イケメン俳優の吉沢亮さんですが、「仮面ライダーゴースト」での検索が増えていますが、正しくは「仮面ライダーフォーゼ」で仮面ライダーメテオに変身する朔田流星(さくたりゅうせい)役で出演してました。今回は仮面ライダーメテオ役の吉沢亮さんについて当時の画像も公開してお送りしていきます。

スポンサーリンク


吉沢亮プロフィール

名前:吉沢亮(よしざわりょう)

生年月日:1994年2月1日

身長:170cm

血液型:B型

所属事務所:アミューズ

芸能界入りきっかけ

吉沢亮さんの芸能界に入ったきっかけですが、母親の推薦で「アミューズ全国オーディション2009THE PUSH!マン」で31514名の中からRight on賞を受賞したことがきっかけだそうです。ちなみにその時のグランプリは野村周平さん(当時15歳)でした。吉沢亮さんはグランプリこそ逃したものの3万人以上の中から選出されるなんてやはり光るものが当時からあったんでしょうね!

スポンサーリンク


オーデイション応募動機

後に吉沢亮さんが、オーディションを受けた動機について文教大学で語っていたのですが、その理由が「オーディションの賞金が100万で、推薦者(母親)には50万で。自分が優勝すれば家族に150万入ると思ったから」と露骨な感じで笑えました。そういう正直に言っちゃうところも魅力の一つですよね!

仮面ライダーメテオで活躍

吉沢亮さんですが、イケメン人気俳優の登竜門として定着している「仮面ライダーシリーズ」の「仮面ライダーフォーゼ」のメテオ役とし出演していました。その時の主役は福士蒼汰さんが務めていました。
福士蒼汰さんは、みなさんもご存知の通り俳優として確固たる地位を築いていますよね。吉沢亮さんに関しても今後出演するドラマや映画も続々と決まっていますので、また福士蒼汰さんと共演する日もちかいかもしれません。

何故仮面ライダーシリーズの俳優は売れるの?

今現在、イケメン俳優として第一線で活躍している人は「仮面ライダー」か「スーパー戦隊シリーズ」=合わせて「特撮ヒーロー番組」に出演していた人が多いですよね。

【特撮ヒーロー番組出演俳優】
・オダギリジョー「仮面ライダークウガ」(2000年)
・賀集利樹 「仮面ライダーアギト」(2001年)
・綾野剛「仮面ライダー555」(2003年)
・水嶋ヒロ「仮面ライダーカブト」(2006年)
・山本裕典「仮面ライダーサソード」(2006年)
・佐藤健「仮面ライダー電王」(2007年)

今活躍している面々がここまで揃うともはや偶然ではないですよね!
実はこれには理由があります。

視聴者のターゲットはお母さん?

まず特撮ヒーロー番組の視聴者のターゲットを、従来は子供だったのに対して、今では若いイケメン俳優を起用することで子供と一緒にお母さんも見てもらえるような番組に変革をしました。更に想定外であったのは、子供の母親だけではなく、独身の女性からも支持を得られるようになりました。
「確かに、旦那さんや周囲にいる同僚よりも若くてイケメンの俳優さんが出演していたらお母さんや独身女性も子供以上に夢中になってしまう気持ちもわかりますよね!」つくづく思うのは女性って「イケメン」大好きですよね!

事務所もスター候補をオーディションへ

特撮ヒーロー番組が人気俳優の登竜門として定着してからは、若手の俳優を擁する芸能事務所も有望な若手をオーディションに送り込むようになりました。そして事務所が若手を送り込む理由としては、他にも理由があります。

それは、俳優として「成長」できるということです。特撮ヒーロー番組は、一年を通して放送されるため、演技もままならない若手の俳優は、一年間厳しい演技指導を監督にされるため、番組とともに成長していき、番組を卒業するころには、見違えるような成長をする俳優が多いということも大きいようです。

吉沢亮の写真集『はじまり』

「仮面ライダーフォーゼ」が終わった頃、吉沢亮さん(当時18歳)がファースト写真集を出しています。以下の動画より当時のの初々しい吉沢亮さんの写真集の紹介がみれますよ!


スポンサーリンク


まとめ

「仮面ライダーゴースト」ではなく「仮面ライダーフォーゼ」でメテオ役として出演していた吉沢亮さんについてここまでお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか?
吉沢亮さんですが、今後ブレイク必至の俳優との呼び名も高いので今後も目が離せません。また今夏にはあの人気漫画の「銀魂」を実写化した、映画版『銀魂』で沖田総悟役として出演することも決まっていますので是非映画館に足を運んで吉沢亮さん演じる沖田総悟も堪能してください。