山田裕貴の高校時代の卒アル画像!本名や性格は?と話題になっています!
最近はドラマや映画での露出も増え、知名度もうなぎのぼりの山田裕貴さん。やっぱりイケメンの高校時代の卒アル画像って気になりますよね。また本名や性格についても知りたいという声も挙がっていますのでこちらで紹介していきます。

スポンサーリンク


山田裕貴のプロフィール

生年月日:1990年9月18日
身長  :178cm
血液型 :O型
出身地 :愛知県 名古屋市
特技  :野球、バレーボール
趣味  :映画鑑賞、家電(「すぐ見に行っちゃうし、買っちゃう」そうです)

山田裕貴さんは高校卒業したあと演技の勉強をするため、ワタナベエンターテインメントカレッジに入学。その後「D☆DATE新メンバーオーディション」を受けたが落選。
しかし事前の人気投票では1位だったこともあり「D-BOYS部門」のグランプリに選ばれました。
この「D-BOYS部門」は山田裕貴さんのために急遽設置されたようなもので、この頃から既に注目されていたことがわかります。
その後D-BOYSの別グループ「D2」に加入することになり、俳優としては「ゴーカイジャー」でゴーカイブルーを演じることになります。
最近は多数のメディアに出演し知名度がぐんぐん上がってきている俳優さんです。

山田裕貴の出身高校は?

山田裕貴さんの出身高校は東邦高校です。
東邦高校は愛知県名古屋市にある共学の私立高校で、野球の名門校として有名です。偏差値は現在52とされていて、普通科と美術科が併設されています。野球の名門ともあり卒業生にはプロ野球選手が多いですが、俳優や芸術家なども多数輩出しています。
山田裕貴さんは高校時代にはバレーボール部に所属していました。小中学校は野球をやっていたのですが、野球を辞めた理由については後ほど紹介いたします。

それでは気になる高校時代の卒アル画像についても見ていきましょう。

山田裕貴の高校時代の卒アルを公開

 

髪型や眉毛もきちんと整っていて清潔感のある感じですね。今も昔も変わらずイケメンですね。こんなイケメンが学校にいたらワクワクしますよね!

 

バレーボール部やクラスでの集合写真では前のほうにいる事からも、当時から目立つ存在だったことが伺えます。
卒アルはあまり綺麗に写っていないことが結構あって納得出来ない人も多いと思うのですが、そこはさすが俳優さんですね。どの写真もかっこよく写っていますし、芸能人になるべくしてなった人だなぁなんて思っちゃいますよね。

スポンサーリンク


山田裕貴の本名は?

「山田裕貴」という名前は本名なの?と気になっている方も多いと思いますが、先ほどの卒アル画像で「山田裕貴」が芸名ではなく本名であることが確認できたかと思います。

俳優含め芸能人の中には本名を明かしたくない、自分の名前に華がないというような理由で芸名を使って活動する人がかなり多いことは皆さんご存知かと思います。しかしそんな中、山田裕貴さんは本名を名乗って芸能界という荒波の中で真っ向勝負している感じは、とても清々しいですよね。

山田裕貴は大学進学した?

山田裕貴さんは大学へは進学はしませんでした。
高校時代に「有名になりたい」という夢をいだいた山田さんは、卒業後はワタナベエンターテインメントカレッジのオーディションを受けて合格しています。
山田裕貴さんは「やると決めたら二度と諦めない」と信念を持って受験しました。
でも実は妹さんにオーディションを薦められて受験を決め、合格した時は非常に驚いたそうです。入学が決まってからは「誰にも負けない」と気持ちを切り替えて必死に演技の勉強に励んだ結果今日の活躍に結びついているようです。

山田裕貴の父親はプロ野球選手

先述した山田裕貴さんが野球をやっていたことについてですが、野球を始めたきっかけはどうやら父親によるところが大きいようです。
山田裕貴さんの父親は、元プロ野球選手の山田和利さん。
息子の裕貴さんと同じ東邦高校出身で、ドラフト4位で中日ドラゴンズに入団。内野手として中日ドラゴンズや広島東洋カープで活躍し、2018年現在は広島の2軍走塁コーチを務めています。
大変パワーのある内野手だったそうで、大活躍していたようです。
山田裕貴さんもスポーツ万能で、小中学校時代は野球をやっていたのに、高校ではバレーボール部に所属していました。いったいなぜ辞めてしまったのでしょうか。

山田裕貴が野球を辞めた理由は?

そんな偉大な父親を持つ山田裕貴さん。自ずと影響されて野球をやることも頷けます。小中学校で野球をやっていましたが、高校では活動していません。なぜでしょうか。
理由は「プロ野球選手にはなれないから」。
確かに高校野球の強豪校でプレーしていたとしても、プロになれる人はそういません。「諦めてしまった」と言われるのかもしれませんが、現実的に考えて選択したことなのでしょう。
しかし高校で将来について考えて全く別の道に進んだ事を思うと、山田裕貴さんは若いうちから真面目に将来について悩んでいたんですね。その判断力と行動力は素晴らしいものだと思います。

山田裕貴の性格は?

真面目そうな山田裕貴さんですが、お芝居では「カメレオン俳優」と呼ばれており、ヒーロー役に狂人役、時には不良役から新米刑事まで非常に幅広く多彩なキャラクターを演じています。
いったいどれが本当の山田裕貴さんなのか?本当はどういった性格なのでしょう?

様々なインタビュー記事から、山田裕貴さんは礼儀正しく、素直で真面目。そして現場を盛り上げるムードメーカーになりたいという高い志をもった青年だと感じました。
映画「ストロボエッジ」では50人の候補者の中から選ばれたものの、ネット上では批判の声ばかりが目に付いて苦しんでいました。でもそれをバネにして、体重を10㎏減らし、原作を読み込んで挑みました。
もともと太っているわけでもないのに10㎏もの減量…相当気合を入れて努力したのでしょう。

また以前に出演したドラマ「特撮9」では、新キャラとしての出演で、もの凄いプレッシャーを感じていた山田さんでしたが、その様子を察してか主演の井ノ原快彦さんや寺尾聰さんらが山田さんに対して温かいアドバイスを送っていました。そんな先輩方の厚意にたいして山田さんは恩義を感じおり、その厚意に報いるためにこれから俳優として、そして人間としての成長を誓う真摯な態度には、とても好感が持てました。

他では、笑顔が好きだから笑いのある現場にしたいようですぐ変なことをしてしまう等、大変明るく、人に優しい一面があるようです。
また現場では大変礼儀正しいとのこと。これはスポーツマンの父親から厳しく育てられ、ずっとスポーツをやってきたことで得られたことかもしれませんね。

山田裕貴の高校時代!卒アルはイケメンで本名や性格?まとめ

今回は山田裕貴さんの高校時代のことや本名、性格についてもお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか?気になる卒アル画像ですが、相変わらずのイケメンぶりは健在でした。また本名についても卒アル画像から「山田裕貴」が芸名ではなく本名であることが判明しました。
山田裕貴さんの性格については、今まで演じてきた色々な役柄があるため色々なイメージがあるかと思いますが、根は真面目で向上心が高く、人情深い性格であると感じました。
まだまだ今まで以上にブレイクを感じさせるカメレオン俳優の山田裕貴さんが今後どんな演技をみせてくれるのか、その成長と飛躍に期待したいですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク