名門FCバルセロナを牽引してきた天才MFイニエスタ選手のヴィッセル神戸移籍の決定が報じられました。移籍決定を受けて、ファンからは退団理由と移籍金について関心が高まっています。イニエスタ選手の移籍金に関しては、Jリーグ史上最高額と見られます。また退団理由に関しても真相をお送りしていきます。

スポンサーリンク


イニエスタの神戸移籍決定

以前から噂されていた、名門FCバルセロナの天才MFイニエスタ選手のヴィッセル神戸への移籍が5月24日に決定しました。現役のスペイン代表選手でもありこれまで数々の功績を残してきたイニエスタ選手の神戸移籍決定にワールドカップを目前に控えたJリーグの盛り上がりも期待されます。

イニエスタの移籍金は?

イニエスタ選手が今回FCバルセロナからヴィッセル神戸に移籍することが決定しました。世界的に有名な選手が移籍するとあって移籍金の金額も数十億はくだらないのではないかと予想するかたも多いかと思います。

ちなみに移籍金の歴代史上最高額は、ブラジル代表のネイマール選手で、FCバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍した時の移籍金300億円が史上最高額といわれています。

イニエスタ選手と同じFCバルセロナから移籍したネイマール選手が300億円となるとイニエスタ選手の移籍金も負けず劣らずの金額になるのではないかと注目されていました。

そんな注目が集まるイニエスタ選手が今回FCバルセロナからヴィッセル神戸に移籍する際の移籍金ですが、『移籍金はゼロ』です。

あまりサッカーに詳しくない方は信じられないかと思いますが、事実です。そもそも『移籍金』とは実は『違約金』のことで、在籍していたチームとの契約が残っている際には、契約を破棄するという意味で『違約金(移籍金)』が発生します。
イニエスタ選手の場合はFCバルセロナとの契約期間は切れていますので、今回移籍する際に掛かる違約金はゼロということになります。

続けてお金の話になりますが、イニエスタ選手の年俸について見ていきます。

イニエスタの年俸は?

先ほど紹介したイニエスタ選手の『移籍金ゼロ』で拍子抜けした方も居るかと思いますが、年俸については期待を裏切りません。

今回ヴィッセル神戸からイニエスタ選手に提示された年俸ですが3年契約で32億5000万円と言われています。3年契約ということは、満期を迎えた時点でイニエスタ選手が手にする金額は100億円を超えるということです。もはや一般人の想像を絶するほどの金額となります。

元々イニエスタ選手がバルセロナで貰っていた年俸が10億円といわれていますので、年俸が3倍になった計算になります。この年俸の金額からもイニエスタ選手に対する評価と今後の期待の高さが伺えます。

ちなみにこれまでのJリーグの最高年俸はイニエスタ選手の移籍するヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキ選手が今季6億円と最高年俸でした。

さらにヴィッセル神戸はJリーグの中でも選手の年俸の総額がトップの『17億2290万円』ですが、それに対してイニエスタ選手の年俸が32億5000万円ということを考えると、イニエスタ選手が他の選手とは別次元の存在であり、「世界のスーパースター」が日本に来たということを実感していただけるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


イニエスタの年俸は割安?期待する経済効果とは?

今回ヴィッセル神戸にイニエスタ選手に提示された破格の年俸ですが、これ程の金額で交渉できた背景として神戸の経営母体である楽天の三木谷浩史会長兼社長の思惑があります。

今回の破格の年俸に関しては、単純にヴィッセル神戸の試合の入場料やグッズの売り上げ、そしてチームの優勝にイニエスタが貢献したとしても決してペイできるものではありません。

しかし楽天の三木谷社長の狙いはそこではなく、イニエスタを買った企業としての国際的なブランド力の向上による海外事業の拡大というのが狙いにあります。

現在楽天は日本のeコマース(インターネットビジネス)の市場シェアとしては、アマゾンに次いで2位と健闘していますが、海外では市場の拡大をできていないため今回のイニエスタ選手の獲得も海外市場拡大の一環という見方もあります。

イニエスタがバルセロナを退団した理由は?

イニエスタ選手は若干12歳でバルセロナの下部組織に入団してから、これまでの22年間数少ない生え抜きの選手として数々の功績を残し、クラブの勝利に貢献してきました。

そんなイニエスタ選手がバルセロナを退団した理由ですが、会見ではこのように語っていました。

バルセロナで(下部組織を含め)22年プレーしてきて、世界最高のチームの選手である意味は分かっている。ここで引退するためには必要とされ、重要で、先発でプレーできて、タイトル獲得に貢献できる選手でなくてはならない。そうではない状況でプレーする自分は許せない。自分にとってもクラブにとってもふさわしいものではない

これまで、FCバルセロナでチーム内の壮絶なポジション争いにも勝って、世界のトップリーグで活躍してきた選手ですので、自分に対してクラブが要求していることを理解し、期待以上の結果を出そうと相当の努力をしてきたことが伺えます。

イニエスタ移籍決定で移籍金は?バルサ退団理由は?まとめ

今回は世界的なスーパースターであるイニエスタ選手のヴィッセル神戸への移籍金に関してとFCバルセロナの退団理由を中心にお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

結論としては、バルセロナとの契約の期限が切れていたため移籍金(違約金)は、『ゼロ』でした。
また退団理由としては、世界最高のクラブである『FCバルセロナ』の選手として相応しいプレーをするのが難しくなり、そんな自分が許せないというプロ意識溢れる理由でした。
年齢的には34歳となり体力的な衰えも懸念されますが、現在も現役のスペイン代表にも選出されまだまだ今後も期待できる選手ですので、Jリーグでどのようなプレーを魅せてくれるのか期待が高まります。

スポンサーリンク


スポンサーリンク