現在公開中の映画「昼顔」が予想以上に反響を呼んでいます!やはり結末のネタバレが知りたいという方も多いですよね!?結末はとにかく切なくて苦しくて・・・。ネタバレになりますが、「指輪のレシート」は泣けます。では今回は、映画「昼顔」の内容について「指輪」のことも含めて知りたいという方のためにお送りしていきます。

スポンサーリンク


ドラマ「昼顔」おさらい

まず最初に、ドラマ「昼顔」についておさらいしておきましょう。ドラマ昼顔では、上戸彩さん演じる笹本紗和は結婚5年目で子供こそ居ないものの夫と幸せで平凡な日々を送っていました。元々不倫願望など全くなかった沙和ですが、高校教師の北野裕一郎と出会い不倫関係へと発展していきます。

ドラマの最後は、紗和と北野が2人で逃亡しますが、すぐに見つかってしまい紗和の夫・紗和の義母・北野の妻(乃里子)と乃里子の父親を巻き込んでの最悪の修羅場となります。そして弁護士を入れての話し合いの場では、乃里子から「今後2人で会ったり、電話やメールでのやりとりを一切禁じる」ことを約束させられます。
そして二人は離れ離れに・・・

映画「昼顔」予告あらすじ

映画「昼顔」では、ドラマのラストから3年後を描いています。紗和は夫と離婚し家も家族も失い、かつて住んでいた街から離れた街へ引っ越して海辺のレストランで働きながらアパート暮らしを始めます。一方北野先生は妻とやり直すためにかつての住まいから遠く離れた街で大学の非常勤講師として働き始めます。

「もう二度と会ってはいけない二人が偶然なのか?必然なのか?再会を果たすことに・・・」

以下よりモロネタバレになりますので、知りたい方のみ読み進めてください!

スポンサーリンク


紗和と北野先生 ~再会~

蛍のシンポジウムがきっかけ?

紗和がいつものように、海沿いのレストランからの勤めを終えて、一人暮らしのアパートに帰り、一人寂しく夕飯を食べていた時に一枚のチラシが目に入りました。内容は、紗和が住んでいる町(三浜市)の市民会館で「蛍の光の不思議と人との関わり」という講演を知らせるチラシ。
そしてそこには、「講師:北野裕一郎」という名前が・・・。

絶対行ってはいけないと頭(理性)ではわかっているのに、「会いたい」という感情を抑制することができなくなった紗和は当日裕一郎の講演会に足を運びます。
きっと紗和も、再会を望んでいたわけではなく、「一目みたい」というくらいの気持ちだったと思います。さすがにお互いの家庭が破綻してしまったことに対しての罪悪感や自分への嫌悪感は3年経っても全て払拭できるほど、無神経な人間ではないと思います。

そして、講演会でついに会場に来ていた紗和と目が合い、北野は激しく動揺します。それまでなんの問題もなく進行していた講義もしどろもどろになり動揺が隠し切れない様子。

そりぁあ動揺くらいしますよね!最悪の修羅場から3年が経過して、ようやく北野も気持ちの整理がついて、この先二度と会わないとおもっていた沙和が、ふいをついて自分の講演会の聴衆の中にいたらそりゃビックリしますよね!

三浜自然の森で再会!

講義のラストに、北野先生が「三浜自然の森へ再度立ち寄る」といった言葉を頼りに紗和は、先回りして自然の森へ向かいます。既に北野先生を見てしまった紗和の理性は制御できなくなっていました。その日は、結局沙和と北野は再会を果たすことはできなかった。

予告動画やCMで流れている、沙和がバスから顔を出して「北野先生!!」と叫んでいる映像は、二人の再会が未遂に終わったときの映像になります。

その日北野に会えなかった沙和は勤務先のレストランでヤケ酒しますが、翌日も、無意識に「三浜自然の森」へ向かいました。するとそこには、北野の姿が、蛍を探しにというのは口実で実際は紗和に会いに来たのではないかと思います。

3年ぶりの再会を果たした2人は「会ってはいけない」という約束があるため。枕言葉で「これは独り言なんだけど」と付け加えてから「元気そうでよかった」などと会話をして、3年間の募る想いを小出しにしている様子が初々しく、またもどかしくて何とも言えない状況でしたが、2人にとっては至福の時間であったことは言うまでもないですよね!

でもこれって完全にアウトです。そしてこんなことが北野先生の妻である乃里子なんかにバレた日には2人ともただでは済まないですよね・・・。

スポンサーリンク


再び修羅場に!?

蛍のシンポジウム以来、三浜市に週に一度と頻繁に通う北野に妻である乃里子は次第に疑い始めます。そして乃里子は北野(裕一郎)を尾行して三浜の駅前で車で待ち伏せをしていました。待ち伏せをしていた乃里子の前に自分の夫である北野と一緒に現れたのが、紗和であったため、車のクラクションを「ブーーーーー」と鳴らし続けた乃里子の姿に紗和と北野もそして映画を観ている私の背筋も凍りました。(予告動画で最も印象に残るシーンですよね)

妻との話し合い

会っていることがばれてしまった2人と乃里子はビジネスホテルで、話すことに。そこで乃里子は「離婚してあげる!但し私の目の前で2人で愛し合いなさい。どうせあなたたちは動物なんだから」と吐き捨てるように言いました。重苦しい空気と無理な要求に耐えかねて紗和は逃げるようにして部屋を出ます。後を追いかける北野に「追いかけずにここに留まったら、今日のことは忘れてあげる」と乃里子は優しさ?を見せたが、それも虚しく北野は紗和を追いかけるために部屋をでます。

やっと元の関係に戻れると思っていた夫(裕一郎)に裏切られ一人置いていかれた乃里子のプライドもメンタルはまさにズタボロですね。

同棲を始める二人

それから、少したってから北野と妻。乃里子との関係にも見切りを付けた北野は紗和のアパートで同棲を始めます。そして初めて二人は結ばれたのです。そして北野は「今度こそちゃんとする」と離婚を具体的に進めていく姿勢を沙和にみせます。

その後、乃里子との離婚についてすすめますが、乃里子の親との条件の折り合いがつかず話が止まっていました。そんな、北野に紗和は、疑いの目を向け北野の行動を監視することに。すると北野は、離婚交渉中の乃里子と車で一緒に談笑しているところを目撃します。紗和はまた不安になります。

一方北野も、沙和の職場のオーナーである杉崎が紗和に近づいていることを不満に思っていました。

お互いに、不信感を持ち始めた二人は、ある時腹を割って話すことでお互いの想いを確かめあい再び結婚を決意します。

離婚成立間近!

北野は、ようやく妻や妻の両親との条件の折り合いをつけて離婚の同意を妻から受けることに成功します。妻の乃里子もさすがに、夫の気持ちが完全にないことを悟り観念します。

そして離婚を受け入れた後の乃里子の潔さが凄かったです!紗和が乃里子さんと話にいった時は、以前とはうって変わって「紗和さん、裕一郎とお幸せにね」などと応援するような発言も飛び出して、ある意味豹変ぶりがスゴイ!この後起こる事から考えると乃里子も本当は悔しくて虚しくて辛かったんだろうなと少し同情してしまいました。

幸せを目前にまさかの悲劇・・

北野先生はその日、遂に妻の乃里子から押印済みの離婚届を受け取りました。そして、その帰りに駅まで乃里子に車で送ってもらうことに。そして駅に着こうかという時に乃里子の表情に変化が。「裕一郎というなまえすら呼べなくなるなんて」などとブツブツと言い出し、車を三浜方面に走らせました。

「私の方があなたを愛しているのにどうして?」と裕一郎に迫りながらも、車はドンドン加速して、到底正気の沙汰ではない感じのスピ―ドで車を走らせ完全に理性を失い狂っていました。そして北野先生が「ただ沙和が好きなんだ」と答えた瞬間に車はガードレールに突っ込み、北野先生は体を強く打って即死。妻の乃里子はケガはしたものの命に別状はありませんでした。

映画見ていた人は全員「えっ」てなったと思います。まさか沙和との幸せを目前にして北野先生が死ぬなんて想定外でした。これは本当にやりきれない感じですよね!最後の最後にやっぱり乃里子がやらかしてくれたなと・・・かなり頭にきた方も結構いるんじゃないでしょうか。

その後~指輪のネタバレ~

警察から連絡を受けた紗和は、警察署で北野の遺体と遺品を確認しました。そして遺品の財布の中からは「マリッジリング」と書かれたレシートを見つけました。紛れもなく沙和のために買った指輪です。北野先生は、紗和の結婚指輪を予め一人で買いに行っていたのです。それを知った沙和はひたすら「北野先生」と叫び続けました。

指輪の行方は?①

北野の死をまだ受け止められない沙和は何も手につかない状態で1ヵ月放心状態で過ごします。その後、思い立ったかのように、病院に居る乃里子に会いにいきました。乃里子に指輪のことを聞いてみたが「知らない」と答えます。

そして、乃里子からは「一生恨み続ける」とまで言われてしまいます。

最後の最後まで乃里子は恐すぎ・・・。

スポンサーリンク


紗和に子供が!?

乃里子に「一生恨見続ける」と言われ別れたあと、紗和はもう人生どうでもよくなってしまったのか電車の線路に横たわってしまいました。その時蛍が紗和の手とお腹に集まってどこかへ飛んで行ってしまったのを観た時に、死への恐怖が紗和を襲い、急いで線路からホームに上がって事なきを得ます。

実は紗和のお腹には、北野先生の子供が宿っていたのです。映画では、ここで沙和の「あの時本能的に生きようと思ったのは新しい命が芽生えていたからでした」というナレーションが流れます。

紗和と北野先生をつないだ蛍が線路で寝そべって(恐らく死んでもいいやくらいの気持ちだったのではないか)いる紗和に、蛍が子供を宿っていることを教えてくれるというのも、幻想的でロマンチックな演出ですよね。

指輪の行方は?②

そして最後に、指輪の行方ですが1年後に見つかります。川に遊びに来ている男の子の中で北野先生に似た眼鏡をかけた少年が百葉箱を開けるとそこには、緑色のエメラルドの石が付いた指輪がありました。そして指輪をてにした男の子は麦わら帽子を被った女の子に指輪をそっとはめてあげました。(まさに蛍探しをしていた紗和と北野先生を表わしていました)

まとめ

映画「昼顔」の結末のネタバレについてお送りしてきましたがいかができたでしょうか。結末は、北野先生の死と紗和の妊娠でかなり衝撃的な内容になっていました。そして、遺品から見つかった指輪のレシートは本当に泣けました。できることなら北野先生から沙和の指に指輪をはめて欲しかった。映画「昼顔」では、社会的には劣勢に立たされる「不倫」をテーマにスタートしていますが、最後は「不純な愛」ではなく「純愛」だったのではないかと思います。


映画『昼顔』を抑えて興行収入ランキング1位の話題作
↓↓↓
今話題の映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」のネタバレと結末はコチラ
スポンサーリンク