天才子役や俳優のほかに声優としての顔も持つ神木隆之介さんですが、過去に出演した声優作品にはどんなものがあるのでしょうか?また声優としての実力も評価されておりその理由についても気になります。それでは今回は神木隆之介さんの声優作品とその評価についてお送りしていきます。

スポンサーリンク


神木隆之介の声優作品

声優としてもメキメキと頭角を現している神木隆之介さんが過去に声優として出演した作品についてまとめてみました。ざっと見たところやはり「ジブリ作品」が多いですね。また最近ですと老若男女問わず日本中でブームになったあの映画の主人公の声優も務めていました。それではご覧ください。

神木隆之介の声優デビュー『千と千尋の神隠し』

神木隆之介さんの声優デビュー作品は日本のアニメ映画興行収入ランキング堂々の一位に君臨し続けている映画『千と千尋の神隠し』(2001年)です。デビュー作品が『千と千から尋の神隠し』ってかなりかなり”もっている”なぁと感じますよね!
また神木さんが声優として出演した役は「坊」役です。当時神木さんは8歳(小学校低学年)で「坊」役を演じられていたなんて本当に驚きです。

神木さん演じる坊役ですが、とても奇妙なキャラクターで望むものは全て手に入るし願いはかなえてもらえると思っているとてもわがままな赤ちゃんです。そのため喜怒哀楽も激しくある意味赤ちゃんらしく愛すべきジブリキャラだったのではないでしょうか。

神木隆之介『ハウルの動く城』声優

『千と千尋の神隠し』の続き2004年に公開された映画『ハウルの動く城』で「マルクル」を演じます。当時神木さんは11歳(小学校5年生)でした。マルクルは当時ジブリファンからも声もキャラクターも「可愛い」と反響が高く誰が声優をやっているのか?と話題になっていました。

神木隆之介『ドラえもん のび太の恐竜2006』

これまでジブリの声優を続けて担当してきた神木隆之介さんですが、ついに子供から大人まで幅広い人気を誇るドラえもんシリーズに声優として出演しました。
当時中学一年生の神木さんが演じたのは恐竜の「ピ―助」です。セリフですが、恐竜役ですので基本的には「ピー」しかありません。

台詞としては「ピー」しかないため評価は非常にし難いですが、実は、そんな中でも神木さんは赤ちゃんの恐竜の時と時を経て大きくなったときのピー助の声の違いを出すために、赤ちゃんの時は「裏声の高い音」で大きくなった時は「地声に近い声で高い音」を意識してやっていたのです。

どんな役にも全力で取り組む神木さんの姿勢はとても素晴らしいですよね。

神木隆之介『サマーウォーズ』声優

2009年に公開された映画『サマーウォーズ』では主演「小林健二」の声優を担当しました。神木さんにとって声優で主演は初めてとなる記念すべき作品です。

神木隆之介『借りぐらしのアリエッティ』声優

2010年にはジブリ作品の映画『借りぐらしのアリエッティ』の「翔」役を担当しています。同映画では小人の少女「アリエッティ―」を志田未来が声優初挑戦しており、「翔」は床下で暮らす「アリエッティ―」一家の住んでる家に引っ越してきた物静かな少年役を演じます。

神木隆之介さんと志田未来さんの交際の結末が気になる方はコチラ
↓↓↓
神木隆之介が彼女・佐野ひなことホテルデート?志田未来とは破局

神木隆之介「君の名は」声優

最近の邦画アニメで空前の大ヒットとなった作品「君の名は」の主人公「立花瀧」を演じていたのは実は神木隆之介さんでした。同作品は主人公の瀧とヒロインの宮水三葉(上白石萌音)の男女の体が入れ替わってしまうという物語ですが、神木さん演じる瀧が三葉に入れ替わったときには、神木さんが女声で演じているのですが、入れ替わったときの違和感がなく映画を楽しむことができたのは神木さんの声優としての実力かなと思います。

神木隆之介『メアリと魔女の花』声優

2017年に公開された映画『メアリと魔女の花』で神木隆之介さんは「ピータ」役を担当しています。神木さんの起用の理由について米林監督は「12歳の少年ピータの持っている無邪気さ、優しさ、儚さ、逞しさを求めたとき、神木隆之介さんの声に正解があったと神木さんの声を絶賛していました。

スポンサーリンク


神木隆之介の声優の評価は?

子役とともに声優としてもキャリアを積んできた神木隆之介さんの声優としての評価については、圧倒的に「うまい」「声が心地よくいつまでも聴いていたい」という高評価が多く、「下手」「役柄とあっていない」などの”マイナス”の評価はほとんどみられない。
神木さんが声優として活躍できている理由についてまとめてみました。

【評価】神木隆之介は演技力と雰囲気づくり

俳優など表舞台に立っている人が声優をやるうえで最も重要なことは、いかに自分のキャラを消して、見てもらう視聴者に物語の中に没頭してもらえるかだと思います。

その点神木さんは、子役時代に培った演技力と雰囲気の作り方が分かっているため作品のイメージを壊すことない声優を演じることができている理由かと思います。

そして、パク合わせを呼ばれる、アニメのキャラクターの口の動きに合わせて声を出す技術に長けていることが強みになります。

【評価】神木隆之介の変幻自在なナチュラルさ

神木隆之介さんが声優を担当した作品を見て視聴者が神木さんが担当した声優にもつ感想として最も多いのが「自然」だったという感想だと思います。

特に最近だと「君の名は」で男女が入れ替わった時に、女性の声を演じましたが、神木さんの女版の声がとても自然で声に違和感を感じることなく作品に集中できたという声が多かったようです。

【評価】神木隆之介の”イケボ”に中毒者続出

そして最後は声の魅力があげられます。とにかく神木隆之介さんの声は甘く優しい声で心地良いため”中毒者”が続出しています。新海誠監督の「君の名は」では神木さんの声の虜になる人が続出したこともあり、近年まれに見る空前の大ヒット映画になりました。

まとめ

今回は神木隆之介さんの出演してきた声優作品とその評価が高い理由についてお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか。ジブリをはじめ多くの作品に声優として出演されてきており、今後出演される作品にも注目が集まることは必至ですね。また俳優としてもドラマや映画に引っ張りだこの状態ですので今後の更なる活躍が楽しみです。

スポンサーリンク


神木隆之介プロフィール

神木隆之介(かみき りゅうのすけ)

生年月日 1993年5月19日

出身地 埼玉県

血液型 B型

身長 167㎝
↓↓↓
神木隆之介の身長と体重!サバ読み疑惑を検証!