演技派俳優の高橋一生さんが、以前に相棒4と5に安斉直太朗という役名で出演されていました。相棒といえば、最近も再放送が当たり前の高視聴率ドラマですが、高橋一生さん(安斉)はどんな役だったのか、ネタバレを含めてお送りしていきます。

スポンサーリンク


高橋一生が相棒に出演

高橋一生さんが、相棒に出演した回は、相棒4と相棒5で合わせて3回出演しましたので、全部の回を紹介していきます。

相棒4 第4話『密やかな連続殺人』2006年11月1日

女性の刺殺体が川で発見されたところからストーリーは展開していきます。手がかりはほとんどなく事件が難航することが予想される中、「細かいことが気になってしまうのが、僕の悪い癖」でお馴染みの右京さんが、女性の片耳だけピアスが外されていることに着目します。
そして過去にも同様の未解決事件があることから、今回の事件が連続殺人犯による犯行の可能性が出てきました。
そして過去の事件でも、容疑者として浮上したのが、元予備校講師である村木重雄(小日向文世)が、怪しいと今回も容疑者候補に挙げられますが、村木は足が不自由なため遺体を川に投げ込むのは不可能だという壁にぶち当たります。そしてそうこうしているうちに村木重雄が、「過去の10件の殺人は全て自分がやった」と告白して、身を投げてしまいます。
事件はこれで解決かと思われましたが、次回5話に続きます。
この回での高橋一生さんは、精神科医である内田美咲(奥貫薫)の助手の安斉直太朗を演じます。視聴者としては真面目な好青年という印象を持った方が多いではないでしょうか。この回では、高橋一生さんの事を疑っていたかたはほとんどいないのではないかと思います。

スポンサーリンク


相棒4 第5話『悪魔の囁き』2006年11月8日

前回の4話の最後に、村木重雄(小日向文世)が、10件全ての犯行を認めて、身を投じてしまったが、村木の家を捜索してみると7件分のピアスしか発見されなかった。捜査一家がまず疑ったのは、村木の妻である順子であったがアリバイがあったため立件できなかった。しかも、そのアリバイの時間にホテルで一緒に居たのが高橋一生演じる安斉であった。
村木の妻の疑いが晴れた後、共犯者として浮上したのが、内田であった。
しかし、内田は極度の高所恐怖症であることから、内田の犯行ではないことに気づき、他に村木の身近にいる人物となったときに、安斉が犯人に浮上する。時を同じく、内田は安斉の部屋を訪ねるとそこには、残る3人の女のピアスが・・・内田は犯人が安斉だと気づく。
そしてここで安斉が登場し、内田を犯人に仕立て上げようと屋上から突き落とそうとする。
ここでようやく右京さんと薫が登場し、事件は終わりを迎えます。
今回の事件は、連続殺人犯である村木の魅力に安斉が魅せられて、安斉の後を継ぐことになり新たな犠牲者が3人もでてしまった、なんとも残酷で悲しい事件でした。

相棒5 第5話『悪魔への復讐殺人』

相棒4で3件の殺人を行った安斉は、精神鑑定の結果無罪となっていた
。そして安斉は治療のため、病院に入院させられていたのだが、間もなく襲われて殺されてしまいます。そして犯人は、安斉に殺された女性の遺族の牧さん(志水季里子) でした。牧さんに殺される時の安斉はとても穏やかな顔をしていました。やはり、覚悟していたんでしょうね。

まとめ

今回は、相棒4と5に出演していた高橋一生さん(安斉直太朗)についてお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか。今でも再放送やDVDでその時の高橋一生さんの演技を確認することはできると思いますので、興味がある方は是非ご覧になってください。

【こちらの記事も読まれています】
高橋一生の私服がダサい!?チェーン画像に衝撃!
高橋一生『anan』グラビア!画像が全部インスタでネタバレ!
高橋一生の弟はミュージシャンのあべゆうま!似てない理由!
高橋一生の歴代彼女!2017年現在のお相手は? | トピアンサー
高橋一生の彼女は森川葵!『A-Studio』共演で公開告白!
高橋一生の鼻の傷跡!理由が明らかに!

スポンサーリンク


スポンサーリンク