご覧頂ければと思います。

スポンサーリンク


井浦新プロフィール

生年月日:1974年9月15日
身長:183cm
血液型:A型
職業:俳優、ファッションモデル、ファッションデザイナー
大学生時代にモデルにスカウトされ芸能界入り。モデルとして活動していましたが、記念として演技の勉強も始めます。
しかし自身が思ったより俳優の仕事が増えていき苦悩する日々も送ったそうです。またファッションデザイナーとしてブランドを立ち上げた経験もあり、非常に多彩な活動をしています。

井浦新は韓国人?

 

ネットで井浦新さんを検索すると関連ワードに「韓国人」と出てきます。この話の発端となったのがこの映画かと思います。

 

2012年8月公開のヤン・ヨンホ監督の映画「かぞくのくに」で井浦新さんは主演を務めています。本作は北朝鮮の帰国事業により祖国に帰れず北朝鮮と日本に分かれてしまった家族の物語となっておりヤン監督の実体験をもとに作ったフィクション映画です。

井浦新さん演じる役は非常に難易度の高い役で、監督と意見交換しながら綿密に役作りをしました。映画を見た人からは、井浦新さんの演技が静かなのに引き込まれるといった、リアルな演技を絶賛する声が多数寄せられました。

その影響からなのか、井浦新さんは本当に韓国人なのではないかと噂が立ったようです。
しかし井浦新さんの出生地は東京都日野市。また国籍も日本になっています。両親は教員をしているそうで、れっきとした日本人です。それだけ高い演技力を持っているということですね。

スポンサーリンク


井浦新の徳島そごうとは?

井浦新さんの関連ワードにはもうひとつ必ず出てくるものがあります。それが「徳島そごう」。それはいったい何なのでしょう。
徳島そごうとは、「百貨店そごうの徳島店」を意味します。徳島県内には百貨店がそごうしかなく、地元の方は「徳島そごう」と呼んでいます。

では井浦新さんと徳島そごうの関係とは?
井浦新さんはデザイナーの仕事もしていますのでタイアップを組んだり出店したことがあるのかと思いましたが、何もヒットしませんでした。ですので徳島そごうとは何の関わりもないのです。

韓国人との噂が立ったことと同じで、誰かが何の証拠もなく流した噂話にすぎません。

「ARATA」から「井浦新」に改名の理由は?

実は「ARATA」は知っていても「井浦新」って誰?という、改名したことを知らない人は少なからずいます。なぜ長く使ってきた芸名を改名してしまったのでしょう?その理由は過去に出演した映画によるものです。

井浦新さんは2012年公開の映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」に主役の三島由紀夫役で出演しています。三島由紀夫さんは日本史にも残る大変有名な文豪で、その最期は世間の人々に大きな衝撃を与えました。

重要な役を演じるにあたって情熱をかけて役作りをし挑んでいた井浦新さんですが、映画の製作が佳境を迎えてきたころ、エンドロールに自分の芸名「ARATA」がアルファベット表記で流れるのは、自分が観客だったら残念な気持ちになると考えます。
そこで監督に表記を変えたい旨を話しますが、それでは誰が演じたかわからないだろうという答えをもらい、それならばここで芸名も変えてしまおうという結論になったそう。その一つの役に対しての姿勢が監督にも響き、そういう考えは嫌いじゃないと賛成をしてもらい、改名に至りました。

井浦新さん自身は、ARATAの芸名に執着がなかったそう。しかしモデルとしての意識が高かった井浦新さんが役者として覚悟を決めた映画。そのように感じます。
では井浦新とはどこから出てきた名前なのでしょう。

井浦新の本名は?

本名も井浦新です。スカウトされてすぐは芸名を使わず本名で仕事をしていた時期があり、少ししてARATAの芸名になりました。そしてモデルとデザイナーのカリスマ的存在になった「ARATA」。しかし俳優の仕事にもっとチャレンジし高みを目指すことに決め、芸名「ARATA」と決別し本名で勝負しようと決意したのですね。

次は井浦新さんのプライベートにも迫っていきます。

井浦新は結婚してる!

