演技派俳優の高橋一生さんですが、『カントリーロード♪』でお馴染みの、ジブリの名作「耳をすませば」の声でジブリ屈指のイケメン・天沢聖司の声優を担当していました。そして声優をしていたの当時の年齢は?という検索も増えています。今回は「耳をすませば」の声を担当していた当時の裏話を交えながら高橋一生さんについて紹介してきます。

スポンサーリンク


天沢聖司の声は高橋一生だった!

1995年に公開されて以来、『耳をすませば』を金曜ロードショー・ビデオ・DVDで何度となく見たあの名作の、メインキャラクターのヴァイオリン職人を目指す少年・天沢聖司の声は高橋一生さんが演じています。先ずは天沢聖司についておさらいしていきましょう。

天沢聖司プロフィール


高橋一生さんが声優を務めた天沢聖司について紹介していきます。

天沢聖司は、主人公の月島雫と同じ中学で同級生の男子中学生です。そして高橋一生さんが声優を務めた当時の年齢は何歳なのかという点についてですが、当時14歳で天沢聖司が15歳の設定となっていました。趣味は読書で将来の夢は「バイオリン職人」と中学生にしては珍しく将来に対してのしっかりとしたビジョンをもっていました。

ちなみにジブリシリーズの映画史上最もハンサムと言われている。『耳をすませば』が1995年に公開された当時、映画を見て彼に恋した人もかなり多いのではないでしょうか。

『耳をすませば』収録は声変わりの2週間前だった!?

冒頭に掲載した”裏話を交えて”についてのお話ですが、高橋一生さんが天沢聖司の声優を演じたのが、当時14歳で中学3年生の思春期であったため、収録が終わった1週間後には、声がガラガラと変化し始めて、2週間後にはすっかり声変わりしていたそうです。もし少しでも収録のタイミングが遅くなっていたら『耳をすませば』でのさわやな天沢聖司の声がきけていなかったことを思うとある意味奇跡といえるのではないでしょうか。

しかし声変わりした高橋一生さんの声も低音のセクシーボイスなので、さわやかな天沢聖司もいいですが、セクシーボイスの天沢聖司も個人的にはとても興味があります。

スポンサーリンク


高橋一生の芸能界入りのきっかけ

高橋一生さんは少年時代、とてもおとなしく引っ込み思案で友達も少なかったため、高橋さんの祖母が心配して児童劇団に入団させたことが芸能界入りのきっかけとなったようです。
また、高橋さんの祖母はテレビやドラマが大好きだったようで、自分の孫である高橋さんに将来ドラマや映画に出て欲しいという願いも含まれていたのでは?と後に高橋さんが雑誌の取材で語っています。

カメレオン俳優と呼ばれる演技力の原点は少年時代の児童劇団にありました。高橋一生さんは当時からおばあちゃん子だったようで、今ドラマや映画に出て活躍している自分の姿を一番見せたいのはおばあちゃんなのかもしれません。

現在の高橋一生の声の魅力

高橋一生さんの魅力を語るときに必ずといって良いほど挙げられる『声』の魅力(魔力?)ですが、高橋一生さんは低音であることに加えて、話し方もとても落ち着きがあるため、特に女性にとっては魅力的な声に感じるのではないかと思います。

他に低い声で魅力的な俳優さんといえば、福山雅治さんがぱっと思い浮かびます。福山さんも、高橋一生さん同様に声には定評がありますよね。福山さんの場合は、俳優だけに留まらずその声を生かして、ラジオ番組もとても人気があり更には歌手としても、大成功を治めていますので、今後高橋一生さんも、ラジオや歌に挑戦してみてもよいのではないでしょうか。

まとめ

ジブリの名作「をすませば」の声を担当していた高橋一生さんについてお送りいたしましがいかがでしたでしょうか。当時、天沢聖司の声優を演じていた当時は何歳かという点についてですが、思春期真っ只中の14歳でした。また収録が終わった2週間後には声変わりもあり、高橋一生さんの声変わり前の声を聞ける貴重な映画となりました。
最後までお読み頂きありがとうございました。

【こちらの記事も読まれています】
高橋一生の私服がダサい!?チェーン画像に衝撃!
高橋一生『anan』グラビア!画像が全部インスタでネタバレ!
高橋一生の弟はミュージシャンのあべゆうま!似てない理由!
高橋一生の歴代彼女!2017年現在のお相手は? | トピアンサー
高橋一生の彼女は森川葵!『A-Studio』共演で公開告白!
高橋一生の鼻の傷跡!理由が明らかに!

スポンサーリンク


スポンサーリンク