三代目JSBの岩田剛典さんの慶応大学時代が凄いと話題になっています。大学時代はダンスサークルに所属しつつ勉強も疎かにせず文武両道を実現してきた岩田剛典さんの慶応大学時代やこれまでの学歴・偏差値・幼少期のエピソードについて紹介していきます。

スポンサーリンク


岩田剛典プロフィール

本名:岩田剛典(いわたたかのり)

生年月日:1989年3月6日

出身地:愛知県

身長:174cm

↓↓↓
岩田剛典の身長サバ読みはガセ!?疑惑を徹底検証!

岩田剛典さんの実家はスゴイお金持ちだって知ってましたか?気になる方はコチラ
↓↓↓
岩田剛典の実家はマドラス社で豪邸!

幼少時はガリ勉!?

岩田剛典さんの幼少時のガリ勉具合が凄いんです!小学生の時は2つの塾に通いながら家庭教師もついているようなガチガチの環境で勉強していたため、なんと全国模試では愛知県内で『1位や2位』をとっていたという衝撃の過去がありました。まさに正真正銘のガリ勉秀才だったんです。正直今の岩田さんからそんなイメージがわかないのはわたしだけでしょうか。

スポンサーリンク


慶応義塾普通部合格

愛知県内でも指折りの学力であった岩田さんは中学進学は慶応義塾普通部を受験し見事合格しています。慶応義塾普通部の偏差値は『69』とかなりレベルが高いことが分かります。

また慶応の中学校に合格すると、大学まではエスカレーター式で内部進学できるため、この時点で日本が誇るエリート大学の慶応義塾大学に進学することがほぼ決まっていました。まさに将来を約束されたも同然です。

母親と2人暮らし

慶応義塾普通部に進学した岩田さんは、母親も一緒に上京して6年間2人暮らしをしていました。母親は平日は東京で週末は名古屋の実家に戻るといったハードな生活をしていましたが、息子のためであればそんな生活も苦ではなかったんでしょうね。まさに自慢の息子だったに違いありません。

慶応義塾高校入学

岩田剛典さんの高校時代は内部進学で慶応義塾高校にエスカレーター式で内部進学しています。偏差値は『75』と国内でもトップレベルの超難関校で進学先は慶応義塾大学が圧倒的に多いです。

同校の卒業生は政財界やアーティストスポーツ選手など現在の日本を牽引している偉大な人物が数え切れないほど多くまさに日本屈指の高校であることがわかります。

・加山雄三さん(歌手・俳優)
・櫻井翔さん(アイドル)
・松任谷正隆(音楽プロヂューサー)
・豊田章男(トヨタ自動車社長)
・石破茂(内閣府特命担当大臣・元防衛大臣・元農林水産大臣)

ラクロスで日本代表候補

岩田剛典さんは、高校入学後に『ラクロス部』に所属していました。気になるラクロスの実力ですが、なんと高校生にしてラクロスの『U-19日本代表候補』(当時は大学生が中心に構成されていたチーム)に選出されるなどかなりの実力であったことがうかがえます。当時のがんちゃんは坊主で今の爽やかキャラとは雰囲気が違って体育会系でゴツイ感じに見えますね。

『KRUMP』でダンスに目覚める

岩田剛典さんとダンスとの出会いですが、高校3年生の時に「RIZE」という映画の中で黒人たちが踊っていたダンスが『KRUMP』ダンスで岩田さんはそのダンスに魅せられてダンスを始めます。

慶応義塾高校大学入学

高校を卒業した岩田さんは、内部進学で慶応義塾大学に進学します。学科は、法学部政治学科で法律を中心に学んでいました。同大学の偏差値は『70』です。いわずとしれた日本で指折りの大学です。大学ではダンスを本格的に始めるのですが、それでも文武両道を貫き留学することなく4年で大学を卒業していますので、岩田さんは相当な努力家であると言えますね。

ダンスサークル部長

高校で『KRUMP』に魅せられてダンスを始めた岩田さんのダンス熱はその後冷めることなく、慶応義塾大学に入学後に同校で歴史ある有名ダンスサークル『Dancing Crew JADE』に所属し部長も務めています。

サークルというと合コン目的なチャラいイメージを持つ方もいるかと思いますが、『Dancing Crew JADE』は、本気でダンスをしたいという志がある人が集ったガチなダンスサークルです。

スポンサーリンク


大学時代にTVに出演していた!

岩田剛典さんですが、実は大学2年生の時に人気ダンス番組『スーパーチャンプル』に出演していました。番組内でダンサーネーム『GUN』と自己紹介しており、キレキレのクランプダンスを披露しています。番組内で慶応No1ダンサーと紹介されています。

この動画は是非見てください。とにかくイケイケでキレキレのダンスを披露する岩田さんが見られます。『とにかく格好いいの』一言です。当時からダンス技術はずば抜けていたことが分かりますね。

慶応大学ミスコン出場


大学時代はダンス漬けの日々だった岩田さんですが、ちゃっかり慶応大学のミスコンに出場していました。岩田さんが出場した理由ですが、全然面識がない人からミスコン主催団体の方に推薦されていたらしいんです。面識がない人から推薦されるなんて、大学時代もイケイケでかなり目立っていたんでしょうね。
大学時代の岩田さんは、今では色白のイメージがある岩田さんですが、当時は色黒でワイルド系だったんですね。
そして出場結果ですが、ミスコンの最終選考まで残ったんですが、惜しくもミスター慶応には一歩及ばなかったようですが、ファイナリストというだけで十分凄いです。普通に大学時代もかなりモテていたんだろうなぁって思いますよね。

↓↓↓
【JSB】岩田剛典さんの最新の歴代彼女が気になる方はコチラ

内定企業を断ってパフォーマーへ

岩田剛典さんは、大学4年生の時に既に超大手の企業から内定をもらっておりそのまま企業へ就職する予定でした。そんな矢先に現在JSBでグループのメンバーでもあるNAOKIから三代目J Soul Brothersのオーディションに誘われて、決まっていた内定を全て蹴ってオーディションに参加しています。

結局ダンサーの道を選んだ岩田さんでしたが、選択を迫られた時は相当悩み抜き、母親にダンサーになりたいという決意を告げた時には、反対され号泣されました。
しかし最後は母親も息子の強い決意を曲げることはできないと悟り賛成はしないもののそっと見守っていたそうです。
今でこそJSBとして不動の地位を手に入れ母親も応援してくれるようになったそうですが、当時は本当に心配していたでしょうね。

まとめ

今回は岩田剛典さんの慶応大学時代や学歴そして偏差値についてお送りしていきましたがいかがでしたでしょうか。
幼少時から勉強に励み慶応義塾中学から高校・大学と文武両道を貫いてきた岩田さんは相当な努力家であることは間違いないですね。大学卒業後の進路を決める時には、超大手の企業の内定を蹴って母親を説得して芸能界に入ってきているので並々ならない想いが岩田さんの中にあると思います。そんな岩田剛典さんの今後の更なる飛躍に期待したいですね。

スポンサーリンク