人気急上昇中の俳優・高橋一生さんの鼻の傷跡についてファンや視聴者の間で話題になっています。整形とか一部では言われていますが、実は手術の跡のようです。今回は鼻の傷跡についての詳細と画像を公開していきます。

スポンサーリンク


高橋一生に整形疑惑?

高橋一生さんの鼻の傷跡について、整形した時にできた傷跡ではないのか?といった勝手気ままな憶測による噂が飛び交っていますが、実際は「粉瘤」と呼ばれる腫瘍を摘出した際の手術の傷跡です。

粉瘤手術までの経緯

高橋さんは、2007年頃から、鼻筋の右側にできたデキモノが以前からきになっており、そのデキモノが次第に大きくなってきたたため2008年の秋に病院を受診しました。医者からは「すぐに手術をして腫瘍を取り除く必要がある」と予断を許さない状況であることを説明された。

その後手術を決断するのだが、鼻の外側からの手術のため手術の跡が残る可能性が高いことも説明されていた。役者として顔に傷が残ることへの不安から、高橋さんの中ではかなり葛藤があったと思います。テレビや映画のスクリーンにアップで映ることが多い俳優にとって顔に傷があるというのは、少なからずハンデになってしまうため高橋さんにとっては重要な選択であったと思います。

粉瘤とは?

別名アテロームとも呼ばれるもので、見た目は半球状に盛り上がった黒いしこりになります。粉瘤はニキビによく間違われますが、患部の内部に袋が存在し、その中に確執や皮脂などの老廃物が溜まってしこり(腫瘍)になっている状態のものです。

治療法や症状は?

にきびのようなものだから、放っておいても治るのではないか?と思う方もいるかもしれませんが、自然治癒では治ることはありませんので、完治を目指すなら手術しかありません。
粉瘤は放置して悪化すると炎症を起こして、患部がはれ上がり耐え難い痛みに襲われることもあるので、早めの受診をお勧めします。

スポンサーリンク


手術前と経過確認【画像】

高橋一生さんの鼻の傷跡についてですが、粉瘤の手術前の経過を確認していきます。手術前の画像では、粉瘤がはっきり確認できるものもあり、テレビの仕事に支障がでるぎりぎりまで病院に行くのを躊躇っていたのでは?と思います。

「 医龍2」 2007年

2007年には、医龍2への出演が決まり、ようやくこれまでの努力が実を結び始めました。この時点の画像では鼻に粉瘤のようなものは確認できませんでした。未だこの頃は粉瘤が発生していないようです。

「 風林火山」 2007年

こちたの画像では、鼻の右側にデキモノのようなものが確認できます。まだサイズも小さく進行していないようですが、2007年には既に粉瘤が確認できました。

「1ポンドの福温」2008年

病院で受診した2008年のドラマ「1ポンドの福音」の画像になります。こちらの画像では、はっきりと粉瘤があることが確認できます。これはサイズもかなり大きくなっているので、本人もかなりきになっていたため病院に行くことを決心したのではないでしょうか。

スポンサーリンク


手術後と経過確認【画像】

2009年に手術を受けて、半年間の闘病時期を経てドラマ復帰してからの、画像で鼻の状態と経過を確認していきます。

「名前を無くした女神」2011年

以前に熱愛や同棲でスクープされたお相手の尾野真千子さんと共演した
作品になります。手術から2年が経過してますが、くっきり手術の跡が残っていてかなり目立ちますね。

「グラメ 総理の料理番」2016年

 

高橋一生のエンディングのダンスがファンの間で可愛いと評判だった作品です。少し画像が見にくいですが、手術後7年が経過しているので、鼻の傷跡が薄くなっている気がしますがどうでしょうか?

「女城主 直虎」2017年

手術後8年が経過していますが、鼻の傷はやはり確認できますね。徐々に薄くなっているといえばそうも見えますが、粉瘤の手術で跡が残ってしまうのはしょうがないのかもしれません。

まとめ

高橋一生さんの鼻の傷跡についてお送りしてきましたが如何でしたでしょうか。鼻の傷跡は整形ではなく粉瘤の手術の跡ということが判明しました。画像で確認したところ手術の跡は今もなお残っていますが、俳優として今後も活躍していって欲しいですね。