井浦新さんが結婚しているのかと気になっている女性のファンも多いかと思います。井浦新さんが自ら公表はあまりしていないのでご存知ないかたが多いと思いますが、実は結婚しています。
結婚のお相手は10歳年下の一般人女性とのことで素性はほとんど明らかになっていませんが名前は判明しており「山本あい」という方です。ちなみにこの山本あいさんは元AKBの山本亜衣さんとは全くの別人です。

シルエットに包まれた奥様の山本あいさん。しかし、自身は一般人ですがお父様が著名な方だということがわかっています。

次はそのお父様について見ていきましょう。

スポンサーリンク


井浦新の義父は自民党の山本有二

井浦新さんの奥様である山本あいさんのお父様は、自民党所属の山本有二さんという有名な政治家で、過去には農林水産大臣を務めたこともある方です。名前は知っている、または顔は見たことがある。という方も多いのではないでしょうか。
なぜ奥様の情報より義父である山本有二さんが先に出てきたのでしょう。
それは2012年の政治インタビュー動画に山本有二さんが出演した際、身内の自慢話の流れで次女の夫が井浦新さんであることを明かしたのです。

大変いい家柄の娘さんを奥さんに持った井浦新さんですが、結婚以前は山本有二さんから反対をされていたそうです。その理由は4つあります。
①井浦新さんは当時デザイナー事業に失敗し多額の負債を抱えていた
②山本有二さんは芸能人にまるで興味がなく、その不安定な職業に不信感を持っていたこと
③井浦新さんは大学在学中にスカウトされ中退していることから、中途半端な性格の人物なのではないかと疑われていた
④山本有二さん演説の際に井浦新さんが駆け付けたそうですが、そちらに注目がいってしまったことで演説どころではなくなってしまった事

4つ目は半分笑い話ですね。しかし確かに負債を抱え安定した職業ではない芸能人との結婚には誰もがすぐ賛成とはいかないでしょう。

こうした様々な要因を解決したのは山本あいさんと井浦新さんのご両親でした。

山本あいさんは井浦新さんの出演している映画「20世紀少年」と「ピンポン」を見せにお父様の山本有二さんを連れ出します。ピンポンでの演技を見て山本有二さんの井浦新さんの印象が良い方向に変わったそうです。

井浦新さんのご両親はふたりの結婚を許してほしいと山本有二さんに頼みます。その時のご両親の真面目で誠実そうな人柄を見て、「この真面目で実直なご両親の息子なら結婚を許してもいいか」と思ったそうです。

井浦新さんの俳優としての実力と山本あいさんとご両親の後押しがあって無事に結婚にたどり着いたのですね。

さて、先ほど奥様の山本あいさんは次女であると書きましたが、どうやら4人姉妹で全員が大変美人だと言われています。どんなお顔立ちなのか、インスタやSNSにあげられてないか調べました。

スポンサーリンク


井浦新の嫁の画像はインスタにある?

井浦新さんはインスタグラムをやっていますが、ツイッターはやっていません。
インスタグラム内の写真を調べましたが、さすがデザイナーの仕事に携わっているだけあり、感性豊かな風景写真や食べ物の写真が多く、奥様が写っているものはひとつもありませんでした。

奥様は一般人ですから公にしてしまうと日常生活に支障が出るので、大変気を使っているのでしょう。しかし奥様の妹さんが芸能活動をしていたことがわかりました。

妹の名前は「山本ふみ」さんという方ということがわかりました。画像検索で見てみたところ、落ち着いた雰囲気の清楚系美人です。井浦新さんの奥様も似たお顔立ちなのでしょうか。
実は山本ふみさんも既婚者で、お相手は俳優の鈴木一真さんだということも判明しました。
つまり井浦新さんと鈴木一真さんは義理の兄弟になります。同じ一族に俳優が二人もいるのは珍しいことですね。

井浦新はでき婚で子供は?

井浦新さんはふたりの男のお子様を持つ二児の父です。家族写真や情報が出てきてないので、顔や年齢などはわかりません。一部では青山学院初等部に通っているのではないかと噂されていますが根拠はありません。そして井浦新さんはできちゃった婚なのではないかとも噂されています。
上の記事で反対された内容を書きましたが、実は一番大きな原因はでき婚の印象が良くなかったからではと言われています。しかしこれについても憶測でしかないですし、もし事実だったとしてもこのご時世にでき婚が悪いとも思えません。

二人のお子様に恵まれて幸せな家庭を築いているなら、どんな結婚の形であれ良いことだと思います。

井浦新は韓国人で徳島そごうとは?改名の理由まとめ

井浦新さんは東京都日野市生まれの日本人で、役柄で印象付けられただけで韓国人ではありません。また井浦新さんを調べると関連ワードに徳島そごうと出てきますが両者には何の関係もなく、根も葉もない話でした。

旧芸名のARATAから改名した理由は、映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」に主演した際、エンドロールにアルファベット表記で名前が出るのは残念だと思ったことと、モデルやデザイナーの仕事から俳優の仕事へ踏み出す決意の表れでもありました。

井浦新さんはあまりプライベートを公開していないので噂が立ってしまう傾向にあるのだと思います。でも知らないからこそファンでいられることもあるのではないでしょうか。あまり騒ぎ立てず、俳優として挑戦していく井浦新さんをこれからも応援していきましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク