松坂桃李さんの出身大学や偏差値について関心が高まっています。調べたところ産業能率大学に通っていました。産業能率大学って偏差値はどのくらいなんでしょうか?また松坂桃李さんの父親は『心理学の教授』という噂も挙がっていますので、父親についてもお送りしていきます。

スポンサーリンク


松坂桃李プロフィール

<松坂桃李(まつざか とうり)

生年月日 1988年10月17日

出身地 神奈川県茅ケ崎市
↓↓↓
松坂桃李の家族構成!美人姉妹から下僕扱い?

身長 183cm

出身中学

大学に話題に触れる前に、もう少し遡って松坂桃李さんの中学時代からお送りしていきます。まず松坂さんの中学校ですが地元にある『茅ケ崎市立松浪中学校』に通っていました。中学時代は、バスケのバイブルともいえる『スラムダンク』に影響を受けてバスケットボール部に所属していました。
イケメンでバスケ部に所属していたともなれば、松坂さんはかなりもてたんでしょうね。

出身高校と偏差値

 

出身高校ですが、神奈川県の私立『相洋高校』に進学しました。同校
には普通科と商業科があって、松坂さんは普通科を希望して入学しました。偏差値は『48』ですので、比較的ハードルは高くないと言えます。
同校は地元の中学から入学してくる人の割合が多いようで、生徒数も2000人程度いるマンモス校のようです。

スポンサーリンク


高校時代は帰宅部でバイト

松坂桃李さんの高校時代ですが、部活には属さずに『アルバイト』に精を出していました。中学で始めたバスケも高校では、坊主にしなければいけないという風潮があったため、松坂さんは坊主にしたくないという理由もありバスケは続けなかったようです。

高校時代の有り余る体力は、アルバイトに注ぎスーパーの青果担当や居酒屋などで働いていました、。アルバイトの初給料では、当時ファッションのトレンドにのるめに『ピチピチのスキニーデニム』を購入したらしいですが、あまりにもデニムが細かったため自転車がこげなかったと苦い経験も笑い話としてインタビューでは話されていました。

松坂桃李さんの高校時代の卒アルが気になり方はコチラ
↓↓↓
松坂桃李の高校はどこ?卒アル写真がイケメン!

スポンサーリンク


大学と偏差値

松坂桃李さんの出身大学ですが、『産業能率大学』の経済学部に通っていました。同大学には湘南・自由が丘・代官山とキャンパスがわかれているのですが、松坂さんは経済学部ですので自由が丘のキャンパスに通っていたと思います。
同校の偏差値ですが『51』程度ですので、特にハードルが高い大学ではないようです。

大学を中退した理由

産業能率大学に進学された松坂さんは大学2年の時に転機が訪れます。メンズファッション雑誌『FINEBOYS』の『チャレンジFBモデル2008オーディション』に応募し、見事グランプリを受賞。
その後は『FINEBOYS』の専属モデルとして表紙を飾るなど、芸能活動を開始しました。その後も俳優の登竜門である特撮シリーズの『侍戦隊シンケンジャー』に抜擢され、スター街道にのっていきました。

当時大学生だった松坂さんですが、芸能活動があまりにも忙しく大学との両立は無理と判断したため、2年間の休学をしたのちに最終的には『大学中退』という決断をしました。親などの反対などもあり本人もかなり悩んだようですが、今の著しい活躍を見るとやはりあの時の決断は間違っていなかったと後悔はないと思います。

父親は心理学教授?

松坂桃李さんは『とても礼儀正しい』と共演者やスタッフの間でも有名になっており、そのようなことからもどのようなご両親の教育があったのかと両親についても注目が集まりました。
そんななか、『おしゃれイズム』に出演した際に、松坂さんご自身からの情報で父親は大学の講師で『心理学』を教えているという事が発覚しました。

父親は臨床心理士!

松坂桃李さんの父親について掘り下げていくと、『臨床心理士』であることが発覚しました。あまり聞きなれない言葉ですが、精神的に疾患をもった人の症状の改善回復等を援助したりする『心理カウンセラー』ですね。
名前は『松坂秀雄』さん。主に東京福士大学と早稲田大学で教えています。松坂桃李さんの父親はかなり厳格な人なんですね。桃李さんが、礼儀正しいということについても納得できますね。

父親もイケメン

これは桃李さんの父親ですが、やはり桃李さんの父親とだけあって『イケメン』ですね。恐らく50代前後かと思いますが若々しいですね。いつか番組で父親との共演も見てみたいですね。

スポンサーリンク


まとめ

今回は松坂桃李さんの出身大学と偏差値そして、父親についてお送りしてきました。出身大学の産業能率大学は偏差値が『51』でした。大学では経営学部に所属していましたが、大学2年の時に芸能界デビューを果たし、結局勉学と大学の両立は無理と判断し中退しています。
ですが今日の活躍はその時の決断があってのことだと思いますので素晴らしい決断だったのではないでしょうか。
今後も更にブレイク必至の松坂桃李さんに注目していきます。