イケメン俳優の成田凌さんですが、映画「君の名は。」で声優として出演してたって知ってましたか?「君の名は。」といえば2016年に社会現象になるほど大ヒットした映画です。成田凌さんは何役で声優をつとめていたのでしょうか!?

スポンサーリンク


成田凌「君の名は。」で声優に挑戦

2016年に大ヒットした映画「君の名は。」は新海誠監督が手掛けた中でも最大のヒット作となり、数々の賞を総なめにして日本のみならず各国で話題の作品となりました。
その映画に密かに?俳優の成田凌さんが声優を務めていたというから驚いた方もおおいのではないでしょうか。成田山が声優を務める役は、主役である三葉の親友役の勅使河原こと”てっちゃん”の声です。

勅使河原ってどんな役なの?

成田凌さんが声優を務める勅使河原ことテッシ―の役柄を簡潔に説明すると、「主人公三葉の同級生。いつもつるんでいる友人の一人でオカルトマニア&機械オタクの控えめな男子生徒」という感じです。成田凌さんのようなイケメンで目立つような感じのキャラとは相反する印象を持ちます。

勅使河原(テッシ―)ってただの脇役なの?

映画内でも主人公の瀧と三葉に比べてかなり出演シーンも少なく控え目な役です。
しかし、テッシ―は「君の名は。」にはなくてはならない存在であり非常に重要な人物といえます。その理由として、「君の名は。」は単純な男女の入れ替わりの恋愛映画という単純なものではなく、一つの町を救えるかどうかの壮大なスケールの内容になっています。

主には映画の終盤内容になってきますが、三葉が未来・現在・過去といった時間軸を行き来しているため自身が住む「糸守町」に彗星が落ちて壊滅してしまうと知ったときに、街を救うために色々な人にその事実を説明するものの誰も信じてくれませんでした。
そんな中テッシ―だけは「それ、マジなのか?」と三葉の言葉をじて、即座に町を救済するための爆破計画をつくりあげてくれたのです。
いざという時に頼りになるかけがえのない友人であり仲間であるといえますよね。

スポンサーリンク


オーディションで採用!?

「君の名は。」で成田凌さんが声優として採用された理由ですが、世間的には俳優枠とかそういうふうに思われている方が少なからずいるのではないかとおもいます。ですが実際は数あるライバルを押しのけてオーディションで勝ち取りました。
監督も以下のように、語っていますので成田凌さんの実力は本物といえますね!

新海 誠監督:「オーディションで、リアルな高校生の瑞々しさを表現できていたのが成田さんでした。芝居っ気のない自然な感じを、芝居として対応できるところが抜群でした。

声優・初挑戦はワンピース!!

成田凌さんの初めて声優を務めたのは、実はこちらも大ヒットアニメワンピースの最新映画『ONE PIECE FILM GOLD』の海軍の軍人であるカーブという人物でした。
成田凌さんは、「ドラマ等とは違い相手がいないマイクの前で視聴者に向けて伝えていくというのはとても難しかった。出番は少ないですが、一生懸命やったので是非どこに出ていたのか見つけて欲しい」と語っています。
普段海軍の軍人は誰が声優なのかなんて気にしたことなかったですが、テレビやDVDで観る機会があったら成田凌さんが声を演じた「カーブ」を見つけてみましょう!

スポンサーリンク