国民的な人気を誇る恋愛ドラマ「逃げ恥」で百合(石田ゆり子)の部下・梅原くんを演じた成田凌さんがイケメン過ぎると注目されています。「逃げ恥」人気も凄いですが、成田凌さんについてもっと知りたいという女性が殺到しています。そんなファンのためにここでは成田さんの役柄や経歴についてお送りしていきます。

スポンサーリンク


【逃げ恥】梅原君(成田凌)役柄は?


「逃げるが恥だが役に立つ」の中での梅原ナツキ(成田凌)ですが、主人公である森山みくり(新垣結衣)のおばにあたる土屋百合(石田ゆり子)の部下で、同僚の堀内柚(山賀琴子)と事あるごとに度々言い争いになり百合を悩ませる、どこか不思議な雰囲気のイケメンを演じています。

梅原ナツキが最終回で衝撃発言①

「逃げるが恥だが役に立つ」の最終回では梅原くんの衝撃の告白に視聴者の誰もが度肝をぬかれることとなったのではないでしょうか。
それは、同僚の袖が「私も百合さんって呼んじゃおうかな」といった何気ない会話から始まりました。

梅原が何を思ったのか、”ゲイアプリ”のハンドルネームで百合さんの名前を借りていることをさらりと告白!
当然、焦った袖は「ゲイなの?」と聞き返すと「内緒な。カミングアウトする気ないし」とゲイの裏付けとなる決定的な発言!
そしてゲイアプリで知り合った人ですごい気の合う人がいるらしく、直接会いたいとアプローチしてるけど絶対あってくれないと嘆く梅原くん。

梅原ナツキが最終回で衝撃発言②

梅原くんがまさかのゲイ発言で視聴者の度肝を抜いたことは間違いないが、その後更に衝撃の展開がまっていた。梅原くんの片思いのお相手が、みくりの“夫”津崎平匡(星野源)の同僚である沼田さん(古田新太)だったこと。
沼田さんがゲイであることは、逃げ恥を見ていた人にとって周知の事実でしたが、梅原くんと沼田さんは今まで一切関わる事がなかったため
まさに想定外の展開になった。

 

2人の結末は!?

最後は、梅原くんと沼田さんのゲイカップル誕生!この2人がこの先、姓別の壁を超えてどう愛を育んでいくのか気になります。

成田凌の経歴

「逃げ恥」での成田凌さんは、”不思議な雰囲気のイケメン”からの”ゲイのカミングアウト”で衝撃的な結末でしたよね!
その甲斐あって、梅原ナツキという役で「逃げるが恥だが役に立つ」の中で十二分に爪痕を残すことができ、視聴者への強烈な記憶を焼き付けることが出来たのではないかと思います。
そんな成田凌さん(梅原ナツキ)ですが、これまでの経歴はどんな感じだったのでしょうか。

高校卒業後は美容師を目指して

高校卒業後は、上京して東京の美容専門学校に進んで、美容師を目指して美容師免許も取得しています。また専門学校の時は、バイトで原宿の「dude」という古着屋で働いていました。やはりファッション全般に興味があったため、成田凌さんは頻繁に髪型特集の雑誌のスナップ写真で掲載されていたようです。

スポンサーリンク


俳優になるためモデルに・・・

専門学校卒業後は、美容師の現場に立つことはなく俳優になりたいという気持ちが強くなり、俳優になるための第一ステップとして、「メンズノンノ」のオーディションを受けて見事合格して専属モデルへ。
オーディションでは、「役者になるために手助けをしてほしい」と審査員にむけてお願いをしたようで、その真っすぐな性格も評価されたのではないでしょうか。

ドラマ「FLASHBACK」で主役でデビュー!!

2014年に早くもフジテレビNEXTオリジナルドラマ「FLASHBACK」で高梨臨とW主演という形で出演がきまりました。まさにトントン拍子で人生が進んでいっていますよね!

まとめ

「逃げ恥」に出演していた成田凌さんについてお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか。成田凌さんのこれまでの経歴はまさに順風満帆。
メンズノンノの専属モデルを経て俳優になり、デビュー作では主役を務めて、「逃げ恥」でも脇役であったはずが最終回では衝撃の展開で主役級のインパクトを残すような役にも恵まれ、世間の認知度もうなぎ上りとなっています。
とにかく今勢いがある俳優さんなので今後の活躍に大いに期待していきたいですね。

スポンサーリンク