山口達也さんが17歳の女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された事件の謝罪会見で視聴者から『震えの原因はアルコール依存症?会見後の再入院の理由は?』と話題になっています。ニュースでもアルコール依存症や震えとの因果関係について報道されており、会見後に再入院して件についても関心が高まっていますのでこちらでお送りしていきます。

スポンサーリンク


山口達也が強制わいせつ事件の詳細


山口達也さんの強制わいせつ事件の詳細についてまとめました。

【2月12日 事件当日】
肝臓を休ませるために入院したいた病院を退院して、お昼ご飯を買った後、自宅マンションで食事をして、その後入院時の衣類の片付けをしながらお酒を飲んでいた。この時点で焼酎1本空けていたためほぼ酩酊状態だった。

その後、知り合いの未成年の女性に『家ではなさないか?』と誘ったところ『友達1人つれてってもいいか?』といわれたため快諾。
未成年の女性1人とその友人1人がマンションに到着し、30~1時間滞在。その間に知り合いの未成年の女性がキスされる被害にあった。

【3月末 被害届が出ていることを知る】
山口達也さんが、2月12日のことが事件になっていると初めて知る。

【4月初め ジャニーズ事務所へ相談】
所属事務所に相談して、被害者との示談交渉を開始。その後被害者の女性と示談が成立。

【4月20日 書類送検】

【4月25日 山口達也メンバーわいせつ容疑で書類送検報道】

【4月26日 謝罪会見】

山口達也さんがキスを迫った未成年の女性はコチラ
↓↓↓
山口達也の相手の女子高生は誰?『Rの法則』メンバー特定!

山口達也はアルコール依存症?

今回山口達也さんが起こしてしまった背景には『アルコール依存症』があるのではないかと、噂されています。謝罪会見の際には、記者から『アルコール依存症ではないか』という質問がありましたが、山口さん本人はアルコール依存については否定しています。

しかし実際は、1月15日から退院する2月12日まで肝機能の低下を理由に入院していたにも関わらず退院した当日に焼酎1本を飲んで酩酊状態になってしまった事実を考えると『アルコール依存症』である可能性は高いと思います。

山口達也の否認はアルコール依存のサイン?

山口達也さん自身はアルコール依存症を否認していましたが、専門家曰く、山口さんの今回の言動は典型的なアルコール依存症の患者にみられる症状だと言います。

アルコール依存症の患者は『酒を飲まなければ問題は起こさらない』『自分はアルコール依存症ではない』と否認する特徴がみられるため、今回の謝罪会見での否認もこれにあたるという見方をしています。

確かに山口さんは、謝罪会見では被害者女性はじめ関係者には、誠意をこめた態度で謝罪しました。事件の詳細については現在捜査中でいえないこともあるとした前提で、被害者の女性にした行為については『酩酊状態で覚えていない』という回答が終始目立ちました。
これこそ『今回の事件は自分のせいではなくてお酒のせいで問題を起こしてしまった』といっているようなもので、アルコール依存症の特徴に該当するのではないでしょうか。

山口達也の震えはアルコール依存症が原因?

山口達也さんの謝罪会見では、山口さんがマイクを持つ手が異常な程震えていたことも話題になっています。
『手の震え』についてですが、今回これだけ世間を騒がす事件を起こしてしまったため、謝罪に臨む山口達也さん本人の普段とはまったく違う緊張状態からくる『震え』という見方もありますが、一方専門家からは、『アルコール依存症の中~重程度』の症状で手や全身の震えの症状がでると言われています。

『震え』の原因として『緊張』からくるものともアルコール依存症からくるものとも考えられますが、やはりアルコールによる肝機能の低下を理由に入院していたことと退院当日に焼酎1本空けて酩酊状態になるまで飲んでしまったことを勘案するとアルコール依存症と考えてしまうのが自然ではないでしょうか。

山口達也が会見後に再入院

26日の謝罪会見後に山口達也さんが、入院していることが判明しました。主な理由としては、今回の事件による披露に加えて精神的に不安定な状態であるため、親族や関係者のすすめもあり入院しているということです。
しかし一方では、今回の事件によるストレス等からアルコールに手を出さないようにするための環境づくりという見方もされています。
会見では『お酒はのまないときめています』と発言していましたが、もし山口さんがアルコール依存症であった場合は自分の意志だけでお酒を断つことは難しいため、入院するという選択が賢明ともいえます。

スポンサーリンク


山口達也の離婚原因は酒?

今回の事件を受けて世間では、山口達也さんの離婚は『お酒』が原因だったのではないかという声が多く挙がっています。実際、山口達也さんが離婚会見の時に語った離婚の原因について振り返ってみるとこのように語っていました。

『自分が仕事や趣味のサーフィン。お酒の付き合いなど優先させてしまった』

確かに離婚会見の時もお酒について語っていますので当時から頻繁にお酒を飲んでいたのは確かですが、当時は山口達也さんの『アルコール依存症』の疑惑もなかったため、山口さんの気さくな性格がゆえに友人も多く家族よりも友人との飲み会を優先させてしまった結果、家庭を顧みない山口さんと奥さんの関係がうまくいかなかったという程度で想っていましたが、実際はもう少し闇が深く深刻な問題が背景にあった可能性もありますね。

山口達也は酒癖が悪い?

『アルコール依存症』の噂が絶えない山口さんですが、以前から芸能界の中での山口さんの酒癖の悪さについては有名だったようです。今になって色々な事実も発覚しています。

事務所の先輩の東山紀之さんも以前に山口達也さんと同居していた時代には『何回かお酒の事で注意した』と明かしていて山口さんは「どっちかというと、お酒に飲まれてしまう人」と説明しています。

他にも『嵐の二宮さんと関ジャニ∞の横山さん』のエピソードが取り上げられていました。二宮さんの場合はお酒が弱いにも関わらずにテキーラを大量に飲まされて、トイレにこもりきりになってしまい、松本潤さんが駆け付けて介抱したといいます。

『関ジャニ∞の横山さん』の場合は、山口さんが飲み歩いていた時、一般人に『おぉ山口』と声を掛けられ、相手が山口さんの肩にぶつかってきて山口さんが激怒した際に横山さんが仲裁に入って喧嘩をとめたにも関わらず『じゃぁお前殴らせろ』と言われ横山さんは実際山口さんに殴られてしまったそうです。

今回紹介したようなエピソードも過去にありますので、以前からお酒を飲んだ時のトラブルは結構あったことが伺えます。

山口達也の今後はどうなる?

 

山口達也さんの今後ですが、今のところ『無期限謹慎』は決定していますが、その後どうなるのかというのは具体的に決まっていません。謝罪会見では、『もし待っている場所が私の席がそこにあるのであればまたTOKIOとしてやっていけたら』と思いの丈を語っていましたが、それに対してリーダーの城嶋茂さんは『復帰はありえないと』語っているほど事態は深刻なだけに暫くはメディアへの出演はかなり厳しいのではないかと思います。

山口達也がアルコール依存症で震え!会見後も再入院の理由まとめ

今回は山口達也さんのアルコール依存症についてと会見後の再入院についてお送りしていきましたがいかがでしたでしょうか。現在アルコール依存症の疑惑があがっていますが、これまでの入院の過去と今回の事件当日の言動からアルコール依存症の可能性はかなり高いのではないかと思います。
会見後の再入院については、今回の事件についてのストレスや疲労から精神的に不安定になっているため入院したという見方が強いです。しかしアルコールに逃げないための予防措置という見方もあるため今後の情報に注目があつまります。

山口達也さんがキスを迫った未成年の女性はコチラ
↓↓↓
山口達也の相手の女子高生は誰?『Rの法則』メンバー特定!

スポンサーリンク



スポンサーリンク